生き物

2022年6月23日 (木)

ザリガニ釣り(幸谷小1年)

今日は幸谷小学校1年生が、屋敷林で自然体験。

220623seki-1

メインはザリガニ釣りです。

220623seki-4

1/3くらいのこどもたちが、釣り上げたようです。

220623seki-3

アメリカザリガニは身近な生き物ですが、外来種です。水辺の生態系に大きな影響を与えています。
小学校の授業では、アメリカザリガニのことを事前に勉強し、この日のザリガニ釣りを体験しました。

220623seki-2

ザリガニを持ち帰ったこどもたちは、誰かにあげたり放したり逃がしたりはしないで、最後まで責任もって飼ってくださいね。

(山田)

2022年4月27日 (水)

キリシマツツジ・カヤの花・クモ2種

熊野権現の塚の、キリシマツツジが満開です。このキリシマツツジは、樹齢200年超で松戸市の保護樹木になっています。

220427seki-1

キリシマツツジは、屋敷の外、道路からも見えます。

220427seki-2

関さんのお庭にはカヤの木が多いのですが、熊野権現のご神木として植えられているのかもしれません。
今、カヤの花が咲いていますが、カヤは裸子植物なので、花は地味です。カヤは雌雄異株です。
下の写真は雄花。カヤは風媒花で、大量に花粉を飛ばします。

220427kaya-1

下の写真は雌花。裸子植物なので、花弁や子房は無く、胚珠は露出しています。丸い粒のようなものが雌花(胚珠)で、わずかに出っ張った部分に珠孔があります。

220427kaya-2

さて、今日は2種類のクモを紹介しましょう。
まずは、アオオニグモです。

220427aoonigumo-1

アオオニグモは円網の一部が切れた“キレ網”を張りますが、普段は葉を舟型に曲げて天幕を張った中に隠れ、脚を網に繋がる糸にかけています。網に虫がかかると、振動を察知して、現場に急行して虫を捕えます。

220427aoonigumo-2

マミジロハエトリのオスとメスもいました。
ハエトリグモの仲間は、網は張らずに徘徊生活をします。マミジロハエトリのオスは、眉が白いので、その名があります。前脚を大きく広げているのは、求愛のポーズです。

220427mamijirohaetori-2

メスは食事中でした。

220427mamijirohaetori-1

春を迎えて虫が出てきました。そして虫を食べるクモが出てきました。にぎやかな季節になってきました。

(山田)

2022年4月13日 (水)

エゴツルクビオトシブミの揺籃作り

溜ノ上の森で、エゴツルクビオトシブミが揺籃を作りはじめました。
エゴツルクビオトシブミは、体長69mmほどの小さな甲虫で、鶴のように首が長いことから“ツルクビ”の名が付けられています。
また、エゴノキを食草とし、メスは産卵時に葉を丸めて、ゆりかごのような“揺籃(ようらん)”をつくります。エゴツルクビオトシブミは、作った揺籃をそのままぶら下げておきますが、種類によっては落とすものもいて、それが“オトシブミ(落し文)”の名の由来です。

この日、1019分に見つけたときは、すでに葉に切れ込みを入れ終り、葉を二つに折っているところでした。実際に揺籃を作るのはメスですが、写真ではオスがメスの背に乗っています。

220413egoturukubiotosibumi-1

10時26分、オトシブミが葉の先端に移動。そろそろ巻きはじめます。

220413egoturukubiotosibumi-2

10時30分、別の角度から撮っています。巻きはじめています。たぶん、この頃に卵を1個産み付けます。その後、背の上のオスは移動します。

220413egoturukubiotosibumi-3 

11時16分、1/3くらい巻いたでしょうか。

220413egoturukubiotosibumi-4

11時21分、別の角度から撮っています。

220413egoturukubiotosibumi-5

11時40分、もう少しで巻き終わります。

220413egoturukubiotosibumi-6

11時44分、揺籃は完成。一仕事を終えたメスは意気揚々、バイバイして飛んでいきました。

220413egoturukubiotosibumi-7 

揺籃の中に産み付けられた卵は、やがて孵化して幼虫になり、丸められた葉を食べて育ちます。

(山田)

2022年4月 9日 (土)

「思川」見頃

遅咲きの「思川」の開花が進み、見頃です。
「思川」は、花弁は少し小さめで半八重(610枚)、鮮やかなピンク色です。

220409omoigawa-2

「思川」は塀の外からもよく見えます。

220409omoigawa-1

「思川」は、栃木県小山市の修道院の庭の「十月桜」の実生から発見された突然変異です。
春だけ咲くなど、十月桜とは異なる特性を持つことから、新品種に認定。修道院の近くを流れる川の名にちなみ、「思川」と名付けられました。

一方、遅咲きの「大提灯」も見頃ですが、あいにく外からは見えにくいところです。

220409oocyouchin

上を見ると、アケビの花も満開。

220409akebi

足元では、キュウリグサの花も満開です。

220409kyuurigusa

今日は、古文書の会の例会でした。

220409seki

(山田)

2022年4月 5日 (火)

ジロボウエンゴサク・アオキ・ナナフシの赤ちゃん

屋敷林の低地で、ジロボウエンゴサクが咲きはじめました。

220405jirobouenngosaku-1

220405jirobouenngosaku-3

220405jirobouenngosaku-2

ムラサキケマンも咲きはじめています。

220405murasakikeman

怪しい形をしたウラシマソウも開花です。

220405urasimasou

雌雄異株のアオキも開花が進んでいます。
下の写真は雄株の雄花。

220405aoki-1

下の写真は雌株の雌花。

220405aoki-3

当然のことですが、果実は雌株だけにできます。
この時期、花と果実が両方見られますが、果実の形はいびつで色も均一に赤くなってはいません。
じつは果実の中に、アオキミタマバエの幼虫が入り、虫こぶと化しているのです。

220405aoki-2

一方、関さんのお庭の桜。塀の外から見える染井吉野(百年桜) は散りはじめました。

220405someiyosino1

大島桜も散りはじめています。

220405oosimazakura1

遅咲きの思川は、塀の外から見える枝でも開きはじめました。

220405omoigawa-3

220405omoigawa-2

思川の蕾の下には、ナナフシ(ナナフシモドキ)の赤ちゃんがぶら下がっていました。

220405nanafusimodoki

(山田)

2022年4月 1日 (金)

「大提灯」開花

遅咲きの「大提灯」が開花しました。
これで、関さんのお庭の10種類の桜はすべて開花です。

220401oottoutin

昨日開花を確認した「思川」は、開花が進んでいます。明日は、塀の外からでも花が見られることでしょう。

220401omoigawa

満開の「染井吉野」では、ヒヨドリが蜜を吸っていました。

220401hiyodori

一方、関家の生垣は「混ぜ垣」といって、いろいろな種類の植物が混ざっています。
今日、アオキの雌花が咲きはじめました。

220401aoki-2

アオキは雌雄異株で、雄花は1週間以上前から咲いています。

220401aoki-1

アケビは雌雄同株ですが、雄花(左)と雌花(右)に別れて咲きます。

220401akebi

(山田)

2022年3月31日 (木)

「百年桜」満開

117歳の染井吉野が満開となりました。

220331someiyosino-1

個々の花を見ると、花の中心が緑のものと赤いものがあります。

220331someiyosino-2

咲きはじめは緑色で、やがて赤くなって散ります。

220330someiyosino-1

220330someiyosino-2

他の桜では、思川が咲きはじめました。
ただし、幹から直接咲く“胴咲き”のみです。塀の外から見える枝は、まだ蕾です。今後の天候しだいですが、3日後あたりは咲いていると思います。

220331omoigawa

また、サクランボの佐藤錦も開花しました。
美味しいサクランボを期待したいのですが、1本だけなので残念ですが結実しません。

220331satounisiki

一方、熊野権現の塚ではケマルバスミレが咲きはじめました。

220331kemarubasumire

さて、4月3日()10時~14時、関さんのお庭を公開します。
サクラは種類(染井吉野、大島桜、紅枝垂れ桜、豆桜、佐藤錦、思川)が咲いています。
他にも、ハナモモ、アケビ、カントウタンポポ、タチツボスミレ、ケマルバスミレなどが咲いています。

(山田)

2022年3月28日 (月)

溜ノ上の森・早春の植物

溜ノ上の森の早春の植物を紹介します。

まずは常緑樹から。
早春に咲くヒサカキの花は、すでに満開です。
この花は、都市ガスのような匂いを放ちます。ハチやチョウなどが活動する前は、ハエくらいしかいないので、ハエを呼んで花粉を運んでもらうためです。

220328hisakaki

アオキは、花が咲きはじめました。
アオキは雌雄異株で、先に雄株の雄花が咲きはじめます。写真は雄花で、黄色く見えるのが雄しべです。
現在、雌花はほとんど咲いていません。

220328aoki

次は落葉樹。
落葉低木の、ウグイスカグラが見頃です。

220328uguisukagura

落葉小低木の、モミジイチゴも見頃です。

220328momijiitigo

落葉つる性の木本、ミツバアケビの花も咲きはじめました。
雌雄異花で、上の大きな花が雌花、雄花は下の方に複数個集まって咲いています。

220328mitubaakebi

一方、まだ新芽が伸び始めたばかりの落葉樹もあります。
下の写真は、ハリギリです。まだ冬芽がふくらんだ状態です。

220328harigiri

クサギは葉が伸び始めてきましたが、面白い形ですね。

220328kusagi-2

220328kusagi-1

ガマズミも面白い形。頭の上で手を組んでいるように見えますが、手に相当するのが葉、頭に相当する部分は花芽です。

220328gamazumi

ゴンズイは葉が開きはじめてきました。

220328gonzui

(山田)

2022年3月24日 (木)

『百年桜』(染井吉野)と大島桜が開花

関さんのお庭の、『百年桜』(樹齢117歳のソメイヨシノ)が十輪以上咲きました。気象庁の定義でも開花です。
樹の下(正門の外)に解説ラベルをたててあります。

220324someiyosino

220320seki-5

オオシマザクラも十輪咲きました。
オオシマザクラも道に張り出した枝があるので、外からでもよく見えます。解説ラベルをぶら下げておきました。

220324oosimazakura

220324seki

一方、外からは見えにくい位置のマメザクラは、一分咲きです。

220324mamezakura

広義のサクラ属(Prunus)に含まれるスモモは二分咲きです。このスモモは、樹齢100年超と思われます。

220324sumomo

さらに、ハナモモは満開です。

220324hanamomo

ハナモモの一品種(照手白)は、明日あたり開花すると思います。

220324terutesiro

お庭の公開は、43日の『春の臨時公開』までお待ちください。

(山田)

2022年3月20日 (日)

新蔵2階の整備

今日は関さんの森の作業の日。
つる植物の移植、花壇整備、危険木の撤去、蔵の整備などをおこないました。
たとえば、下の写真は、花壇の整備です。

220320seki-1

一方、下の写真は、関家の二番蔵「新蔵」。

220320seki-2

2階の床を補強し、照明装置を設置しました。

220320seki-3

ここには、江戸時代に使われていたであろう駕籠があります。
現在、蔵の収納物のリストを作成しています。床を補強し、照明をつけたことで、調査の進展が期待されます。駕籠などの収納物についても、公開・展示をすすめていきたいと思います。

220320seki-4

ところで、関さんのお庭では、3種類目のサクラ、ベニシダレザクラが咲きはじめました。福島は三春の『滝桜』の子孫です。

220320benisidarezakura

樹齢117歳のソメイヨシノは、明日か明後日には咲きはじめそうです。

220320someiyosino

本日の作業や会議が終わった頃、ルリビタキ(メス)が出現しました。2年連続で関さんの森で冬を越しましたが、そろそろ山に帰るころです。

220320ruribitaki

(山田)

より以前の記事一覧

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ