« 梅が開花 | トップページ | ケンポナシ移植作戦 »

2014年1月27日 (月)

冬は竹林整備の適期です

冬は寒いが竹林の整備作業には最適期です。
やぶ蚊はいないし、汗は掻かないし、切った竹は水分が少なく虫がつかないから利用に適しているからです。

2月1日の「ケンポナシン移植作戦」に使用するタケの支柱を作ることも兼ねて、今日は臨時作業日なりました。場所はしばらく手入れがされていなかった森の入り口の竹林、枯れた竹も多くてヤブ状になっています。

140127seki1

枯れた竹、混んだ竹などをひたすら切り、枝を落として近くの柵の中に積んでいきます。

140127seki2

一通り作業が終りホットしたところ。たった4人でよくやったものだと自我自賛。

140127seki3

手前右の太い竹はタケトンボなどの竹細工用、左はケンポナシノ移植の際に使用する支柱用の材料で、なるべくお金を使わないよう努力です。
奥の柵の中は用途のないタケ材で、燃料にでも使いたいがワケがあって不可です。

140127seki4

2時間半の作業が終わった時点の竹林です。かなりすっきりしました。

140127seki5

関さんの屋敷前にある早咲きの梅の枝にも、だいぶ花が見られるようになりました。

140127ume

« 梅が開花 | トップページ | ケンポナシ移植作戦 »

屋敷林(旧こどもの森)」カテゴリの記事

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ