« ケンポナシの芽吹き | トップページ | 草加おやこ劇場・環境パートナーシップちば »

2012年4月21日 (土)

ウラシマソウの花

関さんの森・屋敷林は、新緑の季節を迎えています。
低地の部分、ここは15年前は竹林でしたが、生物多様性を意識し、草むらを復元しています。毎夏、東葛看護専門学校の学生たちが竹を伐採し、草刈りをしています。

120421seki0

今、この草むらでは、春の野草が咲いています。
下の写真は、ムラサキケマン。ケシ科の植物です。

120421seki3

こんな妖しい花も咲いています。ウラシマソウ(サトイモ科)。紫色の花から、細い糸のようなものが伸びており、これを浦島太郎の釣り糸にみたて、ウラシマソウという名がついています。

120421seki1

紫色の部分は、本当は花弁ではなく、花の集まりを包む“苞(ほう)”と呼ばれるもので、専門的には“仏炎苞” といいます。
本当の花は、これを開くと奥にあるのですが、この植物は多年生で、性転換をします。若いうちはオシベだけをつけ、大きく成長するとメシベだけをつけるのです。
下の写真は、仏炎苞の一部を切ったところ。左側がメシベだけをつけた雌花で、右側がオシベだけをつけた雄花です。

120421seki2_2

花粉をつくるのに、あまり栄養は必要ないので、若いうちの性は雄です。これに対し、メシベをつけるためには、受精後に果実をつくる必要があります。果実をつくるためには栄養がたくさん必要ですから、ある程度成長した後に雄から雌へと性転換することになるのです。

さて、関さん宅のお庭では、チューリップが満開です。

120421seki_4

桜は、ソメイヨシノが散り、今は“大提灯”という品種が満開になっています。

120421seki5_2   

« ケンポナシの芽吹き | トップページ | 草加おやこ劇場・環境パートナーシップちば »

屋敷林(旧こどもの森)」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

関さんのお庭」カテゴリの記事

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ