« キンモクセイ満開 | トップページ | 森で木登り »

2010年10月17日 (日)

盛りたくさんの10月定例会

10月の定例活動日は、盛りたくさん。
まずは、作業版の人たちが9時に集合して、橋の修理。いちばん長い橋を、さらに板20枚ほど延長しました。

101017seki1

101017seki2

一般の会員は、10時に集合して、橋の板を運んだのち、ビオトープ公園の草刈り。池にはびこったガマについては、1本だけ残して穂を刈り取りました。

101017seki3

下の写真は、ビオトープに植栽したコブシの実。ちょっとイタズラして、実を少しひっぱると、実は植物の本体と“へその緒”のようなものでつながってぶら下がります。

101017seki4
下の写真は、ビオトープで見つけたツチイナゴ。夏の猛暑の影響か、例年に比べて昆虫は少なめですが、それでもこの日はショウリョウバッタも発見しました。

101017seki5
一方、関さんのお庭のイヌマキとモッコクの根本に炭をまきました。最近、全国的に“楢枯れ”がおこっていますが、酸性雨の影響が心配されています。土に炭をまくと、酸性によってイオン化したアルミニウムを吸着するという研究成果もあるので、それを実験的に確かめてみるためです。元気になるといいですね。

101017seki6
午後からは、会議をおこなった後、関さんのお庭でカヤの実を拾い、草木灰をまぜて水につけました。あく抜きのためです。

101017seki7

101017seki8
この日は、古文書の会の人たちが、目録つくりもおこなっていました。

101017seki9
このほかに、訪問者のためのガイド、当面の活動についての会議など、忙しい一日でした。
   

« キンモクセイ満開 | トップページ | 森で木登り »

作業班」カテゴリの記事

古文書の会」カテゴリの記事

定例作業」カテゴリの記事

幸谷ビオトープ公園」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事