« 春の臨時公開 | トップページ | 「思川」見頃 »

2022年4月 5日 (火)

ジロボウエンゴサク・アオキ・ナナフシの赤ちゃん

屋敷林の低地で、ジロボウエンゴサクが咲きはじめました。

220405jirobouenngosaku-1

220405jirobouenngosaku-3

220405jirobouenngosaku-2

ムラサキケマンも咲きはじめています。

220405murasakikeman

怪しい形をしたウラシマソウも開花です。

220405urasimasou

雌雄異株のアオキも開花が進んでいます。
下の写真は雄株の雄花。

220405aoki-1

下の写真は雌株の雌花。

220405aoki-3

当然のことですが、果実は雌株だけにできます。
この時期、花と果実が両方見られますが、果実の形はいびつで色も均一に赤くなってはいません。
じつは果実の中に、アオキミタマバエの幼虫が入り、虫こぶと化しているのです。

220405aoki-2

一方、関さんのお庭の桜。塀の外から見える染井吉野(百年桜) は散りはじめました。

220405someiyosino1

大島桜も散りはじめています。

220405oosimazakura1

遅咲きの思川は、塀の外から見える枝でも開きはじめました。

220405omoigawa-3

220405omoigawa-2

思川の蕾の下には、ナナフシ(ナナフシモドキ)の赤ちゃんがぶら下がっていました。

220405nanafusimodoki

(山田)

« 春の臨時公開 | トップページ | 「思川」見頃 »

屋敷林(旧こどもの森)」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

関さんのお庭」カテゴリの記事

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ