« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月

2021年10月29日 (金)

幸谷小1年生が秋探し

幸谷小1年生約80人が、関さんの森に秋を探しにやってきました。

211029seki-1

目的は、クリスマスリースに飾るドングリなどの素材を集めるためです。
下の写真は、関さんのお庭でドングリを探しているところ。コナラ、シラカシ、アカガシのドングリを見つけました。

211029seki-2

クリも落ちていました。

211029kuri

カキの葉も、きれいに紅葉していていいですね。

211029kaki

キツリフネの実が熟しているので、つまんでみみると、ホウセンカのようにパチンと弾けました。

211029kitsurifune-1

弾けたあとは、果皮がクルッと丸まっていて面白いですね。

211029kitsurifune-2

アマガエルがいました。

211029amagaeru

ところで、幸谷小の校章は、ケンポナシの葉をモチーフにしています。幸谷小初代の校長先生は、かつて関家を家庭訪問したときに見た、大きなケンポナシの樹を思い出したのでしょう。
写真は、樹齢200年超のケンポナシを囲んで、関さんの話を聞くところ。

211029kenponasi-1

ケンポナシの樹にタッチするこどもたち。20121月に移植したので、もうすぐ10年です。

211029kenponasi-2

(山田)

2021年10月25日 (月)

スズメバチに注意/上の橋に竹箒設置

今、屋敷林の北口近くの散策路付近に、オオスズメバチの巣があります。
念のために、近くの散策路を「通行禁止」にしましたので、ご協力をお願いします。

211025seki-2

また、北口には、通行禁止にした散策路がわかるように、看板を設置しておきました。
スズメバチの活動は11月まで続きます。活動の終了が確認されたら、通行禁止を解除します。

211025seki-1

スズメバチは、巣から離れたところでは、人を一方的に襲うことはありません。しかし、スズメバチに遭遇したときに、振り払ったりする行為は、スズメバチを刺激して危険です。スズメバチの習性を理解した上で、森を散策してください。
また、散策路以外には立ち入らないよう、ご協力をお願いします。

211025seki-5

ところで、屋敷林・上の橋に、竹箒を置きました(1020)
木の橋は、葉が積ったまま放置しておくと、早く傷みます。また、濡れた落ち葉の上を歩くと転倒の危険もあります。

211025seki-3

さっそく、どなたかが掃いてくださったようで、本日(25)は落ち葉はほとんどありませんでした。ご協力、感謝いたします。

211025seki-4

(山田)

2021年10月24日 (日)

関さんの森「オープンフォレストin松戸2021」 

ボランティアが保全活動を行っている市内13の森を公開するイベント「オープンフォレストin 松戸」が、1016日~1024日(日)に開催され、関さんの森も参加しました。
10
24日(日)は関さんの森の公開日で、大人16名、子ども6名が、関さんの森にやってきました。

211024seki-1

森に到着したらまず正門前で受付です。検温、マスク着用、手指消毒など、イベント開催の規則にしたがって手続きしますので、従来より時間がかります。

211024seki-2

受付が済むと、正門前に展示された森の写真やパネルなどを見ながら、森のガイドがスタートしました。

211024seki-3

その後関家の庭に入り、いろいろな樹木、熊野権現、蔵などの見学です。
200
年以上前からここに住んでいる関家の庭には、樹齢100年以上の古木が何本もあります。

211024seki-4

今日は子連れ親子の見学者が多いです。
カヤの木のそばで、「この木から秋に実がとれ、それを使って”カヤの実パンを自分で焼く”イベントを子ども向けに行っています。あったかい焼きたてのパンはとってもおいしく、みんな大喜びです」とスタッフが説明。

211024seki-7

庭にたくさん生えているアオキの前で、ご夫婦を案内。

211024seki-5

展示パネルの古い写真をみながら、昔あった関家の母屋(曲り家 まがりや)を説明。写真背景は江戸時代の雑蔵(ぞうぐら)です。

211024seki-6

雑蔵の中は、昔の生活道具の展示室になっていて、農機具や生活道具が約30点常時展示されています。手に持っている大きい漏斗(じょうご)は、コメを俵に入れる時に使われました。

気持ちの良い秋晴れの中、大人も子どもも、楽しい、憩いのひと時を過ごされたことでしょう。

(川上)

2021年10月21日 (木)

砂原保育園・3ヵ月ぶりの「森の日」

10月になって「緊急事態宣言」が解除され、3ヵ月ぶりに砂原保育園の子どもたちが関さんの森にきました。

211021sunahara-1

前回・7月は緑いっぱいでしたが、今回は実りの秋。
栗を拾ったり、

211021sunahara-3

柿をとってもらったり。

211021sunahara-4

211021sunahara-5

ヤマノイモの“むかご”もありました。

211021sunahara-7

そうそう、お庭のキツリフネは実が熟し、触るとタネが弾けて飛びます。

211021sunahara-2

弾けたあとの形、面白いですね。

191020kitsurifune-2

お弁当を食べたあとは、「カラスウリ」の絵本を読んでもらいました。みんな、静かに集中して聞いていました。

211021sunahara-6

(山田)

2021年10月 8日 (金)

梅干のパック詰め

今年の梅は豊作だったので、余った梅を使って会員が梅干を漬けました。今日は、できた梅干をパックに詰めました。

211008seki-1

またカキが熟してきたので、収穫しました。

211008seki-2

一方、関さんおお庭では、キツリフネが花盛り。ホシホウジャクが長い口吻を距 (花の後ろに伸びた突起/ここに蜜がある)に伸ばして吸蜜。

211008hosihoujaku

クマバチも来ていましたが、こちらは盗蜜。蜜のある距に穴をあけて蜜を盗む。これでは花粉は運ばれません。

211008kumabachi-1

211008kumabachi-2

熟したカキには、メジロがきていました。

211008mejiro

(山田)

2021年10月 5日 (火)

小金小学校2年生“まち探検”

小金小学校2年生8名が、“まち探検”の授業として関さんの庭を訪れました。

最初に熊野権現、100年桜、蔵、裏庭の大榧、木小屋を見学しました。

211005seki-2

211005seki-3

211005seki-5

見学後は、庭のベンチにディスタンスをとって座り、順番に関さんに質問しました。
「この森はいつできたか?」
「この森には何種類の生き物がいるか?」
「この森にいる虫で一番大きい虫は何か?」
「この森をどのくらいの人が見学するのか?」
「この森を守っていくのに一番大変な事は何か?」など。

211005seki-6

関さんは熱を込めて、丁寧に答えていました。初めは緊張していた子ども達も終わり頃は質問が活発になりましたが、時間がなくなり、急いで帰って行きました。

「みんなが来てくれて、この森や庭が好きになってくれる事が一番嬉しい」とお話した関さんの気持ちは、きっと伝わったでしょう。今度はもっとゆっくりと来て下さい。

(杉田・政田)

2021年10月 3日 (日)

屋敷林の散策路整備

「緊急事態宣言」が解除され、さわやかな気持ちでおこなう定例作業。今日は「まつど地域活躍塾第5期生」の方3名がボランティア体験。屋敷林の散策路整備、増えすぎた竹の伐採など、育む会の会員とともに全17名が維持管理作業をしました。

屋敷林低地の散策路は、今までは1m足らずの杭を打ち、ロープを張って境界としていました。

211003seki-1

この日は、杭を抜き、ロープを撤去。抜いた杭、枯れた木の幹や枝を境界に置きました。

211003seki-2

もちろん、散策路以外には立ち入ってほしくないのですが、これでも散策路内外はわかると思いますし、杭とロープのない森は圧迫感もなく、すっきりしました。

さて、今日、関さんの森(関家の庭)でみられたものを3つ紹介します。

下の写真は、キツリフネです。これは植えたもので、草丈が2m近くもあることから、在来のキツリフネ(Impatiens noli-tangere)ではなく、アメリカ原産のImpatiens pallidaではないかとの指摘もあります。

211003kitsurifune

下の写真は、ヤマノイモのむかごです。炒ったり、ご飯と一緒に炊いたり(むかごご飯)して食べると、美味しいのです。

211003yamanoimo

下の写真は、コガタコガネグモ。クモの脚は8本ありますが、このクモは脚を2本ずつくっつけ、脚に合わせてX型の“隠れ帯”を作るのが特徴です。

211003kogatakoganegumo

(山田)

2021年10月 1日 (金)

10月の行事予定

「緊急事態宣言」は9月30日までで解除されました。

しかし、屋外での活動とはいえ、感染リスクはゼロではありません。
不安な方は参加をお控えください。また、参加される場合もマスクを着用するなど、感染拡大防止をお願いします。

*定例活動は、雨天時は中止です。ただし、降雨の状況によっては、できる範囲で作業をおこなうことがあります。

*屋敷林は自由に入れますが、関家の庭は限定公開です。今月は17日(日)が公開日で、担当者が案内いたします。雨天時や事情により中止する場合もありますが、ご容赦ください。

==================

10月3日(日)
 定例作業 (10時~12)
 関さんの森会議(14時より)

10月8日(金)
 溜ノ上レディース定例作業(10時より)

10月9日(土)
 古文書の会(13時半より)

10月16日(土)
 門と蔵Zoom学習会 (14時より)

10月17日(日)
 定例作業(10時~12)
 訪問者ガイド(10時~15)
 関さんの森会議(13時より)

10月21日(木)
 砂原保育園里山体験(10時半より)

10月22日(金)
 溜ノ上レディース定例作業(10時より)

10月27日(水)
 幸谷小1年生里山体験

10月29日(金)
 幸谷小1年生里山体験【予備日】

=================

11月7日(日)
 定例作業 (10時~12)
 関さんの森会議(13時より)

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ