« ヤマガラとカヤの実 | トップページ | “くぬぎの森”でどんぐり拾い(砂原保育園) »

2020年11月 5日 (木)

小金北小学校3年生・里山体験

今日は小金北小学校の3年生65名が、関さんの森で里山体験をしました。

201105seki-1

関さんの森では、築235年になる雑蔵を整備し、昔の生活道具などの展示を昨年からはじめています。

201105seki-2

こどもたちは、背負子を背負ってみたり、

201105seki-3

石臼で大豆を挽いてみたり、

201105seki-4

枡を使って米の量を測ってみるなどの体験をしました。

201105seki-5

屋外では、雑蔵以外の蔵を見学。下の写真は、木小屋を見学しているところです。

201105seki-6

また、関さんの庭にある柿の古木や、柿の実を観察したり、

201105seki-7

隣との境界に植えてある火伏せ(火除け)のモチノキを観察しました。

201105seki-8

木登りをするこどももいました。

201105seki-9

今回、小金北小学校のこどもたちを迎えるにあたり、2クラスのこどもたちを4つのグループ(1516)に分け、雑蔵を含めた4つの体験・観察ポイントには、体験・説明のための担当者を配置しました。
4つのグループは、20分毎に鳴る笛を合図に、4つの体験・観察ポイントを移動しますが、各グループには引率の先生のほか、順路案内の同伴者を配置するなど、スタッフ12名で対応しました。
こどもたちの好奇心と、先生方やスタッフの協力で、スムーズに里山体験の企画・運営をおこなうことができました。ありがとうございました。

なお、この日、ケンポナシの古木をチェックしたところ、実が落ちていることを確認しました。

201105kenponasi

(山田)

« ヤマガラとカヤの実 | トップページ | “くぬぎの森”でどんぐり拾い(砂原保育園) »

ケンポナシ」カテゴリの記事

学校の利用」カテゴリの記事

門と蔵」カテゴリの記事