« 梅の小枝はいかが? | トップページ | 梅が開花 »

2013年2月 5日 (火)

フィールドコラボ発表会

千葉大学園芸学部緑地環境学科では、地域の市民活動に参加する中で、学生の自主性や創造力、コミュニケーション能力などを高めるための「フィールドコラボレーション」という講義があります。関さんの森を育む会には、今年も3名の学生が5月からの活動に参加しました。

下の写真は、6月17日(日)におこなった湧水池のそうじ。胴長を着て、冷たい湧水池に入り、ゴミを取り除きました。詳細は→こちら

120617seki4

この他にも、梅林の草刈り、そうめん流し、ツル植物への散水、夕涼みの会、新設道路周辺整備など、たくさんの活動に参加。
特に、12月16日(日)には、彼らの企画・進行により、小学生を対象にした環境教育講座「かくれた竹のちから!」を実施し、大成功でした。詳細は→こちら

121216seki02

そして、今日は学生たちがそれぞれの団体で学んだことを発表する会。関さんの森を育む会など7つの団体で活動した19名の学生たちが、パワーポイントを使ってその成果を発表しました。

130205seki

発表を聞いて、学生たちが教室内の講義では学べないたくさんの体験を積んだことがわかりました。
また、それぞれの団体も学生たちから学び、元気をもらったことがわかりました。
フィールドコラボレーションの講義はこれで終了ということですが、また森に来てくださいね。

« 梅の小枝はいかが? | トップページ | 梅が開花 »

ボランティア体験」カテゴリの記事

学校の利用」カテゴリの記事