« キリシマツツジが満開 | トップページ | 5月の行事予定 »

2020年4月25日 (土)

オトシブミの揺籃作り

関さんの森の屋敷林(旧こどもの森)、少しずつ維持管理作業をおこなっています。この日も会員がひっかかった枝をいくつか除去しました。散策されていた方が手伝ってくださいました。ありがとうございます。
それでも、まだまだ残っています。散策される方は、じゅうぶんに気をつけてください。

200414seki0

さて、屋敷林には湧水池がありますが、ほとりにエゴノキが1本生えています。いま、このエゴノキでは、オトシブミ(エゴツルクビオトシブミ)が揺籃をつくっています。
揺籃とは、オトシブミが葉をまるめてつくるもので、中に卵が入っています。孵化した幼虫は、この中でゆらゆら揺られながら、まわりの葉を食べて育ちます。

200424egotsurukubiotosibumi-2

この日、揺籃をつくっている様子を観察しました。
見つけたのは9時30分でしたが、すでに葉の上部の切れ込みは終わっていました。

200425egotsurukubiotosibumi-1

その後、10時から葉を巻き始め、完成したのが11時20分でした。

200425egotsurukubiotosibumi-2

200425egotsurukubiotosibumi-3

200425egotsurukubiotosibumi-4

200425egotsurukubiotosibumi-5

200425egotsurukubiotosibumi-6

200425egotsurukubiotosibumi-7

200425egotsurukubiotosibumi-8

(山田)

« キリシマツツジが満開 | トップページ | 5月の行事予定 »

屋敷林(旧こどもの森)」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事