むつみ梅林

2020年6月14日 (日)

梅の収穫体験と生き物たち(3)

今日は、雨が降る前に、関さんの森で梅の収穫をおこないました。

200614seki

この日、みつけた生き物をいくつか紹介しましょう。
下の写真は、ムーアシロホシテントウです。オレンジ色に白の模様がかわいいテントウムシです。

200614muasirohositentou

シロダモの葉に、アオスジアゲハの終齢幼虫がいました。アゲハチョウの幼虫は、危険がせまると“臭角”を出します。

200614aosujiageha

幸谷交差点の花壇には、ウマノスズクサが植えられています。ジャコウアゲハの幼虫がいました。

200614jakouageha

2020年6月 7日 (日)

梅の収穫体験と生き物たち(2)

新型コロナウイルスによる感染拡大が心配されている中、定例活動は中止。有志で、梅の収穫体験を中心に、作業をおこないました。

200607seki

ウメの木には、アオダイショウがからんでいました。

200608aodaisyou

関さんのお庭では、アジサイが見頃を迎えています。そのアジサイの花に、ニホンカナヘビがいました。

200607kanahebi

お庭に咲くアジサイを、いくつか紹介しましょう。

200607ajisai-1

200607ajisai-2

200607ajisai-3

この日、お庭のムクゲには、ラミーカミキリがいました。

200607ramikamikiri-1

愛称は、“パンダカミキリ”とか、“ガチャピンカミキリ”。何となく、似ていませんか?

200607ramikamikiri-2

2020年5月31日 (日)

梅の収穫体験と生き物たち(1)

関さんの森・むつみ梅林では、梅の収穫期を迎えています。
すでに、小梅の収穫は終りに近づき、かわりに梅酒用の大梅の収穫がはじまっています。

200531seki-1

200531seki-2

ところで、この日、関さんの庭のムクゲの木で、ラミーカミキリを見つけました。

200531ramikamikiri-2

もともとは外来種で、ラミー(繊維植物であるカラムシのなかま)やムクゲを食害することから、害虫ということになりますが、ミントグリーンと黒の、美しいカミキリムシです。温暖化により北上傾向にあるようです。

200531ramikamikiri-1

200531ramikamikiri-3

2020年3月 1日 (日)

定例作業・梅の剪定枝処理

今日は第一日曜日。定例作業の日です。
この日は、15人が参加。おもな作業は、むつみ梅林の剪定枝の処理でした。剪定して落した枝を束ね、屋敷林に運びます。

200301seki-2

200301seki-1

このほかに、幸谷交差点の花壇整備、道路周辺のゴミ拾いなどをおこないました。

それにしても、今日は暖かい。梅林の下では、ツクシが顔を出し、すでに胞子を飛ばしているものもあります。

200301tsukosi

関さんのお庭では、カワズザクラに続き、ミザクラ(サクランボのサクラ)も咲きはじめました。

200301mizakura

ネコヤナギも咲きはじめ、花粉を出しています。

200301nokoyanagi

ところで、関さんの屋敷の外ですが、見慣れない植物を見つけました。花の形はオオイヌノフグリにそっくりですが、少し小さい。そして、花弁の色が真っ白。

200301kogomeinunofuguri

これは、コゴメイヌノフグリという植物です。コゴメイヌノフグリは、ヨーロッパ原産のオオバコ科(旧ゴマノハグサ科)の植物。1960年に小石川植物園で栽培されたものが逸出したものと考えられています。

なお、この日の会議で、4月5日(日)開催予定の「花まつり」を中止することを決めました。5日は通常の定例作業の日となります。ご了承ください。

(山田)

2020年2月20日 (木)

明日は冬の観察会

明日は、関さんの森・冬の観察会。その準備で、関さんのお庭の案内パネルを一部交換しました。
たとえば、百年桜(ソメイヨシノ)の案内パネル。新しい年を迎え、114歳を115歳に修正。もちろん、まだ蕾はかたく、花はまだまだです。

200220seki

桜といえば、早咲きの河津桜が2分咲きです。

200220kawazusakura

むつみ梅林の梅は、全体的には4分咲き程度。

200220ume-1

白加賀、南高梅に続き、遅咲きの豊後梅も咲きはじめました。

200220ume-2

一方、関さんのお庭では、ミツマタの花が咲きはじめています。さすがジンチョウゲの仲間だけあって、いい香りがします。

200220mitsumata

明日はどうやらいい天気。観察会が楽しみです。

(山田)

2020年2月14日 (金)

メジロ

むつみ梅林の早咲きの梅は、満開。メジロの群れが蜜を吸いにやってきました。

200214mejiro-3

200214mejiro-2

200214mejiro-1

お庭の河津桜も、花が増えてきました。

200214kawazusakura

(山田)

2020年2月 2日 (日)

エナガ・ニワトコ・サンショウ

今日は、第一日曜日、定例作業の日です。

この日のおもな作業は、むつみ梅林の剪定、都市計画道路周辺のゴミ拾いでした。

200202seki

関さんのお庭には、エナガの群れがいました。

200202enaga

屋敷林では、ニワトコの冬芽&葉痕。こびとの顔みたいで、かわいいですね。

200202niwatoko

エノキの森には、サンショウの冬芽&葉痕。何となくコウモリのように見えます。

200202sansyou

(山田)

2020年1月15日 (水)

早咲きのウメが開花

むつみ梅林には、白加賀、豊後など、いろんな品種の梅が植えてあります。その中でも早咲きのウメは、新しい門の前のウメ。品種名まではわかりませんが、昨日(114日)から咲きはじめました。

200115ume

(山田)

 

2019年12月21日 (土)

千葉大・大学院生が梅の剪定実習

千葉大学園芸学部の大学院生4名が、むつみ梅林にて梅の剪定をおこないました。これは、『環境造園管理学セミナー』の講義の一環としての実習です。

剪定の講師役は、関さんの森を育む会の木下さん。レジュメで理論について学んだあと、さっそく剪定の実演と実習です。

191221seki-1

191221seki-2

191221seki-3

剪定を終えたら、落した枝の処理です。

191221seki-5

次回の実習は111日にもおこなわれます。

(山田)

2019年12月 1日 (日)

今年はケンポナシ不作です

第一日曜日は関さんの森の定例作業日。ウメの剪定、花壇の植付け、ゴミの分別処理などをおこないました。

ウメの剪定の技術指導は、10年以上前から高橋英吉先生(千葉大学名誉教授・果樹園芸学)に教わっています。

191201seki-1

191201seki-3

幸谷交差点の花壇では、ハボタンやパンジーなどを植えました。

191201seki-2

191201seki-4

作業をしていると、茶色い大きなバッタを発見。ツチイナゴです。ツチイナゴは成虫越冬。幼虫は緑色ですが、成虫は枯葉色というか土色というか、冬の時期にあわせて目立たぬ色をしています。

191201tsuchiinago

そうそう、初霜が降りるとケンポナシが美味しくなる時期。しかし、今年は不作です。台風の影響と思われます。

191201kenponasi

(山田)

より以前の記事一覧