« 2020年9月 | トップページ

2020年10月

2020年10月27日 (火)

幸谷小2年生自然体験

今日は幸谷小学校2年生84名が、関さんの森で自然体験。8月に続いて今年2回目です。
まずは「くぬぎの森」で、葉やドングリなど、アートの素材などを採集しました。

201027seki-1

関さんのお庭でも素材を採集しました。
また、お庭では、キツリフネが実をつけていました。キツリフネはホウセンカの仲間です。さわるとパッチン、タネがはじけて飛びます。

201027seki-2

そして屋敷林。イノコズチで“やじろべえ”を作って遊びました。

201027seki-3

201027seki-4

(山田)

2020年10月22日 (木)

秋の里山収穫体験

今日は、亀有にある砂原保育園のこどもたちが、関さんの森で『秋の里山収穫体験』です。
まずは、今日の見どころを、関さんから教わります。

201022seki-1

この日は、関さんの森農園に行って、落花生を収穫しました。落花生は、花は地面の上で咲くのに、実は地面の下。不思議な作物です。

201022seki-2

ここで、記念写真。
収穫した落花生は、塩ゆでにして、お土産になりました。

201022seki-3

関さんのお庭にもどったこどもたちは、雑蔵に入りました。ここには、昔の生活道具が展示してあります。石臼を使って、煎った大豆から“きなこ”をつくりました。

201022seki-4

蔵から出たら、お庭の探検です。カキの実が食べごろですが、高いところにあるので手は届きません。先を割いた長い竹を使って収穫しました。これもお土産です。

201022seki-5

201022seki-6

昼食後のデザートは、白玉団子に“きなこ”と“あんこ”をトッピングしたもの。

201022seki-7

その後、育む会がつくった『石臼じいさん』の紙芝居を上演。

201022seki-8

こどもたちは、秋のうたを歌い、関さんの森を後にしました。

201022seki-9

(山田)

2020年10月18日 (日)

カントウヨメナ・オナモミ・カキの紅葉

関さんのお庭では、カントウヨメナが花盛り。朝露が輝き、美しいです。

201018kantouyomena

メナモミの花も咲いていました。変わった形の花です。

201018menamomi-1

黄色い花(花序)のまわりに棍棒状のモノが付いていますが、粘液が分泌されており、ネバネバします。メナモミのタネは、このネバネバした棍棒状のモノとセットで運ばれます。

201018menamomi-2

カキの葉が、美しく紅葉していました。手作りのクッキーをみせてみました。

201018kaki

今日は定例作業日。道路沿いのつる植物の剪定などをおこないました。

201018seki

(山田)

2020年10月15日 (木)

幸谷小1年生が自然探検

今日は幸谷小の1年生が関さんの森で自然探検。当初、10月1日(木)の予定が雨、予備日の8日(木)も雨、今日15日(木)もダメかなと思いましたが、何とか実施することができました。

201015seki

関さんのお庭では、キツリフネの実をつまんでパッチン。ホウセンカのなかまなので、タネは弾けて飛びます。

201015kitsurifune

キツリフネには、緑色のバッタのなかまがいました。たぶん、ヒメクダマキモドキだと思います。

201015kudamakimodoki

その後、屋敷林に向かいましたが、遊んでいる途中で雨。早めに学校にもどりました。

(山田)

2020年10月 6日 (火)

キンモクセイ満開

関さんのお庭、道路際のキンモクセイが満開です。

201006kinmokusei-2

樹齢は、100年以上と思われます。幹も太いです。

201006kinmokusei-1

201006kinmokusei-3

(山田)

2020年10月 4日 (日)

10月の定例作業

今日は、関さんの森の定例作業日です。育む会のメンバーのほか、小金高校放送局5名、松戸四中2名、地域活躍塾2名、自然や歴史に興味があるという女性1名、計25名が作業に参加。道路周辺の草刈りやつる植物の剪定、ゴミ拾い、さらに屋敷林の危険木の処理などをおこないました。

下の写真は、小金高校の放送局の生徒たち。関さんにインタビューしたり、育む会の活動などを取材し、番組を製作するとのことです。

201004seki-1

下の写真は、道路周辺のつる植物の剪定です。

201004seki-2  

松戸四中生徒、地域活躍塾等の皆さんは、初参加ということで、関さんの森を見学した後、道路周辺のゴミ拾いです。

201004seki-3

ところで、関さんのお庭で、ダイミョウセセリの成虫をみつけました。セセリチョウでは珍しく、翅をひろげてとまります。

201004daimyouseseri-1

食草であるヤマノイモの葉を探すと、幼虫の住処がありました。ヤマノイモの葉を折り曲げ、糸でつづっています。

201004daimyouseseri-2

ところが、葉を開いてみると、幼虫は不在。そのかわりに、黄色い小さな繭がありました。コマユバチのなかまのマユでしょう。

201004daimyouseseri-3

別の住処には、大きな幼虫がいました。頭部はネコのようで、とてもかわいいです。

201004daimyouseseri-4

(山田)

2020年10月 3日 (土)

東京農業大学・佐藤孝吉先生と学生実習の打合せ

東京農業大学・森林総合科学科の佐藤孝吉先生(森林経営学)と学生2人が、関さんの森を訪問。11月におこなわれる学生実習の打合せをおこないました。
実習本番では、都市に残る森の現状や大切さ、維持管理のための課題などについて、若い人たちに伝えたいと思います。

201003seki  

ところで、今、関家屋敷・道路ぎわのキンモクセイが花盛りです。

201003kinmokusei-1

201003kinmokusei-2  

また、お庭の河津桜が狂い咲き。この夏の猛暑で多くの葉が落ちたこと、ここ数日の暖かさで開花したのでしょう。

201003kawazuzakura

思川桜も狂い咲き。塀ぎわ(百年桜の南)なので、塀の外からも見えます。

201003omoigawa

ちなみに、思川桜は十月桜の突然変異です。十月桜は、4月と10月の年2回開花しますが、思川桜は4月のみ。また、思川桜の花弁はピンク色ですが、今回の狂い咲きでは、白い花が咲いています。今年の4月に咲いた思川桜は、こんな花です。

200405omoigawa

 (山田)

2020年10月 1日 (木)

10月の行事予定

新型コロナウイルスの感染拡大が心配されます。状況によっては、活動を中止する可能性もあります。活動等に参加される場合は、HPでの情報を確認してください。
参加される場合は、マスク等を使用するなど、感染拡大防止をお願いします。また、季節がら、蚊対策(防虫対策)をお願いします。

*関さんの森の活動に関心のある方は、第一日曜・第三日曜の定例作業にご参加ください。
*関家屋敷内の見学は第三日曜日です。10月は18日(日)です。
*定例活動は、雨天時は中止です。ただし、降雨の状況によっては、できる範囲で作業をおこなうことがあります。

==================

10月1日(木)
幸谷小1年生自然体験(9時より) →雨天中止

10月4日(日)
定例作業(10時より)
関さんの森会議(13時より) 

10月9日(金)
溜ノ上の森レディース定例作業(10時より) 

10月10日(日)
古文書の会(13時半より) 

10月18日(日)
定例作業(10より)
訪問者ガイド(1015)
関さんの森会議(13時より) 

10月22日(木)
砂原保育園里山体験(10時半より) 

10月23日(金)
溜ノ上の森レディース定例作業(10時より) 

================== 

11月1日(日)
定例作業(10時より)
関さんの森会議(13時より)

« 2020年9月 | トップページ