« 「思川」見頃 | トップページ | キリシマツツジ・カヤの花・クモ2種 »

2022年4月13日 (水)

エゴツルクビオトシブミの揺籃作り

溜ノ上の森で、エゴツルクビオトシブミが揺籃を作りはじめました。
エゴツルクビオトシブミは、体長69mmほどの小さな甲虫で、鶴のように首が長いことから“ツルクビ”の名が付けられています。
また、エゴノキを食草とし、メスは産卵時に葉を丸めて、ゆりかごのような“揺籃(ようらん)”をつくります。エゴツルクビオトシブミは、作った揺籃をそのままぶら下げておきますが、種類によっては落とすものもいて、それが“オトシブミ(落し文)”の名の由来です。

この日、1019分に見つけたときは、すでに葉に切れ込みを入れ終り、葉を二つに折っているところでした。実際に揺籃を作るのはメスですが、写真ではオスがメスの背に乗っています。

220413egoturukubiotosibumi-1

10時26分、オトシブミが葉の先端に移動。そろそろ巻きはじめます。

220413egoturukubiotosibumi-2

10時30分、別の角度から撮っています。巻きはじめています。たぶん、この頃に卵を1個産み付けます。その後、背の上のオスは移動します。

220413egoturukubiotosibumi-3 

11時16分、1/3くらい巻いたでしょうか。

220413egoturukubiotosibumi-4

11時21分、別の角度から撮っています。

220413egoturukubiotosibumi-5

11時40分、もう少しで巻き終わります。

220413egoturukubiotosibumi-6

11時44分、揺籃は完成。一仕事を終えたメスは意気揚々、バイバイして飛んでいきました。

220413egoturukubiotosibumi-7 

揺籃の中に産み付けられた卵は、やがて孵化して幼虫になり、丸められた葉を食べて育ちます。

(山田)

« 「思川」見頃 | トップページ | キリシマツツジ・カヤの花・クモ2種 »

溜ノ上の森」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ