« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月28日 (金)

トラツグミがいました(溜ノ上の森)

今日は溜ノ上レディースの定例作業日です。多様な生き物たちを育む森にするため、女性中心のグループが、月に2回の維持管理作業をおこなっています。

この日、珍しい野鳥を確認しました。トラツグミです。作業中に、林床おりていたものをメンバーが発見しましたが、その後、木の上に移動。全員でじっくり観察することができました。

200228toratsugumi

トラツグミは、平家物語などでも登場する妖怪「鵺(ぬえ)」の正体とも言われている野鳥。トラツグミは、夜に「ヒョーヒョー」と寂しげに鳴くことから、この声は気味悪がれ、妖怪「鵺」とされていたようです。
溜ノ上の森は、住宅に囲まれた小さな森ですが、トラツグミがいるなんて、驚きです。

さて、2月も末になり、溜ノ上の森にも春の気配が見られるようになりました。ウグイスカグラが咲きはじめしまた。

200228uguisukagura

一方、多くの落葉樹は、まだ新芽はかたく、冬芽の状態です。
下の写真はハリギリ。

200225harigiri

下の写真はゴンズイ。

200228gonzui

この日は、レディース7名、ナイト3名が維持管理作業をおこないました。

200228tamenoue

(山田)

2020年2月21日 (金)

冬の自然観察会/関さんの森の奇跡・トークイベント

今日は、関さんの森・冬の自然観察会。陽気に誘われ、80名が参加。新松戸駅から関さんの森を経由し、北小金・東漸寺までを歩きました。

200221seki

見どころは、やはり関さんの森。関さんのお庭では、河津桜、カントウタンポポ、ネコヤナギ(花芽)などを観察しました。

200221kawazusakura

200221kantoutanpopo

200221nekoyanagi

終点の東漸寺では、タラヨウの葉を観察しました。さっそく、落ちた葉に字を書いてみると、黒く変色。これが「葉書」の語源という話もあります。

200221tarayou

一方、午後7時からは、神田・神保町の農文協・農業書センターで、『「関さんの森」の奇跡』のトークイベントが開催されました。新型コロナウィルスが心配される中、約40名が参加しました。

200221seki-1

トークイベントでは、著者である関啓子さんが、本には書かなかった部分の話、ノンフィクション作家を目指す思いや苦労などを語りました。

200221seki-2_20200224204801  

(山田)

2020年2月20日 (木)

明日は冬の観察会

明日は、関さんの森・冬の観察会。その準備で、関さんのお庭の案内パネルを一部交換しました。
たとえば、百年桜(ソメイヨシノ)の案内パネル。新しい年を迎え、114歳を115歳に修正。もちろん、まだ蕾はかたく、花はまだまだです。

200220seki

桜といえば、早咲きの河津桜が2分咲きです。

200220kawazusakura

むつみ梅林の梅は、全体的には4分咲き程度。

200220ume-1

白加賀、南高梅に続き、遅咲きの豊後梅も咲きはじめました。

200220ume-2

一方、関さんのお庭では、ミツマタの花が咲きはじめています。さすがジンチョウゲの仲間だけあって、いい香りがします。

200220mitsumata

明日はどうやらいい天気。観察会が楽しみです。

(山田)

2020年2月16日 (日)

手作りペンダント

今日は、定例作業日でしたが、あいにくの雨。作業は中止とし、午前中から会議をおこないました。

会議が終わった後は、手作りペンダントの仕上げ作業。砂原保育園の子どもたちにプレゼントするものです。

200216seki

午後になると雨もやみました。関さん宅のお庭に咲く、河津桜です。

200216kawazusakura

ミツマタも咲きはじめています。

200216mitsumata

ネコヤナギの花芽は、まだ綿毛につつまれています。

200216nekoyanagi

(山田)

2020年2月15日 (土)

「関さんの森」の奇跡

関さんの森は、道路の問題を抜きには語れません。

幸谷地区の自然を守るために、先代の関武夫さんは1976年に「建設する都市計画道路は地下を通してほしい」と、地域の人たちと市議会に陳情。採択されたものの、地上ルートで工事が進んでいきました。

武夫さんの遺志をついだ関美智子さん姉妹は、2008年の強制収用の危機を、支援する多くの市民とともに乗り切ります。そして2019年8月、迂回道路が都市計画道路に変更され、関家二代にわたった道路問題が最終決着したのででした。

さて、このたびノンフィクション 『「関さんの森」の奇跡』 という本が出版されました。著者は、当事者でもある関啓子さん(関美智子さんの妹)です。

Sekisannomorinokiseki-606x900

タイトル・・・「関さんの森」の奇跡
サブタイトル・・・市民が育む里山が地球を救う
著者・・・関啓子(一橋大学名誉教授)
発行・・・新評論/四六判並製320ページ
定価・・・2,640円(本体2,400円+税)

出版を記念して、トークイベント(関啓子さんの講演)があります。

日時・・・2月21日(金)19時~20時
場所・・・農文協・農業書センター(千代田区神保町2-15-2富士ビル3階)
交通・・・地下鉄「神保町」駅A6出口より徒歩30秒
備考・・・事前予約不要/入場無料

 

2020年2月14日 (金)

メジロ

むつみ梅林の早咲きの梅は、満開。メジロの群れが蜜を吸いにやってきました。

200214mejiro-3

200214mejiro-2

200214mejiro-1

お庭の河津桜も、花が増えてきました。

200214kawazusakura

(山田)

2020年2月 8日 (土)

門と蔵再生事業・学習会

今日は、関さんの森・門と蔵再生事業。丸山純先生(前千葉県文化財保護審議会委員)を招いての学習会でした。
学習会では、毎回宿題が出されます。今回の宿題は、「記憶に残る書斎、仕事場等のスケッチを描いて説明すること」でした。参考書は、妹尾河童著『河童が覗いた「仕事場」』です。
さて、当日は参加者が発表したのは、高校時代の自分の部屋、大学時代の下宿の部屋、こどもの部屋、今の仕事場など多様でした。

200208seki

なぜ、このような宿題が出るのでしょうか。じつは、関家の蔵に『脇な蔵』と呼ばれる蔵があり、そこは関家先代の関武夫さんが書斎として使用していました。門と蔵再生事業の一環で、武夫さんの書斎を再現しようという構想があるからです。
『関さんの森』は、関武夫さん抜きには語れません。幸谷地区の自然を守るために、「道路を地下に通してほしい」と先頭にたって運動した武夫さん。その遺志をついだ関美智子さん姉妹は、お父さんが大切にしていた屋敷林を自然保護団体に寄付。そして、道路問題も引き継ぎ、強制収用の危機を乗り切ったのです。

この日、都市計画道路から守った関さんのお庭では、カントウタンポポが咲いていました。外来種や雑種が増える昨今、松戸で在来種のカントウタンポポが見られる場所は、ほとんどありません。

200208kantoutanpopo

また、新蔵の脇では、早咲きの河津桜が咲きはじめていました。

200208kawazusakura

節分・立春もすでに過ぎ、春の気配がただよってきました。

(山田)

2020年2月 2日 (日)

エナガ・ニワトコ・サンショウ

今日は、第一日曜日、定例作業の日です。

この日のおもな作業は、むつみ梅林の剪定、都市計画道路周辺のゴミ拾いでした。

200202seki

関さんのお庭には、エナガの群れがいました。

200202enaga

屋敷林では、ニワトコの冬芽&葉痕。こびとの顔みたいで、かわいいですね。

200202niwatoko

エノキの森には、サンショウの冬芽&葉痕。何となくコウモリのように見えます。

200202sansyou

(山田)

2020年2月 1日 (土)

2月の行事予定

*関さんの森の活動に関心のある方は、第一日曜・第三日曜の定例作業にご参加ください。

*関家屋敷内の見学を希望される方は、第三日曜日においでください。2月は16()です。

 ==================

2月2日(日)
定例作業(10時より)
関さんの森会議(13時半より)

2月4日(火)
梅剪定臨時作業(13時半より)

2月8日(土)
丸山先生学習会(13時より)

2月12日(水)
砂原保育園里山体験(10時半より)

2月12日(水)
梅剪定臨時作業(13時半より)

2月14日(金)
溜ノ上レディース定例作業(10時より)

2月16日(日)
定例作業(10時より)
見学ガイド(10時~15)
関さんの森会議(13時半より)

2月21日(金)
関さんの森・冬の観察会(10時新松戸駅)

2月21日(金)
梅剪定臨時作業(13時半より)

2月21日(金)
「関さんの森の奇跡」出版記念トークイベント
農文協・農業書センター(19時より)

2月28日(金)
溜ノ上レディース定例作業(10時より)

=================

3月1日(日)
定例作業(10時より)
関さんの森会議(13時半より)

3月4日(水)
幸谷小学校2年生自然観察会(9時半より)

3月10日(火)
砂原保育園里山体験(10時半より)
かやの木文庫会議(13時頃より)

3月13日(金)
溜ノ上レディース定例会(10時より)

3月15日(日)
定例作業(10時より)
見学ガイド(10時~15)
関さんの森会議(13時半より)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »