« 梅の剪定・河津桜とメジロ | トップページ | 「上の橋」開通式 »

2021年2月19日 (金)

幸谷小学校とケンポナシ

今から70年くらい前のこと。関家次女の睦美さんが馬橋小学校6年生のとき、担任の末次一男先生は関家を家庭訪問しました。関家の前のケンポナシは、当時は今よりも高く、遠くからでも目立つ大きな木だったそうです。
その後、末次先生は1983年に幸谷小学校の初代校長先生として着任し、ケンポナシの葉をモチーフとした校章を制定しました。ケンポナシの葉の、基部から分岐する3主脈と、幸谷小学区(幸谷・二ツ木・三ケ月)の3地区を重ねての制定です。
幸谷小学校の玄関・昇降口前には、卒業記念の3本のケンポナシが植樹されています。

210219kenponasi-1

さて、幸谷小学校のケンポナシには、育む会が製作した「説明ラベル」が設置されていますが、色が褪せてきました。そこで、耐光性屋外用インク使用の新しいラベルに交換してきました。

210219kenponasi-2

(山田)

« 梅の剪定・河津桜とメジロ | トップページ | 「上の橋」開通式 »

ケンポナシ」カテゴリの記事

関さんの森近隣」カテゴリの記事

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ