« 秋の山を楽しむ草加園児 | トップページ | 幸谷小学校1年生が森の探検 »

2016年10月 2日 (日)

キンモクセイが満開

関家の古い門脇のキンモクセイが満開になりました。樹齢は正確にはわかりませんが、100年以上の古木です。

161002kinmokusei_2

かつては小道をはさんだ左側にもキンモクセイがあり、小道はキンモクセイのトンネルになっていました。
道路工事によって、左側のキンモクセイは関家の屋敷内に移植しました。

161002kinmokusei_1

今日は天気が良く、チョウがたくさん待っていました。

下の写真はウラナミシジミ。ウラナミシジミは秋になると、松戸にも姿を見せます。
このチョウは松戸では越冬できず、冬に死に絶えますが、館山あたりでは越冬できます。翌春、冬を越したウラナミシジミは世代を繰り返しながら北上し、秋になって松戸にたどりつくのです。

161002uranamisijimi

関家の庭では、キタキチョウがハギの花で吸蜜していました。

161002kitakicyou_1

もしかして…と探してみると、ハギの小枝にキタキチョウのサナギもありました。黄色い翅が透けて見えます。明日あたり羽化するものと思われます。

161002kitakicyou_2

« 秋の山を楽しむ草加園児 | トップページ | 幸谷小学校1年生が森の探検 »

樹木」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事