« 8月の行事予定 | トップページ | 夕涼みの会 »

2018年8月 5日 (日)

Let's体験!!2018・竹の伐採体験

“Let's体験!!2018”は、松戸市民活動サポートセンターが主催する中学生~20代の若者を対象とした、夏休みのボランティア体験講座。松戸市内50の各団体が受け入れを表明し、当会には中学生~社会人の12名がボランティア体験をしました。

関さんの森での体験内容は、増えすぎたタケの伐採作業です。関さんのお庭で開会した後、まずはタケについてのお勉強。

180505seki_1

180505seki_2

かつて竹材は多目的に利用され、竹林は適切に管理されていました。しかし、近年、竹材の利用が激減し、竹林は手入れされずに荒れていきました。増えすぎたタケを適度に伐採することが、生物多様性の維持にも必要です。

180505seki_3

さて、屋敷林に移動です。竹の伐採に必要なノコギリなども一輪車で運びます。

180505seki_4

屋敷林に着いたら、伐採のしかたを学びます。

180505seki_5

学んだ後は、3つの班に分かれて伐採。竹林の健康を保つために、増えすぎたタケを間引いたり、雪の重みで曲がったタケなどを主に伐採します。

180505seki_6

とくに、雪の重さで曲がったタケをそのまま切ると、切り口から上の部分がはぜる(裂けてはじける)ので危険です。そこで、下の写真のように、切り口の上をあらかじめヒモでしばっておきます。

180505seki_7

伐採したら、タケを3m程度に切り分けます。

180505seki_8

さらに、枝を棒でたたき落します。

180505seki_9

こうした作業を30分続けて、いったん休憩。熱中症対策に、30分たったら水分補給と塩分補給です。塩分の補給は、関さんの森の手作り梅干しです。

180505seki_10

休憩後は、さらに30分ほど伐採作業。
そして、伐ったタケを前景に記念写真。みんないい汗をかいて、すてきな表情です。
皆さんのおかげで、関さんの森の竹林は健康をとりもどしました。

180505seki_11

----------------------------------------------

体験終了後は、関さんのお庭にもどり振り返り。スイカで水分補給、茹でたジャガイモに塩とバターで、塩分とカロリー補給をしました。

180505seki_13

最後に、本日屋敷林で見つけた生き物です。まずは、アブラゼミの脱け殻。

180505aburazemi

屋敷林には、アブラゼミのぬけがらがたくさん。集めて丸く並べてみました。ただし、真ん中の脱け殻はニイニイゼミです。

180505semi

赤トンボのなかま、ノシメトンボです。翅の先端が黒くなっているのが特徴です。

180505nosimetonbo

「黄色いクモがいる!」との声にかけつけてみると、コガタコガネグモでした。本来は網を張ってその中央にとまっているのですが、知らないうちに網を破って落ちてしまったようでした。

180505koganegumo

(山田)

« 8月の行事予定 | トップページ | 夕涼みの会 »

ボランティア体験」カテゴリの記事

屋敷林(旧こどもの森)」カテゴリの記事