生きもの講座

2010年9月19日 (日)

スズメバチにご用心

9月の定例作業は、まずは全員でスズメバチについてのお勉強です。スズメバチの習性を中心に、スズメバチの被害から身を守る方法について学びました。
講師は、高橋和敬さん。“ぬいぐるみ”を使った話は、大人でもひきつけられます。

100919suzumebachi1

スズメバチは、その凶暴性から嫌われ者ですが、むやみにヒトを襲うわけではありません。スズメバチは餌として多くの昆虫を捕獲します。農業害虫もたくさん捕獲します。
スズメバチの習性をよく理解し、スズメバチとの共存をはかりたいものです。

ちなみに、上の写真に写ってする2頭のスズメバチ。右側の赤味の強いのはオオスズメバチ。左側の黄味の強いのはキイロスズメバチ。
数年前、関家の軒下にキイロスズメバチが大きな巣を作りました。しかし、秋になってこの巣をオオスズメバチが襲撃。キイロスズメバチは皆殺しになりました。

なお、この日の定例作業ですが、杭として使う木材の防腐処理を中心に、作業班の人たちが担当しました。
また、見学者の対応や、会議がおこなわれました。

2010年9月12日 (日)

(予告)9月19日生きもの講座・定例作業

9月19日(日)は、定例作業日です。10時集合で、お昼まで、森の維持管理作業をおこないます。

また、高橋和敬さんの企画で、巨大な“ぬいぐるみ”を使った『生きもの講座』も実施します。10時に集合した後、はじめにおこないます。

今回のテーマは、『防衛せよ!!!スズメバチ編』。どなたでも参加できます。
クリックすると拡大します。

Poster3

詳細は、髙橋さんのブログ『ぬいぐるみのブログ』(http://ameblo.jp/nuinuiguruguru)をご覧ください。

2010年7月18日 (日)

生きもの講座/そうめん流しの集い

今日は恒例の「そうめん流しの集い」でした。
この日の参加者は、約100人。まずは開会。

100718seki0
続いて、100年桜(ソメイヨシノ)やケンポナシを見て、お庭の見学。

100718seki1

ここで、高橋さん(大学生)による「生きもの講座」で、セミの一生を学ぶ。

100718seki2
彼は、セミ幼虫のぬいぐるみを使って、土の中での生活を説明。
そして、ぬいぐるみの背中のファスナーを開けると、中からセミ成虫が現れる(拍手)。

100718seki3
その後、屋敷林に行って生きものを観察。もちろん、探すのはセミのぬけがら。
下の写真は、ニイニイゼミのぬけがら。その他のセミのぬけがらは見つからなかったが、後になってアブラゼミとミンミンゼミが初鳴き。

100718seki4
屋敷林では、ゴミを拾ったり、林縁の草刈りも実施。子どもたちはアスレッチク。

100718seki5
その後、関さん宅の庭にもどり、そうめん流し。

100718seki6
今回の「そうめん流しの集い」は、前日より、ボランティア体験の中高生をめじめ、たくさんの方の協力で実施することができました。皆さん、ありがとうございました。

 

2010年7月16日 (金)

予告「いきもの講座」と「そうめん流し」

7月18日(日)は、恒例の「そうめん流しの集い」です。下の写真は、5年前のようすです。

050717seki
また、この日は高橋和敬さんの「環境講座」改め「いきもの講座」もおこないます。今回の主人公は、セミ。もちろん、ぬいぐるみのセミを使います。
下のポスターをクリックすると、拡大されます。

100718poster2
当日は、下の日程でおこなう予定です。

10:00 開会(挨拶,日程説明等)
10:30 生きもの講座
10:45 屋敷林の観察&簡単な維持管理作業
11:30 食器つくり
12:00 そうめん流し
13:00 終了予定

* 雨天時は、できる範囲で作業等をおこないます。
* 事前連絡不要です。団体の利用は締切りました。
* 参加費として100円いただきます。
* そうめんには限りがあります。
* 見学ガイドもおこないます(10~15時,雨天中止)

2010年6月20日 (日)

池そうじ・ザリガニ捕り・環境講座

今日は第三日曜日なので、定例の作業日でした。毎年6月は、池のそうじやザリガニ捕りをおこなっていますが、今回は新しい企画として、髙橋和敬さんによる、ザリガニのぬいぐるみを使った環境講座をおこないました。外来種であるアメリカザリガニが、日本の生態系に及ぼす影響についてのお勉強です。

100620seki11
聴衆は、はじめは大人ばかりでしたが、途中から子どもたちも参加。その子どもたちは、湧水池でザリガニを捕りました。

100620seki14

100620seki15
もちろん、大人は湧水池に捨てられたゴミなどを撤去。

100620seki12
ふだんは、ザリガニくらいしか見当たらない池ですが、トンボのヤゴもいます。この日は、羽化したてのオオシオカラトンボがいました。

100620seki13
一方、むつみ梅林では、梅の収穫をおこないました。梅の販売は、今日(6月20日)までの予定でしたが、今年は少し遅れ気味です。今度の日曜日(6月27日)もおこないます。

100620seki16

2010年6月14日 (月)

予告「ぬいぐるみをつかった環境講座」

6月20日(日)の定例活動は池のそうじです。屋敷林にある小さな湧水池、今はアメリカザリガニばかりですが、多様な生き物がくらすきれいな池にもどしたいと思っています。

そして、はじめての企画として、髙橋和敬さんが「環境講座」をおこないます。下の画像をクリックしてください。

100620poster_2

今回の環境講座は、外国からやってきた“アメリカザリガニ”をテーマに、ぬいぐるみを使っておこないます。内容は小学生向けですが、どなたでも参加できます。
参加を希望される方は、当日10時に関家の門前にお集まりください(事前申込み不要)。その後、森のサロンに移動して、約15分間のお勉強。もちろん、講座終了後は自由にザリガニ釣りもできます。みなさんの参加をお待ちしています。

なお、この日は“むつみ梅林”で梅の収穫と販売をする予定です(10~12時)。
また、関家の庭の見学(ご案内)もおこないます(10~15時)。