« そうめん流しの集い | トップページ | 『里山ボランティア養成コース』受講生が訪問 »

2014年8月 3日 (日)

政啓談話会

山中啓之議員(松戸市議)の『政啓談話』が、この日の午前中、関さんの森(屋外)にて開催されました。話題はおもに、都市計画道路3・3・7号線に関することです。

140803seki1

それにしても暑い日が続きますが、森の中は涼しい。蚊とり線香と防虫スプレーがあればだいじょうぶです。

140803seki2

『政啓談話』後は、軽作業をしたり、育む会の会議。この日の見学者は2名でした。

ところで、関家屋敷の生垣は、ツヌツゲをベースとしながらも、いろんな樹木が混ざる“混ぜ垣”です。その中には、シロダモ(クスノキ科)も混ざっており、アオスジアゲハが産卵していました。下の写真は、シロダモの新芽にとまったところですが、この後腹部を曲げて、末端を新芽にくっつけていました。

140803aosujiageha1

調べてみると、ちゃんと卵がありました。

140803aosujiageha2

“混ぜ垣”の中には、エノキも混ざっています。ていねいに探してみると、ゴマダラチョウ類の卵がありました。

140803akabosigomadara1

ゴマダラチョウ類の成虫は、クヌギの樹液を吸いにきます。旧子どもの広場のクヌギの木を探してみると、アカボシゴマダラがいました。

140803akabosigomadara2

この日、アカボシゴマダラ5頭がクヌギの木にいましたが、ゴマダラチョウは0。
今年になって、在来のゴマダラチョウの姿を見ることはほとんどなくなり、外来のアカボシゴマダラが急速に勢力を拡大しているようです。

« そうめん流しの集い | トップページ | 『里山ボランティア養成コース』受講生が訪問 »

生き物」カテゴリの記事

訪問者・訪問団体」カテゴリの記事

道路問題」カテゴリの記事