« 市民からも公園計画の変更要求の動き | トップページ | 『江戸時代の幸谷村のくらしと文化』 »

2013年11月 3日 (日)

伐採予定の樹木は……

問題になっている“関さんの森・屋敷林”隣の公園ですが、伐採予定の樹木の位置を調べてみました。

まずは、おさらいで、航空写真で見た公園の位置です。特別緑地保全地区として残すことが決まった屋敷林に、食い込むような形に位置しています。

3
(黄色:特別緑地保全地区,赤色:区画整理組合がつくる公園)

赤の枠内が公園の敷地ですが、市から提示された公園の計画図に、伐採予定の樹木の位置をのせてみました。
ちなみに、地図上・斜線で示した部分は、急斜面なので遊具等をおけるはずはありません。この部分に生えている樹木はそのまま残すそうです。

2

で示したのが、当初伐採予定だったシラカシですが、これは交渉の結果、残ることになりました。
しかし、で示した樹木は伐採し、新たにハナミズキを植えるとのこと。これではまるで、自然に生えている樹木を隠しているようなものです。

伐られる樹木の多くはアカガシ、残ることが決まったシンボル的な木はシラカシ。ともにドングリの木です。なにもあえて花木を植えなくても、ドングリの公園とし、都市の中に残る貴重な緑・関さんの森と一体化した公園にすればいい……というのが私たちの主張です。

ところで、今日は第一日曜日なので屋敷内を公開する日です。見学者は10名、それに関さんの森をテーマに卒論を書きたいという学生が2名訪れました。

また、フィールドコラボレーションという授業で関さんの森の活動に参加している千葉大生2名もきて、12月22日に実施予定のイベントの打ち合わせ。クリスマス直前ということで、こんなものをつくることを検討しています。

131103seki2

« 市民からも公園計画の変更要求の動き | トップページ | 『江戸時代の幸谷村のくらしと文化』 »

屋敷林(旧こどもの森)」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ