« 梅組の定例活動(2月) | トップページ | むつみ梅林・春の野草 »

2012年2月28日 (火)

ケンポナシの日陰になる梅の移植

立曳きにより移植したケンポナシの日陰になるウメの木の移植作業が始まりました。
重機が入らない場所のため、掘り取って根巻きをした後、人の力だけでウインチを使用して移動します。

120228ume1_2 

根巻きしたウメは30年生の大きな木、重量は1トン近くです。コンパネ合板の上に載せて、ウメの木の間を縫って、重機の入る場所まで地上を合板を曳いて行きました。
ウインチは、やぐらを組んだ高い位置から曳く場合と、

120228ume2

地上を平らに曳く場合とを組み合わせながら、15mほど移動して終りました。

今年はウメの開花が遅いので、この時期に何とか移植作業が出来たわけです。

120228ume3 

« 梅組の定例活動(2月) | トップページ | むつみ梅林・春の野草 »

むつみ梅林」カテゴリの記事

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ