« 小金おやこでえいが会 | トップページ | アオスジアゲハの幼虫 »

2013年9月 1日 (日)

ゴマダラチョウとアカボシゴマダラ

9月1日は第一日曜日なので、見学者の案内をする日です。
それにしても暑い日が続きます。暑さのせいか今日は関家の門の前を通る人も少なく、見学者は高校生一人でした。

自転車に乗り、30分かけて関さんの森にきた高校生は生物好き。そこで、クヌギの樹液を吸うゴマダラチョウとアカボシゴマダラを見に行きました。
ゴマダラチョウは在来の蝶。アカボシゴマダラは、本来関東地方には分布しない蝶で、マニアによりゲリラ放蝶された『要注意外来生物』です。

1309014

アカボシゴマダラは、間近で見ることもできました。後翅の赤い斑紋が特徴です。
このアカボシゴマダラは後翅がボロボロですが、これは鳥の嘴に噛まれた痕です。

1309015

一方、カマキリに捕らえられて食べられているゴマダラチョウを見つけました。
どうせ食べるのなら、アカボシゴマダラにしてほしかったところです。

1309012

さて、この日は、屋敷林の維持管理作業もおこないました。
低地部分の草刈りです。ここは定期的に草刈りをして、草地の状態で維持したいと考えています。暑い中、お疲れさまでした。

1309013

« 小金おやこでえいが会 | トップページ | アオスジアゲハの幼虫 »

屋敷林(旧こどもの森)」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ