« 砂原保育園・森の卒園式 | トップページ | ジロボウエンゴサク・アオキ »

2020年3月15日 (日)

屋敷林の安全確認をすすめています

今日は関さんの森の定例作業日。21人が作業をおこないました。
今日の作業は、屋敷林の維持管理。昨年秋の台風により、折れた枝がいくつか木に引っ掛かったまま残っています。
たとえば、下の写真は、イヌシデに引っ掛かったスギの折れた枝。今日は、8本を落しました。

200315seki-1

育む会では、安全に散策できるよう安全確認を続けていますが、まだまだ心配です。風が強い日は森に入らないようにしてください。また、散策路以外には立ち入らないようにしてください。

このほかには、幸谷交差点の花壇の植え替え、むつみ梅林の剪定枝の処理、都市計画道路周辺のゴミ拾いなどをおこないました。

200315seki-2  

さて、今年の桜は、早いようです。関さんのお庭では、百年桜(染井吉野)の蕾が、大きくふくらみ、もうすぐ開花します。

200315someiyosino  

大島桜は、全体としては2分咲き程度と、10種類ある桜の開花が続いています。

200315oosimazakura

屋敷林では“Spring ephemeral(春の妖精)とも呼ばれる植物が咲きはじめています。下の写真はジロボウエンゴサク。例年は4月になってから咲きはじめますが、今年は2週間ほど早く咲きはじめています。

200315jirobouengosaku

(山田)

« 砂原保育園・森の卒園式 | トップページ | ジロボウエンゴサク・アオキ »

作業班」カテゴリの記事

定例作業」カテゴリの記事

屋敷林(旧こどもの森)」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事