« ケンポナシの花 | トップページ | 関さんの森ニュース【2021年7月1日発行】 »

2021年6月30日 (水)

葛西神社・茅の輪くぐり

630(水無月の晦日)は、「夏越の大祓」の日。葛飾区金町の葛西神社にて、「茅の輪(ちのわ) 」をくぐり参拝してきました。

葛西神社は1185年創建。祭囃子発祥の地といわれています。

210630kasaijinja-1

参道をすすむと、大鳥居の手前に「茅の輪」があります。輪の向こうには江戸川の土手が見えます。

210630kasaijinja-2

茅の輪は三度くぐり、身の穢れを清めてから参拝します。

 210630kasaijinja-3

本殿でお祓いを受けます。和紙を切って作った「人形(ひとかた)」に氏名・年齢を書き、撫でて息を三度吹きかけて自分の身代わりとします。

210630kasaijinja-4

ところで、「茅の輪くぐり」とは唐突な記事ですが、葛西神社の「茅の輪」の横に添えた竹や、七夕飾りの竹()は、関さんの森・屋敷林のものです。
今年は625日に屋敷林のマダケを伐ってトラックで運搬しました。

 210625seki

「茅の輪」本体は、江戸川河川敷で刈り取った茅のキレイなところが材料です。

 210626kasaijinja-2

「茅の輪」は26日に制作し、本日・30日の「大祓」を迎えたというわけです。

 210626kasaijinja-1

(山田)

« ケンポナシの花 | トップページ | 関さんの森ニュース【2021年7月1日発行】 »

関さんの森」カテゴリの記事

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ