屋敷林(旧こどもの森)

2021年7月22日 (木)

屋敷林低地の草刈り・ニホンミツバチの巣

今日は関さんの森にて、屋敷林低地部分の草刈りをおこないました。
ここの部分、放置しておくとマダケが侵食して多様性が失われてしまいます。草本中心の区域として維持するために、毎年1回は草刈りをしています。

210722seki-1

210722seki-2

猛暑のため、20分草を刈ったら10分休憩です。
休憩は、中の橋でおこないます。橋の上は日陰になっているところも多く、わりと涼しいです。

210722seki-3

ここの草刈りは、10年前までは東葛看護専門学校の第2科学生たちが、フィールドワークとしておこなっていました。
http://www.seki-mori.com/2011/08/post-e119.html
第2科の閉科後は、育む会がおこなっています。

ところで、屋敷林でミツバチの巣が見つかっています。どうやらニホンミツバチのようです。

210722mitsubachi-1

210722mitsubachi-2

屋敷林低地に咲く花が、ミツバチの重要な蜜源になっているかもしれません。

(山田)

2021年7月13日 (火)

幸谷小1年生・ザリガニ釣り

今日は幸谷小学校1年生の子どもたちが、屋敷林で自然体験をしました。天気が心配されましたが、何とか降られずにすみました。

210713seki1

子どもたちは花や虫を観察。ヤブミョウガで蜜を吸っていたのは、ヒラタアブです。

210713hirataabu

「ミツバチがいた!!」と思ってよく見ると、アズチグモに捕まっていました。遠くから見ると、このアズチグモはヤブミョウガの花にそっくりです。

210713mitsubachi

今日の関さんの森は、キノコがいっぱい。これはテングタケのなかま。毒です。

210713tengutake

そして、ザリガニ釣り。

210713seki2

210713seki3

アメリカザリガニは、外来生物法に基づく『特定外来生物』に指定される見込みです。詳細は現在検討中とのことですが、小学校の理科の教材としても定番のアメリカザリガニ、ザリガニ釣り(捕獲)や飼育はどうなるのでしょう。

(山田)

2021年4月 7日 (水)

ケンポナシの新葉

むつみ梅林のケンポナシの老木。9年前の道路工事に伴う移植にも耐え、今年も新葉が開きはじめました。

210407kenponasi

210407kenponasi2

新緑の屋敷林では、竜のようなイヌシデの木は、今年も元気です。

210407seki-2

草むらで咲いている花をいくつか紹介しましょう。
まずは、ジロボウエンゴサクです。

210407jirobouengosaku

ムラサキケマン

210407murasakikeman

ウラシマソウ

210407urasimasou

幸谷交差点の花壇では、可憐なヒメウズが咲いていました。

210407seki-1

210407himeuzu

(山田)

2021年3月20日 (土)

ジロボウエンゴサク

屋敷林(旧こどもの森)の低地部分の草むらにジロポウエンゴサクが咲いています。かわいい花です。

210320jirobouengosaku

関さんのお庭では、百年桜(ソメイヨシノ)が咲きはじめています。

210320someiyosino

熊野権現の塚では、マルバスミレも咲きはじめました。

210320marubasumire

野鳥では、ヤマガラがヒバの木のてっぺんにいました。

210320yamagara

ところで、オオシマザクラは開花が進んでいますが、道路には花がそのまま落ちています。

210320oosimazakura

これは、ヒヨドリやシジュウカラなどが盗蜜して落したもの。サクラとしては、花粉を運んでもらうご褒美に蜜を用意しているのに・・・。

210320hiyodori

そうそう、お庭のハナモモ(照手白)の蕾に、小さなシャクトリムシがいました。
そろそろ虫たちも登場。野鳥たちにとっては、子育てのシーズンがはじまります。

210320syakutorimusi

(山田)

2021年3月 7日 (日)

屋敷林南口に看板を設置

今日は関さんの森の定例作業日です。
まずは、屋敷林南口に設置した看板のお披露目です。散策する人たちが、「関さんの森」や都市に残る自然への理解を深め、マナーを守って安全に散策していただければ・・・と思います。

210307seki-1

210307seki-2

さて、この日は20名で作業。屋敷林の階段整備や、道路周辺のゴミ拾いなどをおこないしまた。

210307seki-3

210307seki-4

関さんのお庭では、ハナモモが開花しました。

210307hanamomo

花といえば、スギの雄花も開花です。

210307sugi

メジロはもっぱら、ミザクラ(さくらんぼの桜)で蜜を吸っています。

210307mejiro

(山田)

2021年2月21日 (日)

「上の橋」開通式

屋敷林(旧こどもの森)の「上の橋」は、昨日まで通行止めとなっていましたが、このたび立て替え工事がおわり、通行できることになりました。
立て替え工事は松戸市が発注し、株式会社ウキガヤが2月18~20日に工事。関係の皆さま、ありがとうございました。

今日は、この「上の橋」の開通式ということで、テープカット、渡り初めをおこない、記念写真を撮りました。

210221seki-1

210221seki-2

210221seki-3

なお、「上の橋」から「北口」に至る散策路ですが、樹木が倒壊する危険がありましたので、通行止めとしていましたが、この樹木の処理も本日おこない、通行止めを解除しました。

しかしながら、屋敷林を散策する場合は、頭上や足もとに注意しながら、気をつけてください。特に、風の強い日、雨や雪の日は、屋敷林に立ち入らないようにお願い申し上げます。また、散策路以外には立ち入らないよう、お願い申し上げます。

さて、今日はとても暖かい日でした。関さんのお庭では、ネコヤナギが咲きはじめました。

210221nekoyanagi

むつみ梅林では、遅咲きの「豊後」の開花がすすみました。

210221ume

(山田)

2021年2月18日 (木)

梅の剪定・河津桜とメジロ

むつみ梅林のウメが見頃です。今日は、遅咲きの「豊後」が咲きはじめました。ウメとアンズの雑種ともいわれ、花の色は淡紅色です。

210218ume

今日は、臨時の剪定作業。千葉大学名誉教授の高橋英吉先生(果樹園芸学)の指導を受けながらの作業です。

210218seki-2

一方、関さんのお庭では、河津桜が早くも見頃です。
メジロが夢中で蜜を吸っていました。

210218mejiro-1

210218mejiro-2

210218mejiro-3

屋敷林では、今日から「上の橋」の建替え工事がはじまりました。

210218seki-1

(山田)

2021年1月26日 (火)

木材246本を運ぶ

関さんの森の「屋敷林」(旧こどもの森)には、橋が3本かかっています。そのうち、最も奥の橋を「上の橋」と呼んでいますが、木が倒れたり老朽化したりで、かけかえることにしました。
工事は2月からはじまりますが、今日は工事に使う木材246本(群馬から取り寄せたもの)がトラックで届いたので、20人で運びました。

210126seki

皆さん、お疲れさまでした。

(山田)

2020年9月28日 (月)

シラカシ倒木のカシナガ再調査(2)

今日は倒壊したシラカシの木を再調査しました。前回は、曇天で暗かったため、晴れた明るい日を選び、今日になりました。
また、今日は、直径1.2mmの銅線、0.85mm(赤)・1.2mm(青)・1.5mm(黄)のビニール被覆付ワイヤーロープを用意し、これらが穿入孔に入るか否かで判定することにしました。

さて、フラスをかきわけて孔を探し、明るい光の中でよく見ると、大きめの孔と小さめの孔があることに気がつきました。どうやら、1.2mmのワイヤーが入るか否かで、ヨシナガかカシナガかが判定できそうです。

200928seki-1

下の写真は大きめの孔。1.2mm(青)のワイヤーは入ります。1.5mm(黄)が入る孔は稀でしたが、カシナガでしょうか。

200928seki-3

下の写真は小さめの孔。1.2mm(青)のワイヤーは入りません。0.85mm(赤)が入らない孔もありましたが、こちらはヨシブエでしょうか。

200928seki-2

ところで、大きめの孔に1.2mmの銅線を挿しておいたら、穿入孔から入ろうとしていたキクイムシを発見しました。1.2mmの銅線より少し太そうだから、カシナガでしょうか。

200928seki-4

一方、小さめの孔にも、キクイムシが入ろうとしているのを発見。赤の0.85mmと同じくらいか、少し太いか。こちらはヨシブエでしょうか。

200928seki-5

というわけで、この倒木にはヨシブエとカシナガの2種類が穿入していると思われますが、私たちは専門家ではないので、断定は禁物です。あとは、専門家の判定にまかせたいと思います。

仮に、カシナガがいるということになると大変。このまま放置すると来年6月頃にはとんでもない数の成虫が飛び出し、生木にマスアタックするので、何らかの処置をしなければいけません。

(山田)

2020年9月19日 (土)

シラカシ倒木のカシナガ再調査(1)

屋敷林のシラカシ倒木ついては、ヨシブエ(ヨシブエナガキクイムシ)の他に、カシナガ(カシノナガキクイムシ)が穿入している可能性があるとのことで、今日は5人が集まり、再調査に挑みました。

カシナガとヨシブエの穿入孔の違いは、爪楊枝を差してみて、先端から5mm入るか、2mm入るかの違いです(孔の直径の違い)。

200919seki-3

これが簡単そうで、なかなか難しいのでした。下の写真は、幹が裂けたところの穿入孔ですが、爪楊枝の先端はちょっとしか入らないから、ヨシブエと思われます。

200919seki-1

ところが、幹の部分では、シラカシの木肌はゴツゴツしているので、先端が入る深さの測定には誤差が生じます。3~4mm入っているようですが、5mmは入っていないように思えます。これをカシナガと断定していいのかどうか・・・。専門家なら簡単に見分けられるのでしょうが、素人では自信がありません。

200919seki-2

加えて、この日は14時から調査をはじめましたが、曇天で暗く、フラスをかきわけて穿入孔を探すのがタイヘンです。16時を過ぎると暗くなってきたので中断。後日、調査方法を検討した上、晴れた明るい日に再々調査したいと思います。

(山田)

より以前の記事一覧

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ