« 昆虫が現れるとクモが現れる | トップページ | 溜ノ上の森・雨の中の作業 »

2011年5月 5日 (木)

カヤの花

関さんの森は“カヤの森”です。ある研究者によると、関家にある熊野権現のご神木はカヤの木とのことで、このためか関さんの森(とくに関家の屋敷内)には、カヤの木がたくさん植えられています。

カヤの木は、雌雄異株ですが、今、雄株では雄花が開花しています。小枝をゆすると、黄色い花粉を放出していました。

110504seki2
では、雌株の方はどうでしょう。雌株で目立つのは、下のような丸い粒。しかし、とても花が咲いているようには見えません。
じつは、これは昨年開花したもので、若い“実”です。正確にいうと、カヤは裸子植物なので果実はつくりません。果実とは、胚珠をくるむ子房がふくらんだものだからで、カヤの胚珠は子房でくるまれず、むきだしになっています。

110504seki7
では、本当の雌花はどこにあるのでしょう。
下の写真を見てください。若い“実”の先、新芽のところにカヤの雌花があります。

110505seki1
新芽の部分を拡大してみましょう。先端は若い葉ですが、その基部左右に丸い粒が見えます(先端に水滴が付着しています)。この丸い粒が雌花(胚珠)で、水滴に花粉が付着することにより受粉がおこなわれるのだと思います。

110505seki2_3
カヤの“実”は翌年の秋に熟します。

« 昆虫が現れるとクモが現れる | トップページ | 溜ノ上の森・雨の中の作業 »

樹木」カテゴリの記事