« ケンポナシ移植準備(張り出した枝をたぐりよせる) | トップページ | ケンポナシ(親木)移植の工程表 »

2011年12月18日 (日)

今年最後の定例活動日

今日は今年最後の定例会。天気は快晴で活動日日和となりました。
総勢17人が参加。年末ということで、関さんの森屋敷林、溜ノ上の森、幸谷ビオトープ公園の3班に分かれて作業をおこないました。

屋敷林では倒木の処理と、枯れた立木の伐倒を実施。背丈の高い樹木が多い屋敷林では、枯れ木が時々出るため、この日のような力仕事が必要となります。伐採された枯れ木の周辺は明るさを取り戻し、そこにまた木の芽が生え、新たな命が育ちます。

111218seki1
溜ノ上の森では、年末恒例の落ち葉かき。こちらは女性陣が活躍。隣接住民との良好な関係を築くためには、常日頃から隣接地への配慮が必要です。この落ち葉かきもその活動の一環で、“溜ノ上レディース”が4日前(12月14日)にもおこなったばかりです。
この落ち葉はすべて森の中にある集積所に集め、しばらく寝かせたあと、最後は腐葉土となって土に返ります。

111218seki4
幸谷ビオトープ公園は松戸市の公園ですが、管理は関さんの森が担当しています。今日は池に生えたガマやヨシを伐採し、池周辺の下草刈を中心に作業を行いました。1時間半ほどの作業で、すっかりきれいになりました。

111218seki5
また、入り口付近にあるツルウメモドキが、見事なオレンジ色の実をたくさんつけ、公園に彩を添えています。

111218seki7
作業の後、会員の方が準備してくれたあんこもちや黄粉もちを皆で食べました。初冬の日差しをあびながら、まことに平穏で贅沢な時間。もちを準備してくれた皆さん、ご馳走様でした。

111218seki8

« ケンポナシ移植準備(張り出した枝をたぐりよせる) | トップページ | ケンポナシ(親木)移植の工程表 »

定例作業」カテゴリの記事

屋敷林(旧こどもの森)」カテゴリの記事

幸谷ビオトープ公園」カテゴリの記事

溜ノ上の森」カテゴリの記事

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ