« ビオトープ公園でどんぐり拾い | トップページ | 竹林の整備と鎌ヶ谷からのお客さん »

2012年11月18日 (日)

道路の補修からカヤの実パン焼きまで

好天に恵まれ、今日はガイドツアーや定例作業にはもってこいの日。夕方3時過ぎまで、三々五々屋敷の訪問者がありました。
定例作業では、まず、むつみ梅林の土手から流れて歩道に30センチほどはみ出した土の撤去作業に取り組みました。

121118seki1

慣れない作業で大変でしたが、若者の頑張りで何とか終了し、歩きやすい道になりました。

121118seki2

次は来月のイベントに使用する隣の森にあるタケを切り出す作業。20本ほど用意出来ました。

121118seki5

並行して、作業グループは、屋敷林の歩道に安全のためのロープ張り作業。階段の両側にロープが張られました。

121118seki6_2

最後は、来月に予定しているタケを使った環境教室のメニューの一つである、カヤの実入りパン焼きのリハーサル。
2次発酵を終えたパンだねに、炒って荒く潰したカヤの実を加え、竹ずつに入れたり竹の棒の先に付けたりして焼きました。

121118seki3

結果は上々、香ばしいカヤの実パンはお昼のごちそうでした。

121118seki4

« ビオトープ公園でどんぐり拾い | トップページ | 竹林の整備と鎌ヶ谷からのお客さん »

作業班」カテゴリの記事

定例作業」カテゴリの記事

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ