« 関さんの森・仕事はじめ | トップページ | ベニシダレザクラの強剪定 »

2018年1月11日 (木)

高所作業車によるクヌギの枝の伐採

関さんの森の南側にあるクヌギは、周辺に建物が無い時代にのびのびと育っていました。隣接地に住宅が建ったこともあり、伸びすぎた枝を剪定しました。

今日は関さんから依頼を受けた(株)富士植木の職員が朝から枝の伐採作業です。作業に伴う経費は地権者の負担です。都会の緑を維持するのは大変です。

180111seki1

道路を通行止めにして、交通整理を含めスタッフ9名が、高さ20mの高所作業車を使っての枝切り作業。クレーンのゴンドラ上の2人は、切った枝をその都度ロープを使って地上に下ろします。上空は一段と寒く、狭い道路上で電線も通るなど厳しい作業条件でしたが、1日半かけて作業は無事終了しました。

180111seki2

180111seki3

作業終了時点のクヌギの姿です。枝の位置は道路の中心部に留まっています。

180111seki4

切り取った枝です。枝の径は最大で直径12㎝以上もありました。以前に切った枝先に新しく伸びた枝の年輪から推定すると、前回より12年程経っていることが分かりました。

180111seki5

なお、クヌギの材は薪や椎茸栽培の原木としての活用が考えられます。今後、育む会で検討していきたいと思います。

(木下)

« 関さんの森・仕事はじめ | トップページ | ベニシダレザクラの強剪定 »

グランド(子どもの広場)」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事