屋敷林(旧こどもの森)

2022年8月 7日 (日)

Let's体験!!2022

Let's体験!!2022”は、松戸市民活動サポートセンターが主催する中学生~20代の若者を対象とした、夏休みのボランティア体験講座。今年は松戸市内のさまざまなな団体が44のプログラムを用意。「マッチングの会」を経て、関さんの森を育む会のプログラムには、8(中学生2・高校生5・大学生1)が参加。育む会のスタッフ16名とともに、屋敷林の竹林整備、具体的にはマダケの間伐をおこないました。

関家の庭での開会式を終えて、屋敷林の竹林に移動すると、さっそく整備のしかたを学びます。

220807seki-1

最初の体験は、杭打ちです。長さ1mくらいの竹4本を掛矢(大きな木槌)で地面に打ち込みます。この4本竹杭の内側に、後に伐採した竹を集積します。

220807seki-2

そして竹の伐採。鋸の歯を入れる箇所の上は、あらかじめ紐で竹を縛っておきます。伐っているときに竹が裂けて上にはぜるのを防ぐためです。

220807seki-3

伐って倒した竹は、50cmくらいの棒で、枝を叩き落します。

220807seki-4

枝を落とした竹は、3mくらいの長さに切り、集積場に運びます。

220807seki-5

220807seki-6

そして、集積場に竹を集めたところで記念写真。皆さん、お疲れさまでした。

220807seki-7

この日の屋敷林では、ヒグラシがよく鳴いていました。下の写真は、ヒグラシの抜け殻です。

220807higurasi

竹林の足元にはザトウムシ。ザトウムシは虫(昆虫)ではなく、クモでもありません。ザトウムシはザトウムシです。

220807zatoumusi

クモといえば、スズミグモがいました。スズミグモは大型で美しいクモですが、関さんの森では初記録。温暖化により北上傾向にあるクモです。

220807suzumigumo

一方、写真はありませんが、この日はサシバという猛禽と、竹林の隣の草地にはヒバカリというヘビが確認されました。絶滅危惧Ⅰ類、ヒバカリは準絶滅危惧種です。

じつは、育む会の活動がはじまった26年前、屋敷林の低地部分はほとんどが荒れた竹林でした。その後、生物多様性を意識して、増えすぎた竹を伐採して草地を創出し、毎年定期的に草刈りをして草地を維持してきました。今日は、その結果を象徴するような、ヒバカリ(ヘビ)の確認と、ヘビを餌にするサシバの出現でした。
サシバは定着しているわけではありませんが、今後も生物多様性の維持・復元を目指していきたいと思います。

220807seki-8

上の写真は竹林の隣の草地。その縁に架けた橋で、作業の合間に休憩しました。
この日、ここの草地には、ハラビロカマキリがいました。

220807harabirokamakiri

(山田)

2022年7月17日 (日)

「そうめん流し」は流れたけれど

7月の第三日曜日は、例年は「そうめん流し」です。
しかし、今年もコロナ第7波で、「そうめん流し」そのものが流れてしまいました。

そのおかげで……というわけではありませんが、屋敷林の危険な枝を撤去したり、

220717seki-1

草刈りやゴミ拾いをしたり、

220717seki-2

220717seki-3

蔵の調査や、扉(戸車)の修理などをしたりで、仕事がはかどりました。

220717seki-5

220717seki-4

関さんのお庭では、ジャコウアゲハが飛んでいました。

220717jakouageha

(山田)

2022年7月 1日 (金)

猛暑の中の草刈り作業

関さんの屋敷林の中央部には約1,000㎡の草地があります。ヤブカンゾウやユリの仲間など、多種類の植物が生えていますが、夏になるとマダケや大形の植物やツル類が繁茂して、ヤブカンゾウなどは花を見ることが出来ません。
そのため、毎年梅雨明けを待って草刈りをしますが、夏の暑い盛りの草刈り作業は、この森の中でも最もきつい作業です。

220630seki

作業は、暑くなる前の早朝9時から、10名の会員が参加。
手鎌と草刈り機を使って、暑さと闘いながら慎重に作業をしました。

220702seki-1

むつみ梅林の梅ジュースなどを飲みながら、刈払い作業の結果は写真の通り。ヤブカンゾウの花も見られるようになりました。

220702seki-3

220701yabukanzou

猛暑の中2時間ほどの作業でしたが、皆さん熱中症にならずお疲れさまでした。

220702seki-2

(木下)

タシロラン

7月1日は、屋敷林の草地で草刈り作業がおこなわれましたが、その折、タシロランという植物が初めて確認されました。

タシロランは、常緑樹林の林床にはえる、ラン科の腐生植物です。花は、わずかに黄褐色味を帯びた白で、緑色の葉は無いので、不気味な感じがします。葉緑素は持たないので光合成はできません。栄養は、タシロランの根に共生するヒトヨタケ科の菌類を介しているといわれています。

220701tasiroran-1

220701tasiroran-2

タシロランは、千葉県のレッドリストでは、Cランク(要保護生物)。環境省のカテゴリーでは、絶滅危惧Ⅱ類です。
珍しいといえば珍しいですし、関さんの森では初確認ですが、21世紀の森と広場でも見られます。
ラン科の植物は盗掘されることがありますが、タシロランは、持ち帰っても育ちません。
今後も見守っていきたいと思います。

(山田)

2022年4月 5日 (火)

ジロボウエンゴサク・アオキ・ナナフシの赤ちゃん

屋敷林の低地で、ジロボウエンゴサクが咲きはじめました。

220405jirobouenngosaku-1

220405jirobouenngosaku-3

220405jirobouenngosaku-2

ムラサキケマンも咲きはじめています。

220405murasakikeman

怪しい形をしたウラシマソウも開花です。

220405urasimasou

雌雄異株のアオキも開花が進んでいます。
下の写真は雄株の雄花。

220405aoki-1

下の写真は雌株の雌花。

220405aoki-3

当然のことですが、果実は雌株だけにできます。
この時期、花と果実が両方見られますが、果実の形はいびつで色も均一に赤くなってはいません。
じつは果実の中に、アオキミタマバエの幼虫が入り、虫こぶと化しているのです。

220405aoki-2

一方、関さんのお庭の桜。塀の外から見える染井吉野(百年桜) は散りはじめました。

220405someiyosino1

大島桜も散りはじめています。

220405oosimazakura1

遅咲きの思川は、塀の外から見える枝でも開きはじめました。

220405omoigawa-3

220405omoigawa-2

思川の蕾の下には、ナナフシ(ナナフシモドキ)の赤ちゃんがぶら下がっていました。

220405nanafusimodoki

(山田)

2021年11月27日 (土)

千葉県森林インストラクター会訪問

今日は木枯らしが吹きました。ケンポナシの実もかなり落ち、残り少なくなりました。

211127kenponasi-1

ケンポナシの“実”は小枝ごと落ちます。複雑な形をしているので、木の枝に引っかかっているものもあります。
本当の果実は先端の丸い部分で、中に種子が入っています。
食べる部分は、果実の基部(果柄)の茶色く太くなった部分です。ナシや干しブドウのような味がします。

211127kenponasi-3

下の写真は「極彩色モード」で撮ったものです。

211127kenponasi-2

今日は、千葉県森林インストラクター会の皆さん約30名が、3班に分かれて関さんの森を訪問。
まずは樹齢200年超のケンポナシを見て、ケンポナシの実を拾って食べてみました。

211127seki-1

その後、関さんのお庭で、関さんの思いを聞きました。

211127seki-2

ふたたび3班に分かれて、晩秋の屋敷林を歩きました。

211127seki-3

なお、屋敷林の遊歩道の近くでオオスズメバチの巣が見つかったため、一部の散策路を封鎖していましたが、本日解除しました。

211127seki-4

(山田)

2021年10月25日 (月)

スズメバチに注意/上の橋に竹箒設置

今、屋敷林の北口近くの散策路付近に、オオスズメバチの巣があります。
念のために、近くの散策路を「通行禁止」にしましたので、ご協力をお願いします。

211025seki-2

また、北口には、通行禁止にした散策路がわかるように、看板を設置しておきました。
スズメバチの活動は11月まで続きます。活動の終了が確認されたら、通行禁止を解除します。

211025seki-1

スズメバチは、巣から離れたところでは、人を一方的に襲うことはありません。しかし、スズメバチに遭遇したときに、振り払ったりする行為は、スズメバチを刺激して危険です。スズメバチの習性を理解した上で、森を散策してください。
また、散策路以外には立ち入らないよう、ご協力をお願いします。

211025seki-5

ところで、屋敷林・上の橋に、竹箒を置きました(1020)
木の橋は、葉が積ったまま放置しておくと、早く傷みます。また、濡れた落ち葉の上を歩くと転倒の危険もあります。

211025seki-3

さっそく、どなたかが掃いてくださったようで、本日(25)は落ち葉はほとんどありませんでした。ご協力、感謝いたします。

211025seki-4

(山田)

2021年10月 3日 (日)

屋敷林の散策路整備

「緊急事態宣言」が解除され、さわやかな気持ちでおこなう定例作業。今日は「まつど地域活躍塾第5期生」の方3名がボランティア体験。屋敷林の散策路整備、増えすぎた竹の伐採など、育む会の会員とともに全17名が維持管理作業をしました。

屋敷林低地の散策路は、今までは1m足らずの杭を打ち、ロープを張って境界としていました。

211003seki-1

この日は、杭を抜き、ロープを撤去。抜いた杭、枯れた木の幹や枝を境界に置きました。

211003seki-2

もちろん、散策路以外には立ち入ってほしくないのですが、これでも散策路内外はわかると思いますし、杭とロープのない森は圧迫感もなく、すっきりしました。

さて、今日、関さんの森(関家の庭)でみられたものを3つ紹介します。

下の写真は、キツリフネです。これは植えたもので、草丈が2m近くもあることから、在来のキツリフネ(Impatiens noli-tangere)ではなく、アメリカ原産のImpatiens pallidaではないかとの指摘もあります。

211003kitsurifune

下の写真は、ヤマノイモのむかごです。炒ったり、ご飯と一緒に炊いたり(むかごご飯)して食べると、美味しいのです。

211003yamanoimo

下の写真は、コガタコガネグモ。クモの脚は8本ありますが、このクモは脚を2本ずつくっつけ、脚に合わせてX型の“隠れ帯”を作るのが特徴です。

211003kogatakoganegumo

(山田)

2021年7月22日 (木)

屋敷林低地の草刈り・ニホンミツバチの巣

今日は関さんの森にて、屋敷林低地部分の草刈りをおこないました。
ここの部分、放置しておくとマダケが侵食して多様性が失われてしまいます。草本中心の区域として維持するために、毎年1回は草刈りをしています。

210722seki-1

210722seki-2

猛暑のため、20分草を刈ったら10分休憩です。
休憩は、中の橋でおこないます。橋の上は日陰になっているところも多く、わりと涼しいです。

210722seki-3

ここの草刈りは、10年前までは東葛看護専門学校の第2科学生たちが、フィールドワークとしておこなっていました。
http://www.seki-mori.com/2011/08/post-e119.html
第2科の閉科後は、育む会がおこなっています。

ところで、屋敷林でミツバチの巣が見つかっています。どうやらニホンミツバチのようです。

210722mitsubachi-1

210722mitsubachi-2

屋敷林低地に咲く花が、ミツバチの重要な蜜源になっているかもしれません。

(山田)

2021年7月13日 (火)

幸谷小1年生・ザリガニ釣り

今日は幸谷小学校1年生の子どもたちが、屋敷林で自然体験をしました。天気が心配されましたが、何とか降られずにすみました。

210713seki1

子どもたちは花や虫を観察。ヤブミョウガで蜜を吸っていたのは、ヒラタアブです。

210713hirataabu

「ミツバチがいた!!」と思ってよく見ると、アズチグモに捕まっていました。遠くから見ると、このアズチグモはヤブミョウガの花にそっくりです。

210713mitsubachi

今日の関さんの森は、キノコがいっぱい。これはテングタケのなかま。毒です。

210713tengutake

そして、ザリガニ釣り。

210713seki2

210713seki3

アメリカザリガニは、外来生物法に基づく『特定外来生物』に指定される見込みです。詳細は現在検討中とのことですが、小学校の理科の教材としても定番のアメリカザリガニ、ザリガニ釣り(捕獲)や飼育はどうなるのでしょう。

(山田)

より以前の記事一覧

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ