« ブログ開設 | トップページ | 関さんの森は“カヤの森” »

2009年9月10日 (木)

覚書に調印

道路問題ではお騒がせしています。

2008年7月、松戸市は強制収用(土地収用法による道路用地の取得)の手続きをはじめましたが、9月に関さん側は迂回道路案を提示。その後、紆余曲折がありましたが、2009年2月5日に、道路は迂回して通すことで「基本合意」に達しました。

4月6日からは、道路用地の測量や土質調査、5月以降は道路の線形等についての協議が断続的におこなわれ、9月10日に「覚書」への調印がおこなわれました。
これで、道路の線形がほぼ確定し、強制収用の手続きは完全に止まりました。

最終的に合意した線形は、2008年9月に要望したルートより東側です。関さんの森の自然的・文化的環境に配慮しながら・・・ということですが、当初は老木ケンポナシの西側を迂回するルートを要望していましたが、これについては譲歩し、ケンポナシは移植することになります。
090910sekidouromap
(赤いラインが最終合意ルートです)

この後、樹木の移植に関する協議、道路用地の引渡に関する協議がおこなわれます。また、道路のデザイン(街路樹等)の話し合いもおこなわれることになっています。
実際の道路工事は、埋蔵文化財の調査を終えたのち、2010年度からはじめられ、2011年度中(平成23年度中)の開通を目指すことになります。

本日の覚書の調印に至るまで、たくさんの方のご支援をいただきました。ありがとうございました。
これからも多くの課題がありますが、ご理解・ご支援をよろしくお願い申し上げます。

« ブログ開設 | トップページ | 関さんの森は“カヤの森” »

道路問題」カテゴリの記事