« オープンフォレスト | トップページ | オープンフォレスト最終日 »

2015年5月21日 (木)

関さんの森 初夏の自然観察会

快晴の中、恒例の初夏の自然観察会が関さんの森・溜ノ上の森で行なわれました。参加者は36名、スタッフは10名。
この観察会は、生物多様性を理解するための活動「グリーンウェイブ」の一環として、また同時この週に行われている「オープンフォレストin 松戸」のタイアップイベントとして、実施されました。

集合場所新松戸駅のそばでスタート前の挨拶・お知らせがあり、さっそく4班に分かれて順次幸谷観音へ向かいます。

10521seki1

幸谷観音ではモッコクの大木などを見学。

10521seki2

次は関さんの森。
全員が集合したところで関美智子さんから歓迎のあいさつ、スタッフより「生物多様性条約」と「グリーンウェイブ」の話があった後、庭や江戸時代の門、蔵、熊野権現、樹齢200年以上のケンポナシなどを見学。

10521seki3

庭の生垣は、イヌツゲが長年にわたり維持された結果、いわゆる混ぜ垣となり20種以上の樹種からなっている、生物多様性の見本。

10521seki5

庭の後は北がわにある屋敷林へ。低地部にあるへビの様に横に伸びたイヌシデは、こどもたちが木登りをして楽しむ木です。

10521seki6

屋敷林の後は、溜ノ上の森へ向かいます。

ここは、女性たちが中心になって保全活動を行っている明るい森で、竹林もあり毎年たくさんのタケノコが取れます。
竹林の中を散策の後、ヤツデの観察です。はっぱは何枚に分かれているでしょうか??

10521seki9

最後はベンチに座ってアンケート記入と懇談で盛り上がりました。

10521seki10

参加者からの声を一部紹介。

「家の周りに荒れた竹林が多いのですが、こんあにきれいな竹林を見てとっても感動しました」
「草花の説明がとてもわかりやすく詳しいのにおどろきました。ほんとに皆さんすごいです。そんなに覚えるにはどうしたらできるの?」

からっとした気持ちのいい天気の中、「もっとこの森にいたいね」などと、わかれを惜しむ観察会でした。またおいでください。

« オープンフォレスト | トップページ | オープンフォレスト最終日 »

イベント報告」カテゴリの記事

溜ノ上の森」カテゴリの記事

関さんのお庭」カテゴリの記事

関さんの森」カテゴリの記事

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ