« 卒森式(砂原保育園) | トップページ | オオシマザクラの解説ラベル設置 »

2021年3月16日 (火)

オオシマザクラとヒヨドリ

関さんのお庭には10種類の桜が植えられていますが、早咲きのカワヅザクラ、ミザクラに続き3種類目のオオシマザクラが咲きはじめました。
オオシマザクラは関家の古い門の近く、道路の上にも張り出している、花弁の白い桜。花と同時に葉も展開します。
ちなみに、桜餅を包む塩漬けの桜の葉は、このオオシマザクラの葉が使われます。特有の香は、桜の葉が分解することによりできる“クマリン”という名の成分です。

210316oosimazakura

この日、オオシマザクラにはヒヨドリがきていました。ヒヨドリは蜜を吸うというより、花そのものを食べてしまいます。

210316hiyodori-1

ヒヨドリは、花にやってきたミツバチ?をパクッと食べてしまうこともあります。

210316hiyodori-2

外からは見えませんが、4種類目のマメザクラも咲きはじめていました。

210316mamezakura

5種類目のベニシダレザクラも開花です。このベニシダレザクラは福島は三春の「滝桜」の血をひいています。

210316benisidarezakura

ソメイヨシノはまだ蕾です。このソメイヨシノは、関家の正門近くの「百年桜」。1905年に植えられたものです。

210316someiyosino

桜ではありませんが、スモモが満開です。このスモモは、樹齢100年以上と思われます。20年くらい前に倒壊しましたが、今も一部の枝が生きており、たくさんの花を咲かせています。

210316sumomo

アケビも開花しました。写真は雌花です。

210316akebi

(山田)

« 卒森式(砂原保育園) | トップページ | オオシマザクラの解説ラベル設置 »

樹木」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

関さんのお庭」カテゴリの記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ