« ゴマダラチョウの幼虫(溜ノ上の森) | トップページ | 関さんのお庭・開花が続く »

2012年3月31日 (土)

ヒサカキの花

いま、関さんの森の屋敷林(旧こどもの森)を歩くと、芳香というか、悪臭というか、ちょっと微妙な香りがただよっています。
この香りは、早春に開花するヒサカキ(ツバキ科)が発生源。この時期も活動しているハエなどに花粉を運んでもらうための微妙な香りです。

ヒサカキは雌雄異株。下の写真は、オシベだけが目立っていますから、雄花です。

120331hisakaki2

一方、下の写真は、メシベだけが見えるので、雌花です。

120331hisakaki1

神事に欠かせないサカキ(榊)は温暖な関東以南に生育していますが、これより北ではヒサカキを代用して使います。ヒサカキの名前は、サカキに似てサカキではないことから『非榊』を由来するという説と、サカキより小さいから『姫榊』を由来とする説があるようです。

なお、この日(3月31日)、屋敷林ではウグイスとヤマガラが鳴いていました。

« ゴマダラチョウの幼虫(溜ノ上の森) | トップページ | 関さんのお庭・開花が続く »

屋敷林(旧こどもの森)」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ