« オオタカの食痕?(溜ノ上の森) | トップページ | 南新松戸子ども会の里山体験 »

2011年11月10日 (木)

里やまボランティア入門講座2011

11月10日(木)関さんの森で、『里やまボランティア入門講座2011』が行われました。この講座は松戸市と市民団体が共催して実施するもので、今年で9回目になります。今回の受講生は16名、ほかスタッフが13名で、計29名の訪問となりました。

111110seki1
関さんの森でのテーマは「都市樹林が抱える課題」。最初に関美智子さんから、森の大切やその役割、今までの経緯、抱えている課題などについて、お話がありました。地権者からの生の話に熱心に耳を傾けていました。続いて「関さんの森を育む会」代表の武笠さんが、会の活動状況、道路問題などについて説明。
説明会の後は、関家の庭の熊の権現、蔵、門、曲屋などを見学。また森のサロンでは馬橋北小からの贈り物「屏風の版画」を鑑賞。その版画の見事さに感動した様子でした。門の前では、移植予定のケンポナシを激励。完熟のケンポナシの実(実際は茎)を食べ、「ワー、あまーい」といたく感動した方もいました。

111110seki2
その後屋敷林へ移動。斜面を眺めながら、「この斜面は以前地肌がとても荒れていましたが、立ち入り制限区域にして保全作業をした結果、ようやく今の状態になりました」の説明に、「足場が悪いしこれは大変な作業だ」という声が聞かれました。続いて昨年千葉県から補助金を受けて補修した橋をわたり、最後は「関さんの森湧水」へ到着。脇のベンチに腰をかけながら、色づいた木の葉がゆっくりと池に落ちる晩秋の風情を楽しみました。

111110seki3_2
森を後にした一行は、午後、幸谷ふれあいホールでグループ学習を行いましたが、関さんの森について活発な討議が行われたそうです。今回の講座を契機に、緑を守る仲間がさらに増えることを期待します。

« オオタカの食痕?(溜ノ上の森) | トップページ | 南新松戸子ども会の里山体験 »

訪問者・訪問団体」カテゴリの記事

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ