« エゴツルクビオトシブミの揺籃作り | トップページ | 2022年5月の行事予定 »

2022年4月27日 (水)

キリシマツツジ・カヤの花・クモ2種

熊野権現の塚の、キリシマツツジが満開です。このキリシマツツジは、樹齢200年超で松戸市の保護樹木になっています。

220427seki-1

キリシマツツジは、屋敷の外、道路からも見えます。

220427seki-2

関さんのお庭にはカヤの木が多いのですが、熊野権現のご神木として植えられているのかもしれません。
今、カヤの花が咲いていますが、カヤは裸子植物なので、花は地味です。カヤは雌雄異株です。
下の写真は雄花。カヤは風媒花で、大量に花粉を飛ばします。

220427kaya-1

下の写真は雌花。裸子植物なので、花弁や子房は無く、胚珠は露出しています。丸い粒のようなものが雌花(胚珠)で、わずかに出っ張った部分に珠孔があります。

220427kaya-2

さて、今日は2種類のクモを紹介しましょう。
まずは、アオオニグモです。

220427aoonigumo-1

アオオニグモは円網の一部が切れた“キレ網”を張りますが、普段は葉を舟型に曲げて天幕を張った中に隠れ、脚を網に繋がる糸にかけています。網に虫がかかると、振動を察知して、現場に急行して虫を捕えます。

220427aoonigumo-2

マミジロハエトリのオスとメスもいました。
ハエトリグモの仲間は、網は張らずに徘徊生活をします。マミジロハエトリのオスは、眉が白いので、その名があります。前脚を大きく広げているのは、求愛のポーズです。

220427mamijirohaetori-2

メスは食事中でした。

220427mamijirohaetori-1

春を迎えて虫が出てきました。そして虫を食べるクモが出てきました。にぎやかな季節になってきました。

(山田)

« エゴツルクビオトシブミの揺籃作り | トップページ | 2022年5月の行事予定 »

樹木」カテゴリの記事

熊野権現」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

関さんのお庭」カテゴリの記事

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ