« 里山スクール「都市の里山を知る」 | トップページ | ザリガニ釣り(そうか草花保育園) »

2019年6月16日 (日)

梅とスモモの収穫/池のそうじ

6月の定例作業は、梅の収穫がメイン。今日は親子連れ5家族がこどもたちと一緒に梅の収穫をしました。おもに、梅干し用に「南高梅」の収穫です。今年は豊作です。

190616seki-2

190616seki-3

関さんの森農園では、スモモも熟しはじめました。今週は、保育園のこどもたちがやってくるので、いいおやつになります。

190616seki-1

一方、作業班の人たちは、湧水池の清掃。2日後には保育園のこどもたちがザリガニ釣りをおこなう予定です。

190616seki-4

作業班の人たちは、湧水池の清掃後、花壇の整備をおこないました。

190616seki-5

ところで、湧水池の脇にエゴノキがあります。このエゴノキに、エゴツルクビオトシブミという小さな甲虫がいました。

190616egotsurukubiotosibumi-2

この甲虫は、葉をまるめて、中に産卵します。これを「揺籃」といいます。オトシブミ類の中には、つくった後に切り離し、地面に落とすものもいます。「落し文」の名前の由来です。ですが、エゴツルクビオトシブミの場合は、切り放さずにそのままぶらさがっています。

190616egotsurukubiotosibumi-1

中で孵化した幼虫は、まわりの葉を食べて大きくなり、やがてこの「揺籃」から出てきます。

(山田)

« 里山スクール「都市の里山を知る」 | トップページ | ザリガニ釣り(そうか草花保育園) »

むつみ梅林」カテゴリの記事

作業班」カテゴリの記事

定例作業」カテゴリの記事

湧水池」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ