« 幸谷ビオトープ公園のお世話 | トップページ | デイサービスのお年寄りの皆さん、関さんの庭を訪問 »

2011年7月 3日 (日)

敷石の修理

関さんの森を育む会できて16年目に入りました。たくさんの人が関さんのお庭を歩いたこともあり、敷石がずいぶん傷んできました。
なんとかきれいになおしたい・・・。そんなとき、頼りになるのが作業班の人たちです。まずは、傷んだ敷石をはがします。

110703seki1
次に、新しい敷石を並べて、目地(すきま)を中心にセメントを流します。

110703seki2
本日の作業はここまで。あとはセメントが乾くのを待ちます。敷石の上にかかったセメントは、自然に剥がれ落ちるのだそうです。作業班の皆さん、お疲れさまでした。

110703seki3
ところで、関さんの森の農園では、いま、スモモが熟しています。明日からの週、幼稚園生や小学生、お年寄りの方もみえるので、味わってもらうことにします。

110703seki6
なお、今日、アカトンボを見つけました。

110703seki4
胸の模様で調べると、どうやらアキアカネのようです。

110703seki5
アキアカネは平地の水田などで羽化し、この後は高原にて夏を過ごします。秋になると産卵のために平地にもどってきます。
近年、アキアカネを中心としたアカトンボが減ってきているといわれています。このアキアカネも、秋にふたたびもどってきてほしいものです。 

« 幸谷ビオトープ公園のお世話 | トップページ | デイサービスのお年寄りの皆さん、関さんの庭を訪問 »

作業班」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

関さんの森農園」カテゴリの記事

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ