むつみ梅林

2022年7月17日 (日)

「そうめん流し」は流れたけれど

7月の第三日曜日は、例年は「そうめん流し」です。
しかし、今年もコロナ第7波で、「そうめん流し」そのものが流れてしまいました。

そのおかげで……というわけではありませんが、屋敷林の危険な枝を撤去したり、

220717seki-1

草刈りやゴミ拾いをしたり、

220717seki-2

220717seki-3

蔵の調査や、扉(戸車)の修理などをしたりで、仕事がはかどりました。

220717seki-5

220717seki-4

関さんのお庭では、ジャコウアゲハが飛んでいました。

220717jakouageha

(山田)

2022年5月29日 (日)

今年は梅は不作です・梅の収穫体験は終了します

関さんの森・むつみ梅林の梅ですが、今年は不作です。1本の梅の木に実は数個しかありません。
複数の梅が撮れるようなところを探して、やっと見つけたのが下の写真(5月27日)。

220527ume

一方、下は昨年の写真です(2021年5月30日)。昨年は大豊作でした。

210530ume

育む会では、5月29日(日)の10~12時に「梅の収穫体験」をおこなう予定でしたが、今年は400円/kgで買い取っていただくほどの梅は収穫できませんでした。

今季の「梅の収穫体験」は終了します。

(関さんの森を育む会)

2022年3月 9日 (水)

むつみ梅林で「つくし」の読み聞かせ(砂原保育園)

「まん延防止等重点措置」が321日まで再延長となり、外部の方の関さんの森(お庭)への訪問はお断りしています。
しかし、砂原保育園のこどもたちにとっては最後の関さんの森。関さんの庭には入らずに、むつみ梅林と屋敷林だけということで、特別に対応しました。

まずは、梅の花が満開のむつみ梅林に荷物を置いて、ご挨拶です。

220309sunahara-0

さっそく、屋敷林に出かけました。

220309sunahara-1

上の橋で記念写真。

220309sunahara-2

むつみ梅林に戻って、昼食です。

220309sunahara-3

この日、むつみ梅林では、つくしが顔を出していました。

220309tukusi

220309sunahara-6

絵本の読み聞かせは、「つくし」です。

220309sunahara-4

そして、こどもたちの「卒森式」。こどもたちが歌をうたってくれました。

220309sunahara-7

そして、プレゼント交換。

220309sunahara-8

220309sunahara-9

こどもたちは、もうすぐピッカピカの1年生です。

ところで、この日は砂原保育園のこどもたちを迎えながら、育む会のメンバーが、むつみ梅林のベンチを修理しました。

220309seki-1

220309seki-2

一方、お庭の河津桜は、8分先くらいでしょうか。メジロやヒヨドリが蜜を吸いにきていました。

220309mejiro

220309hiyodori

庭木では、ネコヤナギが開花。

220309nekoyanagi

ジンチョウゲが開花。

220309jintyouge

ミツマタも開花が進んでいますが、ジンチョウゲの花に形がよく似ていますね。どちらもジンチョウゲ科の植物です。

220309mitumata

今週になって、春が駆け足で来ています。本来ですと、20()はお庭の公開日ですが、「まん延防止等重点措置」の期間内なので、公開はしません。育む会は、作業に専念したいと思います。ご了承ください

(山田)

2021年12月22日 (水)

梅の剪定枝をチッパーで粉砕

梅の冬剪定の季節です。むつみ梅林では、高橋英吉先生(千葉大学園芸学部名誉教授/果樹園芸学)の指導を受けながら、1115日から週1回のペースで剪定作業をおこなっています。

ところで、剪定して出た枝の処分が課題となっていますが、今回は、「チッパー(粉砕機)」を使って粉砕し、チップは梅林にまいて、土壌改良に使うことにします。

今日は、チッパーを所有する(公財)松戸みどりと花の基金の職員2名と松戸里やま応援団のMさんをお招きし、指導をうけながら、梅の剪定枝などを粉砕しました。

211222seki-1

211222seki-3

チップは梅林にまいて、土壌改良に使います。ケンポナシのまわりにも、とりあえず置きました。

211222seki-2

関さんの正門前の早咲きの梅は、早くも咲いていました。

211222ume

(山田)

2021年5月30日 (日)

今年は梅・豊作です

むつみ梅林の梅、今年は豊作です。今日は、梅の収穫と即売をおこないました。
6月6日(日)と13日(日)も、10~12時に収穫&即売をおこないます。近隣の方はどうぞおいでください(雨天中止)。

210530ume

210530seki

ところで、この日、関家の生垣にて、シロダモの葉裏に見たことのない派手なガ(蛾)がぶら下がっていました。

210530biroudohamaki-1

葉をひっくり返すと、翅をたたんで見覚えのあるガに変身。ビロードハマキでした。

210530biroudohamaki-2

ビロードハマキは、南方系のガ。近年、増加携行にあります。
かつては千葉県が北限とされていましたが、今は宮城県南部まで北上しているそうです。

(山田)

2021年2月18日 (木)

梅の剪定・河津桜とメジロ

むつみ梅林のウメが見頃です。今日は、遅咲きの「豊後」が咲きはじめました。ウメとアンズの雑種ともいわれ、花の色は淡紅色です。

210218ume

今日は、臨時の剪定作業。千葉大学名誉教授の高橋英吉先生(果樹園芸学)の指導を受けながらの作業です。

210218seki-2

一方、関さんのお庭では、河津桜が早くも見頃です。
メジロが夢中で蜜を吸っていました。

210218mejiro-1

210218mejiro-2

210218mejiro-3

屋敷林では、今日から「上の橋」の建替え工事がはじまりました。

210218seki-1

(山田)

2021年2月14日 (日)

関さんの森で春探し

2月も半ばとなり、暖かくなってきました。今日は、関さんの森・むつみ梅林や関さんのお庭で、春の気配を探しました。

お気に入りは、道端に咲いていたオオイヌノフグリです。

210214ooinunofuguri

ツクシも胞子を飛ばしていました。

210214tsukusi

むつみ梅林では、早咲きの梅(八重)が満開。別の一重の品種も咲きはじめていましたが、あれっ、花弁が6枚です。

210214ume

ウメの花では、メジロが蜜を吸っていました。

210214mejiro

関さんのお庭に行くと、ヤマガラがバケツにやってきました。

210214yamagara

樹木では、河津桜は1分咲きです。

210214kawazusakura

ミツマタが開花しました。

210214mitsumata

ネコヤナギの花芽もふくらんできまてた。

210214nekoyanagi

熊野権現の塚では、カントウタンポポが咲いていました。

210214kantoutanpopo

(山田)

2021年1月17日 (日)

1月の定例作業/お庭の小鳥たち

1月の定例作業は、第三日曜日からはじまります。
緊急事態宣言が発令されている中、気をつけながらの作業。見学者の案内は中止とさせていただきました。
下の写真は、ウメの剪定をしているところです。

210117seki

ところで、関さんのお庭には、水をはったバケツが置いてありますが、ヤマガラがやってきました。これは、関さんが小鳥たちのために置いたものです。

210117yamagara-1

しずかに観察していると、シジュウカラもやってきました。

210117yamagara-3

210117yamagara-2

ルリビタキのメス(あるいは若いオス)も近くに来ましたが、警戒しているようです。
ちょっと遠いので写真としては不鮮明ですが、証拠写真として掲載しておきます。

210117ruribitaki

そうそう、お庭には、ソシンロウバイ(素心蝋梅)が咲いています。

210117roubai

写真はありませんが、早咲きのカワズザクラ(河津桜)もすでに高いところで咲きはじめています。

(山田)

2020年6月14日 (日)

梅の収穫体験と生き物たち(3)

今日は、雨が降る前に、関さんの森で梅の収穫をおこないました。

200614seki

この日、みつけた生き物をいくつか紹介しましょう。
下の写真は、ムーアシロホシテントウです。オレンジ色に白の模様がかわいいテントウムシです。

200614muasirohositentou

シロダモの葉に、アオスジアゲハの終齢幼虫がいました。アゲハチョウの幼虫は、危険がせまると“臭角”を出します。

200614aosujiageha

幸谷交差点の花壇には、ウマノスズクサが植えられています。ジャコウアゲハの幼虫がいました。

200614jakouageha

2020年6月 7日 (日)

梅の収穫体験と生き物たち(2)

新型コロナウイルスによる感染拡大が心配されている中、定例活動は中止。有志で、梅の収穫体験を中心に、作業をおこないました。

200607seki

ウメの木には、アオダイショウがからんでいました。

200608aodaisyou

関さんのお庭では、アジサイが見頃を迎えています。そのアジサイの花に、ニホンカナヘビがいました。

200607kanahebi

お庭に咲くアジサイを、いくつか紹介しましょう。

200607ajisai-1

200607ajisai-2

200607ajisai-3

この日、お庭のムクゲには、ラミーカミキリがいました。

200607ramikamikiri-1

愛称は、“パンダカミキリ”とか、“ガチャピンカミキリ”。何となく、似ていませんか?

200607ramikamikiri-2

より以前の記事一覧

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ