« むつみ梅林・春の野草 | トップページ | まつど学びの旅ウォーク »

2012年3月 4日 (日)

川除御普請村高地頭姓名覚帳

今日は見学者の方の案内と会議。午後からは『古文書の会』の定例会がおこなわれました。
『古文書の会』では、現在も目録作りの作業がおこなわれしています。

120304seki5

下の古文書は、天保年間におこなわれた『川除御普請村高地頭姓名覚帳』です。

120304seki6

関家は幸谷村の名主だったので、このような古文書が残っています。

120304seki7   

今日は昨日とは一変して寒い日。10名の方のご案内をしながら、合間をぬって炭火を囲んで会議です。炭火の上で焼いているのは、五平餅です。

120304seki2

五平餅は、4月8日に実施予定のイベント『関さんの森はなまつり』で提供する予定。今日は試作です。
本当は小枝などを燃やしたいのですが、放射能の関係で炭を燃やすことにしています。

120304seki3

フキノトウが開きはじめてきました。

120304seki4_2

ヤブツバキはすでに咲いています。花弁が傷ついていますが、たぶんメジロ(野鳥)が蜜を吸うときにとまった跡と思われます。

120304seki9

庭にモズがいました。

120304seki8

« むつみ梅林・春の野草 | トップページ | まつど学びの旅ウォーク »

古文書の会」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ