学校の利用

2021年3月10日 (水)

卒森式(砂原保育園)

今日は、砂原保育園のこどもたちが、関さんの森にやってきました。今年度6回目、今日が最期です。

210310seki-1

最初に関さんから、今日の見どころを教わりました。スイセン、ミツマタ、ジンチョウゲ、ノビル・・・。今日は、いい匂いがするものが多いようです。

210310seki-2

屋敷林にも行きました。できたばかりの橋をわたって、記念撮影。

210310seki-3

210310seki-4

アスレチックで遊びます。

210310seki-5

関さんのお庭にもどってきたら、雑蔵の中で紙芝居をみました。
タイトルは、「幸谷のくらし-はる・なつ・あき・ふゆ」 関さんがこどもの頃の、くらしの話です。

210310seki-6

紙芝居のあとは、むつみ梅林でお弁当。

210310seki-7

むつみ梅林には、ツクシがたくさん生えていました。

210310seki-8

最期に「卒森式」です。

210310seki-12

こどもたちから関さんにプレゼント。

210310seki-10

育む会からは、ペンダント・カヤの実の笛・マツボックリの剣玉をプレゼント。

210310seki-11

210302seki-1

こどもたちは、もうすぐ、ピッカピカの1年生です。

210310seki-9

(山田)

 

2021年2月17日 (水)

春を探しに(砂原保育園)

今日は、亀有から保育園のこどもたちが電車に乗ってやってきました。
まずは、関さんから、春探しのヒントをもらいます。

210217seki-1

そして、お庭を探検。
スミレを見つけたり、タンポポとアブを見つけたり・・・・・。

210217tachitsubosumire

210217kantoutanpopo

あるいは、竹トンボで遊んだり。

210217seki-2

お弁当を食べたあとは、絵本の読み聞かせです。
今日は、ネコヤナギとツバキの絵本でした。

210217seki-3

次回は3月。「森の卒園式」です。ステキなプレゼントを用意しているので、楽しみに・・・。

(山田)

2020年12月 1日 (火)

落ち葉保育園(砂原保育園)

今日は関さんの森に、亀有から電車に乗って、砂原保育園のこどもたちがやってきました。

“クヌギの森”では、クヌギの落ち葉をたくさん集めて、落ち葉のプールをつくりました。

201201seki-3

201201seki-5

201201seki-4

できたプールにドブン・・・。

201201seki-2

保育園の先生もいっしょです。

201201seki-6

この日は、たき火をしました。ほんとうは、落ち葉でたき火ができるといいのですが・・・。
この中に、サツマイモを入れて、焼きイモをつくりました。さて、できた焼き芋、おいしかったでしょうか?

201201seki-1
なお、この日の活動は「落ち葉保育園」として、高原環境財団による支援による事業として企画・実施しました。落ち葉を集めるための道具等については、同財団からの補助金によって購入しました。

(山田)

2020年11月27日 (金)

東京農業大学森林総合科学科の学生たち

東京農業大学森林総合科学科の学生たちが、関さんの森でフィールドワークをおこないました。

201127seki-1

学生たちには、1週間前に育む会のメンバーが、リモートで関さんの森の概要について説明しています。

201127seki-0

この日は、都市に残った自然の大切さや、残すことの難しさについて、関さんから話を聞きました。

201127seki-2

その後、関さんのお庭や屋敷林を見学しました。

201127seki-3

(山田)

2020年11月12日 (木)

どんぐり拾い(幸谷小1年生)

今日は、地元の幸谷小学校1年生83名が関さんの森にやってきました。

201112seki-1

“くぬぎの森”では、クリスマスリースを飾る材料として、クヌギやコナラのどんぐり拾い。

201112seki-2

アオマツムシを見つけたこどももいました。

201112aomatsunusi

“くぬぎの森”のつぎは、樹齢200年を越えるケンポナシです。幸谷小の校章は、ケンポナシがモチーフになっています。関さんから、校章の由来やケンポナシの思い出を聞きました。

201112seki-3

201112seki-4

そして関さんのお庭。お庭でも、マツボックリや赤く色づいたサクラの花などを集めました。

201112seki-6

201112seki-7

また、パチンとはじけるキツリフネの実を観察するなど、たっぷり探検して帰りました。

201112seki-5

(山田)

2020年11月11日 (水)

“くぬぎの森”でどんぐり拾い(砂原保育園)

今日は、砂原保育園のこどもたち15人が、関さんの森で自然体験。はじめに、“くぬぎの森”でご挨拶です。

201111seki-1

“くぬぎの森”ではドングリ拾い。ここには、クヌギやコナラのドングリが落ちています。

201111seki-3

“くぬぎの森”には、砂原保育園のこどもたちが植えたケンポナシの木があります。まだ実はつけていませんが、樹齢200年をこえるケンポナシ大木で稔った実を食べてみました。

201111seki-2

ケンポナシの実は、関さんがこどもだった頃、貴重なおやつでした。

201111seki-7

“くぬぎの森”の次は屋敷林(旧こどもの森)。しずかな森で、みんなで上を見上げてみました。

201111seki-5

たっぷり遊んで帰っていきました。

201111seki-6

(山田)

2020年11月 5日 (木)

小金北小学校3年生・里山体験

今日は小金北小学校の3年生65名が、関さんの森で里山体験をしました。

201105seki-1

関さんの森では、築235年になる雑蔵を整備し、昔の生活道具などの展示を昨年からはじめています。

201105seki-2

こどもたちは、背負子を背負ってみたり、

201105seki-3

石臼で大豆を挽いてみたり、

201105seki-4

枡を使って米の量を測ってみるなどの体験をしました。

201105seki-5

屋外では、雑蔵以外の蔵を見学。下の写真は、木小屋を見学しているところです。

201105seki-6

また、関さんの庭にある柿の古木や、柿の実を観察したり、

201105seki-7

隣との境界に植えてある火伏せ(火除け)のモチノキを観察しました。

201105seki-8

木登りをするこどももいました。

201105seki-9

今回、小金北小学校のこどもたちを迎えるにあたり、2クラスのこどもたちを4つのグループ(1516)に分け、雑蔵を含めた4つの体験・観察ポイントには、体験・説明のための担当者を配置しました。
4つのグループは、20分毎に鳴る笛を合図に、4つの体験・観察ポイントを移動しますが、各グループには引率の先生のほか、順路案内の同伴者を配置するなど、スタッフ12名で対応しました。
こどもたちの好奇心と、先生方やスタッフの協力で、スムーズに里山体験の企画・運営をおこなうことができました。ありがとうございました。

なお、この日、ケンポナシの古木をチェックしたところ、実が落ちていることを確認しました。

201105kenponasi

(山田)

2020年10月27日 (火)

幸谷小2年生自然体験

今日は幸谷小学校2年生84名が、関さんの森で自然体験。8月に続いて今年2回目です。
まずは「くぬぎの森」で、葉やドングリなど、アートの素材などを採集しました。

201027seki-1

関さんのお庭でも素材を採集しました。
また、お庭では、キツリフネが実をつけていました。キツリフネはホウセンカの仲間です。さわるとパッチン、タネがはじけて飛びます。

201027seki-2

そして屋敷林。イノコズチで“やじろべえ”を作って遊びました。

201027seki-3

201027seki-4

(山田)

2020年10月22日 (木)

秋の里山収穫体験

今日は、亀有にある砂原保育園のこどもたちが、関さんの森で『秋の里山収穫体験』です。
まずは、今日の見どころを、関さんから教わります。

201022seki-1

この日は、関さんの森農園に行って、落花生を収穫しました。落花生は、花は地面の上で咲くのに、実は地面の下。不思議な作物です。

201022seki-2

ここで、記念写真。
収穫した落花生は、塩ゆでにして、お土産になりました。

201022seki-3

関さんのお庭にもどったこどもたちは、雑蔵に入りました。ここには、昔の生活道具が展示してあります。石臼を使って、煎った大豆から“きなこ”をつくりました。

201022seki-4

蔵から出たら、お庭の探検です。カキの実が食べごろですが、高いところにあるので手は届きません。先を割いた長い竹を使って収穫しました。これもお土産です。

201022seki-5

201022seki-6

昼食後のデザートは、白玉団子に“きなこ”と“あんこ”をトッピングしたもの。

201022seki-7

その後、育む会がつくった『石臼じいさん』の紙芝居を上演。

201022seki-8

こどもたちは、秋のうたを歌い、関さんの森を後にしました。

201022seki-9

(山田)

2020年10月15日 (木)

幸谷小1年生が自然探検

今日は幸谷小の1年生が関さんの森で自然探検。当初、10月1日(木)の予定が雨、予備日の8日(木)も雨、今日15日(木)もダメかなと思いましたが、何とか実施することができました。

201015seki

関さんのお庭では、キツリフネの実をつまんでパッチン。ホウセンカのなかまなので、タネは弾けて飛びます。

201015kitsurifune

キツリフネには、緑色のバッタのなかまがいました。たぶん、ヒメクダマキモドキだと思います。

201015kudamakimodoki

その後、屋敷林に向かいましたが、遊んでいる途中で雨。早めに学校にもどりました。

(山田)

より以前の記事一覧

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ