« Skypeを使って会議 | トップページ | ツクシ・ハナモモ・ミザクラ »

2016年3月 6日 (日)

門と蔵再生事業

第一日曜日は定例作業日。蔵の前の河津桜は満開です。

160306kawazusakura_2

お庭では、ネコヤナギが咲き始めました。

160306nekoyanagi_2

下の写真は、ネコとヤナギです(笑)。

160306seki_6_2

午前中は、屋敷林の維持管理作業、おもに順路整備をおこないました。

160306seki_1

午後からは、地元建築士の方々と「門と蔵再生事業」について、打ち合わせと蔵の見学(調査)をおこないました。

160306seki_3

この事業は3年計画で、傷んだ門や蔵の修理をしながら収納物を整理し、保存と活用をはかるものです。

まずは天明5年(1785年)に建てられた一番蔵(雑蔵)です。

160306seki_4_2

蔵の中に入ると、まず目についたのは梅干しでした。申年の梅干しは身体にいいといいますが、昭和43年(申年)のものがありました。表示が不鮮明なものも多く、100年物もあるということです。この他に、笊、杵、桶等の民具がたくさんありました。

160306seki_5_2

二番蔵(新蔵)は、一階は育む会の作業道具等の収納スペース。この日は二階に登ってみました。

160306seki_7

長持が並んで置いてありますが、中に何が入っているのか、わくわくします。
今回の「門と蔵再生事業」では、ゆくゆくは、収納してある民具・古文書や関さんの森の写真などを展示するスペースとしても、蔵を活用したいと考えています。

« Skypeを使って会議 | トップページ | ツクシ・ハナモモ・ミザクラ »

作業班」カテゴリの記事

定例作業」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

門と蔵」カテゴリの記事

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ