« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月

2022年3月31日 (木)

「百年桜」満開

117歳の染井吉野が満開となりました。

220331someiyosino-1

個々の花を見ると、花の中心が緑のものと赤いものがあります。

220331someiyosino-2

咲きはじめは緑色で、やがて赤くなって散ります。

220330someiyosino-1

220330someiyosino-2

他の桜では、思川が咲きはじめました。
ただし、幹から直接咲く“胴咲き”のみです。塀の外から見える枝は、まだ蕾です。今後の天候しだいですが、3日後あたりは咲いていると思います。

220331omoigawa

また、サクランボの佐藤錦も開花しました。
美味しいサクランボを期待したいのですが、1本だけなので残念ですが結実しません。

220331satounisiki

一方、熊野権現の塚ではケマルバスミレが咲きはじめました。

220331kemarubasumire

さて、4月3日()10時~14時、関さんのお庭を公開します。
サクラは種類(染井吉野、大島桜、紅枝垂れ桜、豆桜、佐藤錦、思川)が咲いています。
他にも、ハナモモ、アケビ、カントウタンポポ、タチツボスミレ、ケマルバスミレなどが咲いています。

(山田)

2022年3月28日 (月)

溜ノ上の森・早春の植物

溜ノ上の森の早春の植物を紹介します。

まずは常緑樹から。
早春に咲くヒサカキの花は、すでに満開です。
この花は、都市ガスのような匂いを放ちます。ハチやチョウなどが活動する前は、ハエくらいしかいないので、ハエを呼んで花粉を運んでもらうためです。

220328hisakaki

アオキは、花が咲きはじめました。
アオキは雌雄異株で、先に雄株の雄花が咲きはじめます。写真は雄花で、黄色く見えるのが雄しべです。
現在、雌花はほとんど咲いていません。

220328aoki

次は落葉樹。
落葉低木の、ウグイスカグラが見頃です。

220328uguisukagura

落葉小低木の、モミジイチゴも見頃です。

220328momijiitigo

落葉つる性の木本、ミツバアケビの花も咲きはじめました。
雌雄異花で、上の大きな花が雌花、雄花は下の方に複数個集まって咲いています。

220328mitubaakebi

一方、まだ新芽が伸び始めたばかりの落葉樹もあります。
下の写真は、ハリギリです。まだ冬芽がふくらんだ状態です。

220328harigiri

クサギは葉が伸び始めてきましたが、面白い形ですね。

220328kusagi-2

220328kusagi-1

ガマズミも面白い形。頭の上で手を組んでいるように見えますが、手に相当するのが葉、頭に相当する部分は花芽です。

220328gamazumi

ゴンズイは葉が開きはじめてきました。

220328gonzui

(山田)

大島桜は満開・染井吉野は四分咲き

関さんのお庭、道路から見える大島桜は満開となりました。

220328oosimazakura-1

220328oosimazakura-2

染井吉野(百年桜)は、下の方の枝は満開ですが、高いところはまだまだ。全体としては、四分咲きくらいでしょうか。

220328someiyosino-1

220328someiyosino-2

4月3()は、お庭を臨時公開します。見どころを担当者がご案内します。

(山田)

2022年3月24日 (木)

『百年桜』(染井吉野)と大島桜が開花

関さんのお庭の、『百年桜』(樹齢117歳のソメイヨシノ)が十輪以上咲きました。気象庁の定義でも開花です。
樹の下(正門の外)に解説ラベルをたててあります。

220324someiyosino

220320seki-5

オオシマザクラも十輪咲きました。
オオシマザクラも道に張り出した枝があるので、外からでもよく見えます。解説ラベルをぶら下げておきました。

220324oosimazakura

220324seki

一方、外からは見えにくい位置のマメザクラは、一分咲きです。

220324mamezakura

広義のサクラ属(Prunus)に含まれるスモモは二分咲きです。このスモモは、樹齢100年超と思われます。

220324sumomo

さらに、ハナモモは満開です。

220324hanamomo

ハナモモの一品種(照手白)は、明日あたり開花すると思います。

220324terutesiro

お庭の公開は、43日の『春の臨時公開』までお待ちください。

(山田)

2022年3月22日 (火)

(予告) 4月3日・春の臨時公開

関さんの森恒例の『花まつり』にかわり、『春の臨時公開』としてお庭を公開します。
コンサートや食べ物などはありません。桜などの花が咲く関さんの庭、江戸時代から残る門と蔵、関家に伝わる古文書、昔の生活道具などをご案内します。

*開催日時  4月3日(日)10時~14時 雨天中止

*受付場所  関家の正門前 受付後、スタッフがご案内します。

※屋外とはいえ感染リスクはゼロではありません。発熱等体調の悪い方はご遠慮ください。また、不織布マスクの着用をお願いします。
受付にてお名前と電話番号を記入していただきます。ご了承ください。

以下は、昨年4月4日の写真です。 
今年は昨年より開花が1週間程度遅れています。桜では、染井吉野、大島桜、紅枝垂れ桜、豆桜、佐藤錦、思川、大提灯の7種類がご覧いただけると思います。蔵の前のチューっリプはまだ蕾です。

210404seki-6

210404seki-1

210404seki-3

210404seki-2

2022年3月21日 (月)

百年桜が開花?

関さんのお庭には、早咲きの『河津桜』から遅咲きの『思川』や『大提灯』まで、1ヵ月以上にわたって10種類の桜が咲きます。
現在、『河津桜』と『実桜』は散り始め、『紅枝垂れ桜』が満開。『豆桜』が咲きはじめています。

そして今日、『染井吉野』が2輪咲きました。
咲きはじめた染井吉野は、正門の横に1905年に植えたもの。『百年桜』と呼ばれています。
ただし、気象庁の開花の定義では、「標本木で56輪」なので、タイトルは「百年桜が開花?」としました。

220321someiyosino

明日は冷たい雨が降る予報なので、本格的な開花は23日になりそうです。
また、古い門の近くの『大島桜』も23日には咲きそうです。

(山田)

2022年3月20日 (日)

新蔵2階の整備

今日は関さんの森の作業の日。
つる植物の移植、花壇整備、危険木の撤去、蔵の整備などをおこないました。
たとえば、下の写真は、花壇の整備です。

220320seki-1

一方、下の写真は、関家の二番蔵「新蔵」。

220320seki-2

2階の床を補強し、照明装置を設置しました。

220320seki-3

ここには、江戸時代に使われていたであろう駕籠があります。
現在、蔵の収納物のリストを作成しています。床を補強し、照明をつけたことで、調査の進展が期待されます。駕籠などの収納物についても、公開・展示をすすめていきたいと思います。

220320seki-4

ところで、関さんのお庭では、3種類目のサクラ、ベニシダレザクラが咲きはじめました。福島は三春の『滝桜』の子孫です。

220320benisidarezakura

樹齢117歳のソメイヨシノは、明日か明後日には咲きはじめそうです。

220320someiyosino

本日の作業や会議が終わった頃、ルリビタキ(メス)が出現しました。2年連続で関さんの森で冬を越しましたが、そろそろ山に帰るころです。

220320ruribitaki

(山田)

2022年3月17日 (木)

春のお庭の植物

ここ数日20度を越える日が続き、春が駆け足でやってきました。今日は、関さんのお庭をちょっとのぞいてみました。

関さんのお庭には10種類の桜が植えられていますが、早咲きのカワヅザクラは満開をすぎ、葉が開いてきました。

220317kawazuzakura

カワヅザクラの次は、ミザクラです。今、満開です。

220317mizakura

この後、オオシマザクラ、ベニシダレザクラなどが続きますが、まだ蕾。
樹齢117歳のソメイヨシノも蕾ですが、ピンク色をおびてふくらんできました。

220317someiyosino

一方、広い意味ではサクラの仲間(バラ科サクラ属)のハナモモも花が咲きはじめました。

220317hanamomo

他の樹木では、ヒサカキの花が満開です。
都市ガスのような臭いがするので、クレームにより伐採されることもある低木ですが、私にとっては早春の森を感じさせる、いい匂いです。

220317hisakaki

ツル植物では、アケビの花が咲きはじめました。左が雌花で、右が雄花です。

220317akebia

道端では、オオイヌノフグリが満開です。

220317ooinunofuguri

近年、小型のフラサバソウも増えてきました。

220317furasabasou

オオイヌノフグリに似た白い花を見つけました。コゴメイヌノフグリです。

220317kogomeinunofuguri

さて、関さんのお庭は関家のプライベートな空間です。毎月第三日曜日にガイド付きで公開していますが、コロナウイルスの関係でお庭をご案内できない日が続いていました。しかし、321日で「まん延防止等重点措置」が解除される見込みです。
そこで、43()10時から14時まで、お庭を臨時公開します。詳細は、追ってお知らせします。

(山田)

2022年3月 9日 (水)

むつみ梅林で「つくし」の読み聞かせ(砂原保育園)

「まん延防止等重点措置」が321日まで再延長となり、外部の方の関さんの森(お庭)への訪問はお断りしています。
しかし、砂原保育園のこどもたちにとっては最後の関さんの森。関さんの庭には入らずに、むつみ梅林と屋敷林だけということで、特別に対応しました。

まずは、梅の花が満開のむつみ梅林に荷物を置いて、ご挨拶です。

220309sunahara-0

さっそく、屋敷林に出かけました。

220309sunahara-1

上の橋で記念写真。

220309sunahara-2

むつみ梅林に戻って、昼食です。

220309sunahara-3

この日、むつみ梅林では、つくしが顔を出していました。

220309tukusi

220309sunahara-6

絵本の読み聞かせは、「つくし」です。

220309sunahara-4

そして、こどもたちの「卒森式」。こどもたちが歌をうたってくれました。

220309sunahara-7

そして、プレゼント交換。

220309sunahara-8

220309sunahara-9

こどもたちは、もうすぐピッカピカの1年生です。

ところで、この日は砂原保育園のこどもたちを迎えながら、育む会のメンバーが、むつみ梅林のベンチを修理しました。

220309seki-1

220309seki-2

一方、お庭の河津桜は、8分先くらいでしょうか。メジロやヒヨドリが蜜を吸いにきていました。

220309mejiro

220309hiyodori

庭木では、ネコヤナギが開花。

220309nekoyanagi

ジンチョウゲが開花。

220309jintyouge

ミツマタも開花が進んでいますが、ジンチョウゲの花に形がよく似ていますね。どちらもジンチョウゲ科の植物です。

220309mitumata

今週になって、春が駆け足で来ています。本来ですと、20()はお庭の公開日ですが、「まん延防止等重点措置」の期間内なので、公開はしません。育む会は、作業に専念したいと思います。ご了承ください

(山田)

2022年3月 1日 (火)

2022年3月の行事予定

千葉県に適用中の『まん延防止等重点措置』は3月21日まで延長の見込みです。

*「育む会」の定例作業は引き続き中止とし、会員有志のみによる臨時作業とします。
また、関家の庭の訪問者ガイドは、当分の間、中止とします。外部の方の見学・体験・案内等は、申し訳ありませんがお断りさせていただきます。なお、屋敷林は自由に散策できます。

*適用の有無にかかわらず、不安な方は参加をお控えください。また、参加される場合もマスクを着用するなど、感染拡大防止対策をお願いします。

*定例活動(臨時作業)は、雨天時は中止です。ただし、降雨の状況によっては、できる範囲で作業をおこなうことがあります。

*『まん延防止等重点措置』の適用が解除された後の対応・行事予定については、このホームページ上でご案内します。

==================

2022年3月6日(日)
 会員有志による臨時作業(1012)
 関さんの森会議(14時よりZoom)

3月11日(金)
 溜ノ上レディース定例作業(10時より)

3月12日(土)
 古文書の会?(13時半~)

3月20日(日)
 会員有志による臨時作業(1012)
 訪問者ガイド(中止)
 関さんの森会議(14時よりZoom)

3月25日(金)
 溜ノ上レディース定例作業(10時より)

=================

4月3日(日)
 春の臨時公開(1014)
 定例作業(1012)
 関さんの森会議(14時より)

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ