イベント報告

2022年8月21日 (日)

「そうめん流し」の技術の継承

関さんの森、夏の恒例行事は「そうめん流し」です。森の太い竹で作った樋にそうめんを流し、食べるための食器や箸も竹で作り、そうめん流しを楽しみます。
例年は7月の第三日曜日におこなっていましたが、コロナ禍で昨年・一昨年は中止。今年はそうめん流しの技術の継承を目的とし、作業に参加するメンバー限定でおこないました。

220821seki-1

そうめん流しの準備は、樋にする竹を選んで伐採するところからはじまります。

220821seki-2

220821seki-3

竹を伐ったら、枝を落とします。

220821seki-4

樋を作るところです。きれいに二つ裂けば、2本の樋をつくることができます。
ここでのコツは、竹を裂くときに使う鉈は両刃の鉈を使うこと。そして鉈の刃は竹の先端側から入れ、根元側に向かって裂くことです。
ちなみに、木や竹を刃物を刃物を使って細工するときは、「木元竹末(きもとたけうら)」といい、木材を加工したり薪を割る場合は木の根元側(元・モト)から刃物を入れ、竹を割る場合は竹の先端側(末・ウラ)から根元に向けて刃物を入れるとうまくできます。

220821seki-5

220821seki-6

220821seki-7

220821seki-8

ゲンノウで、節を抜きます。

220821seki-9

樋を「そうめん流し」の装置として組み立て、水を流しながらきれいに洗います。
ちなみに、ここの水道は県営水道(100%江戸川の水)ではなく、市営水道(江戸川の水に地下100mからの井戸水をブレンド)なので、冷たくておいしく感じます。

220821seki-10

食器(器・箸)も竹でつくります。イベントとして実施する場合は、参加者全員が自分で自分の食器をつくります。

220821seki-11

220821seki-12

220821seki-13

そうめんを茹でているところです。
この日は、そうめんを2kg茹で、19人で食べました。1人あたりだと約100g(2束)を食べたことになります。

220821seki-14

今回のメンバーの半数以上が、関さんの森のそうめん流しは初体験でした。来年以降、コロナがおさまったら、イベントとして実施したいですね。

(山田)

2022年7月22日 (金)

虫と遊ぼうin溜ノ上の森

新松戸駅での集合時は雨でしたが、予定通り決行。本降りなるも溜ノ上の森に着いてからは雨がほとんど降らず、参加者は班に分かれて、虫を探し、虫と遊びました。

220722tamenoue-1

220722tamenoue-2

木の幹に、ニイニイゼミの抜け殻がありました。

220722niiniizemi

エゴノキの実には、エゴヒゲナガゾウムシがいました。上はオスで、別名“エゴウシヅラ(牛面)ゾウムシ”ともいわれます。下はピンボケですがメスです。卵を産むために実をかじって穴をあけています。

220722egohigenagazoumusi

枯木の下、落ち葉の下も探します。

220722tamenoue-3

220722tamenoue-5

こんなものも落ちていました。野生の栗です。

220722tamenoue-4

虫探しの次は虫調べです。

220722tamenoue-7

220722tamenoue-6

220722113910

そして、捕まえたダンゴムシで、ダンゴムシレースをしました。

220722tamenoue-8

この日の参加者は8家族22名。たくさんの生きものたちを見つけました。「溜ノ上の森」は住宅地にかこまれた0.47haの小さな森ですが、小さな生き物の住処でもあります。

(山田)

2022年5月22日 (日)

関さんの森「オープンフォレストin 松戸 2022」

ボランティアが保全活動を行っている市内18の森を公開するイベント「オープンフォレストin 松戸」が、514()522()に開催され、関さんの森も参加しました。
5
22()は関さんの森の公開日で、天気も回復し大勢の方々が森にきました。大人59名、子ども13名、計72名と、1日の参加者数としては過去最多となりました。

本日最初の訪問者をご案内。200年以上前からここに住んでいる関家の庭には、樹齢100年以上の古木が何本もあります。

220522seki-1

ここは雑蔵(ぞうぐら)といい、江戸時代に造られ関家では一番古い蔵です。いろいろな生活道具や農機具を置く場所でした。現在は「むかしの生活道具展示室」になっていて、農機具や生活道具が約30点常設展示されています。

220522seki-2

ここは味噌蔵といい、作った味噌や漬物、梅干しなどを保存していました。蔵内に入ると、いまでも味噌や漬物の独特なにおいが残っています。

220522seki-3

みどりいっぱいの関家の庭。気温が上がってきたので、庭の木陰に入るとひんやりして気持ちがいいです。

220522seki-4

卒論やレポート準備の大学生からインタビューを受ける森のスタッフ(左端)。ここは学びの場でもあります。

220522seki-5

気持ちの良い五月晴れの中、子どもも、大人も、楽しい、憩いのひと時を過ごされたことでしょう。

(川上)

2022年4月 3日 (日)

春の臨時公開

予定していた関さんのお庭『臨時公開』は小雨中止としていましたが、小雨というより微雨という感じの細かい雨。
規模を縮小して、大規模なパネル展示などはやめ、とりあえず昼まで門を開けました。
お客様は24名。染井吉野や思川など7種類の桜、ハナモモ、アオキ、アケビ、カントウタンポポなどを案内。築239年の蔵の中では、昔の生活道具や古文書などを紹介しました。

下の写真は染井吉野。満開ですが、少し散りはじめています。

220403someiyosino

思川はまだ咲きはじめ。全体としては、まだ一分咲きにもなっていません。

220403omoigawa

カントウタンポポは、雨の日は閉じています。

220403kantoutanpopo

239年の「雑蔵」のなかでは、昔の生活道具や古文書などを紹介しました。

220403seki

(山田)

2021年10月24日 (日)

関さんの森「オープンフォレストin松戸2021」 

ボランティアが保全活動を行っている市内13の森を公開するイベント「オープンフォレストin 松戸」が、1016日~1024日(日)に開催され、関さんの森も参加しました。
10
24日(日)は関さんの森の公開日で、大人16名、子ども6名が、関さんの森にやってきました。

211024seki-1

森に到着したらまず正門前で受付です。検温、マスク着用、手指消毒など、イベント開催の規則にしたがって手続きしますので、従来より時間がかります。

211024seki-2

受付が済むと、正門前に展示された森の写真やパネルなどを見ながら、森のガイドがスタートしました。

211024seki-3

その後関家の庭に入り、いろいろな樹木、熊野権現、蔵などの見学です。
200
年以上前からここに住んでいる関家の庭には、樹齢100年以上の古木が何本もあります。

211024seki-4

今日は子連れ親子の見学者が多いです。
カヤの木のそばで、「この木から秋に実がとれ、それを使って”カヤの実パンを自分で焼く”イベントを子ども向けに行っています。あったかい焼きたてのパンはとってもおいしく、みんな大喜びです」とスタッフが説明。

211024seki-7

庭にたくさん生えているアオキの前で、ご夫婦を案内。

211024seki-5

展示パネルの古い写真をみながら、昔あった関家の母屋(曲り家 まがりや)を説明。写真背景は江戸時代の雑蔵(ぞうぐら)です。

211024seki-6

雑蔵の中は、昔の生活道具の展示室になっていて、農機具や生活道具が約30点常時展示されています。手に持っている大きい漏斗(じょうご)は、コメを俵に入れる時に使われました。

気持ちの良い秋晴れの中、大人も子どもも、楽しい、憩いのひと時を過ごされたことでしょう。

(川上)

2021年4月 4日 (日)

関さんの森・春の特別公開

今日は関さんのお庭を公開しました。88名の方が訪れ、育む会のスタッフ7名で案内しました。

桜は、遅咲きの「思川」が満開です。

210404seki-6

210404seki-1

「大提灯」が満開です。

210404seki-5

早咲きの「河津桜」はすでにサクランボが赤く色づいていました。

210404seki-4

この日は、雑蔵の内部も公開。雑蔵の前は、チューリップが花盛りです。

210404seki-3

雑蔵と新蔵の間では、古文書の会のスタッフ4名が、古文書について案内しました。

210404seki-2

(山田)

2020年4月 5日 (日)

「花まつり」は中止

今日は関さんの森の「花まつり」の予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大のリスクを避けるために、一般の皆さまを対象としたイベントでもあり、一ヶ月前に中止を決定しました。
そこで、会員のみの通常の作業ということにしていていましたが、二日前に作業も中止を決定しました。育む会の作業は、屋外の作業で、密閉・密集・密接ではありませんが、20名程度の人が集まります。60~70代の会員もいますので、念のために中止としました。

今後の行事については、新型コロナウイルスの感染状況などから、随時、判断していきたいと思います。関さんの森をご利用の方は、事前にこのHPでご確認ください。

下の写真は、「百年桜」(ソメイヨシノ)です。すでに半分くらいの花が散りました。

200405someiyosino

下の写真は、「百年桜」の右側に植えられている「思川」です。現在、4分先程度です。

200405omoigawa

(山田)

2020年2月21日 (金)

冬の自然観察会/関さんの森の奇跡・トークイベント

今日は、関さんの森・冬の自然観察会。陽気に誘われ、80名が参加。新松戸駅から関さんの森を経由し、北小金・東漸寺までを歩きました。

200221seki

見どころは、やはり関さんの森。関さんのお庭では、河津桜、カントウタンポポ、ネコヤナギ(花芽)などを観察しました。

200221kawazusakura

200221kantoutanpopo

200221nekoyanagi

終点の東漸寺では、タラヨウの葉を観察しました。さっそく、落ちた葉に字を書いてみると、黒く変色。これが「葉書」の語源という話もあります。

200221tarayou

一方、午後7時からは、神田・神保町の農文協・農業書センターで、『「関さんの森」の奇跡』のトークイベントが開催されました。新型コロナウィルスが心配される中、約40名が参加しました。

200221seki-1

トークイベントでは、著者である関啓子さんが、本には書かなかった部分の話、ノンフィクション作家を目指す思いや苦労などを語りました。

200221seki-2_20200224204801  

(山田)

2019年11月17日 (日)

関さんの森・ふるさとの集い

今日は『関さんの森・ふるさと集い』を開催。関家に残る門や蔵、昔の生活道具や古文書などを公開しました。関さんの森では、都市に残る里山として、森や生き物たちだけでなく、昔の暮らしを学ぶことができる、いわば野外博物館のような場所。だから私たちは、ここを『関さんの森エコミュージアム』と呼んでいます。

191117seki-1  

開会セレモニーの後、参加者は屋敷内を自由に見学。下の写真は1785年に建てられた雑蔵(一番蔵)ですが、蔵の中を片づけて照明器具を付け、昔の生活道具などを展示しました。

191117seki-8  

また、雑蔵・新蔵・薬医門の前では、古文書の会のメンバーが、関さんの蔵から見つかった古文書について解説しました。

191117seki-2  

その後、参加者は集合して、丸山純氏(前千葉県文化財保護審議会委員)による「蔵から見える昔のくらし」のお話。丸山先生、後ろ姿でごめんなさい。

191117seki-3  

続いて、実物の1/30で作った手作りの模型をもとに、門や蔵の解説。下の写真は、雑蔵の説明をしているところです。

191117seki-4  

さらに、紙芝居の上演。蔵に保存されているモノをネタに、自分たちでストーリーを考え、紙芝居として仕上げました。下の写真は「石臼じいさん」。この他に「関さんちの木材」の2本を上演しました。

191117seki-6  

この日のイベントでは、これらの他に、子どもたちむけに昔遊び(竹返し・お手玉など)、絵本の読み聞かせなどをおこないました。

191117seki-5  

また、昼食タイムでは、関さんの森名物の「カミの実入りパン」や焼き芋、釜で炊いたご飯のおむすびなどを提供。

191117seki-7  

この日、関さんの森には144人が集い、暖かな秋の日、豊かな時間をすごしました。

(山田)

191117seki1

191117seki2

2019年8月18日 (日)

夕涼みの会

8月第三日曜日、関さんの森の定例会は、午後の3時から。会議をやって軽作業。今日は、新設道路のガードパイプにからんだ蔓植物の剪定です。

190818seki-1

作業後は、8月の恒例行事“夕涼みの会”。暗くなってから開花するカラスウリの花を愛でながら一杯です。

190818seki-2

カラスウリの花が夜に咲くのは、夜に活動するスズメガ類に花粉を運んでもらうから。

190818karasuuri

今回、訪花するスズメガ類は確認できませんでしたが、そもそも暗くなっても蛾がほとんど飛んでいません。最近、関さんの森に限らず、昆虫が少なくなっています。気になります。

 (山田)

 

より以前の記事一覧

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ