« ビオトープ公園の樹木整備・大学生訪問 | トップページ | 環境教育講座・東葛自然観察会・梅の冬剪定 »

2013年2月24日 (日)

私園内道添いの樹木の分布とその人為的要因について

千葉県生物学会の2013年度会員研究発表会で、会員の岩田好宏さん(元県立千葉高校教諭)が、関さん宅のお庭の植物について発表しました。

130224iwata

発表のテーマは、『私園内道添いの樹木の分布とその人為的要因について-松戸市幸谷・「関さんのお庭」の場合-』です。
岩田さんは、お庭の小径4本について、道沿いに育つ樹木244本の種類、個体数、樹高、外傷の有無を調べました。そして、道の長さと個体数(密度)の関係、密度と自生率の関係、自生率と人為的受傷率などの関係について整理し、これらの樹木がどのような意図によって管理されているかを考察しました。
研究成果は、千葉生物誌に投稿されます。

« ビオトープ公園の樹木整備・大学生訪問 | トップページ | 環境教育講座・東葛自然観察会・梅の冬剪定 »

樹木」カテゴリの記事

関さんのお庭」カテゴリの記事