« 『思川桜』 | トップページ | キリシマツツジが満開 »

2020年4月14日 (火)

屋敷林のお散歩は安全に気をつけて・・・

昨年秋の台風により、屋敷林(旧こどもの森)は大きな被害をうけました。育む会は埼玉県生態系保護協会とともに、倒れた木や折れた枝などの処理を続け、散策路の整備を続けてきました。
森は現在も散策することができますが、まだ折れた枝が木にひっかかっているところが残っています。

一方、新型コロナウイルスの関係で、松戸市からは里山保全団体に対し、活動自粛が要請されました。育む会では、月2回の定例作業は当分の間中止としますが、散策路の整備など緊急度の高い作業については、今後も必要最小限の人数で継続していきます。

さて、新型コロナウイルスの関係で、屋敷林(旧こどもの森)を散策される方が増えているように思います。
当面の対策として、屋敷林の2つの入口に、下のような看板を設置しました。散策される際は、じゅうぶんにお気をつけください。ご協力をお願いいたします。

200414seki0

======================================

南口に設置した看板です。北口にも看板が設置してあります。

200414seki-1

通行できる散策路でも、危ないところには看板をたてました。

200414seki-3

奥の橋は腐朽がすすみ、危険です。修理が終わるまでは、通行禁止とさせていただきます。

200414seki-4

南口・北口以外にも、森に入れるところがありますが、危険なので、ここから森へは入らないでください。

200414seki-2

危険な枝を、長い竹竿を使って落している様子です(2020315日)。

200315seki-1

屋敷林(旧こどもの森)は、関家先代の関武夫さんが、都市化によって失われた自然の遊び場をこどもたちに提供しようと、1967年に松戸市を通じて開放したのがはじまりです。散策される際は、じゅうぶんにお気をつけください。

200414seki-5

(関さんの森を育む会)

« 『思川桜』 | トップページ | キリシマツツジが満開 »

屋敷林(旧こどもの森)」カテゴリの記事

関さんの森」カテゴリの記事