2021年1月12日 (火)

会報41号ができました

関さんの森を育む会の、新年最初の作業は会報づくりです。
例年、1231日を原稿締切りとし、正月休みに担当者が編集作業。
その後、会の中心メンバーが校正作業をおこないますが、今年は初めての試みとして、ZOOMの共有機能を使って、オンラインで校正作業をおこないました。

そして、本日、新松戸市民活動サポートセンターで印刷と紙折り。

210112seki-1

210112seki-2

印刷後は、丁合作業ですが、例年は関さん宅の「森のサロン」でおこなっていますが、“密”を避けるために今年は市民活動サポートセンターでおこないました。

ついでに言うと、丁合が終わったら、例年はその場で新年会です。
ですが、これも“密”を避けるために、オンライン(ZOOM)で新年会をおこないました。

210112seki-3

さて、会報の執筆から校正、そして本日の印刷や丁合。皆さんご協力ありがとうございます。
まだ発送作業が残っていますが、お手許に届くまで、今しばらくお待ちください。

(山田)

2021年1月 7日 (木)

1月の行事予定

1月7日に「緊急事態宣言」が発せられました。

*不安な方は参加をお控えください。
また、参加される場合もマスクを着用するなど、感染拡大防止をお願いします。

*関家屋敷内の見学は、当分の間、中止とさせていただきます。

*定例活動は、雨天時は中止です。ただし、降雨の状況によっては、できる範囲で作業をおこなうことがあります。

==================

2021年

(2021年1月第一日曜日の定例作業はなし)

1月8日(金)
溜ノ上レディース定例作業(10時より)

1月9日(土)
門蔵再生活用事業ZOOM学習会(1416)

1月10日(日)
関さんの森を育む会ZOOM新年会(1820)

1月12日(火)
会報印刷・丁合作業(10/新松戸市民活動サポートセンター)

1月16日(土)
古文書の会(13時半より)

1月17日(日)
定例作業(10時より)
関家屋敷内の見学は中止します
関さんの森会議(13時より)

1月22日(金)
溜ノ上レディース定例作業(10時より)

=================

2月7日(日)
定例作業(10時より)
関さんの森会議(13時より)

2020年12月26日 (土)

関さんの森“仕事納め”

今日は関さんの森の“仕事納め”です。
蔵を掃除したり、縄をなって“注連縄”を作ったり・・・。

201226seki-1

関さんのお庭の、水を張ったバケツには、ヤマガラが水をのみにやってきました。
関さんに聞いてみると、小鳥たちのために置いてあるとのことです。

201226yamagara

ふと、上空を見ると、屋敷林の上あたりでワシタカが飛翔。
どうやら、チョウゲンボウのようです。

201226cyougenbou

ランチは豚汁。おいしかったですね。ごちそうさまです。

201226lunch

さて、午後は注連縄を飾ります。
下は、“おくまんさま”こと熊野権現の祠と樹齢200年以上のキリシマツツジ。
かつて村人は、風邪をひくと “おくまんさま”に快癒を祈願し、回復するとお礼参りにきて、塚のまわりに山椒を植えたといいます。
もちろん、今、私たちの願いは、「早くコロナがおさまりますように・・・」です。

201226seki-2

道路建設に伴う移植にも耐え、頑張っている老木ケンポナシに注連縄を飾ります。

201226seki-3

ケンポナシの前で、恒例の記念写真です。

201226seki-4

最後に、会員手作りの門松を飾った関家の門で記念写真。

201226seki-5

皆様、よいお年をお迎えください。

(山田)

2020年12月20日 (日)

カヤの実の食痕

今日は関さんの森の、今年最後の定例作業日。
午前の作業を終えて、午後からの会議に参加していると、頭上からポトリと目の前に落ちてきたモノがありました。
それはカヤの実であり、小鳥がついばんだ痕があります。

201220kaya

そういえば、先ほどから、シジュウカラやヤマガラが飛びかっていたから、そのどちらかが食べた痕なのでしょう。
一応、ヤマガラの写真は撮れましたが、イマイチです。

201220yamagara

関さんのお庭では、スイセンが咲きはじめています。

201220suisen

門の前では早咲きを梅がチラホラ。12月中旬の開花は、ちょっと早すぎます。

201220ume

(山田)

2020年12月 1日 (火)

落ち葉保育園(砂原保育園)

今日は関さんの森に、亀有から電車に乗って、砂原保育園のこどもたちがやってきました。

“クヌギの森”では、クヌギの落ち葉をたくさん集めて、落ち葉のプールをつくりました。

201201seki-3

201201seki-5

201201seki-4

できたプールにドブン・・・。

201201seki-2

保育園の先生もいっしょです。

201201seki-6

この日は、たき火をしました。ほんとうは、落ち葉でたき火ができるといいのですが・・・。
この中に、サツマイモを入れて、焼きイモをつくりました。さて、できた焼き芋、おいしかったでしょうか?

201201seki-1
なお、この日の活動は「落ち葉保育園」として、高原環境財団による支援による事業として企画・実施しました。落ち葉を集めるための道具等については、同財団からの補助金によって購入しました。

(山田)

12月の行事予定

新型コロナウイルスの感染拡大が心配されます。状況によっては、活動を中止する可能性もあります。活動等に参加される場合は、HPでの情報を確認してください。
参加される場合は、マスク等を使用するなど、感染拡大防止をお願いします。

*関さんの森の活動に関心のある方は、第一日曜・第三日曜の定例作業にご参加ください。ただし、1月は第一日曜日の定例作業はありません。
1月7日に「緊急事態宣言」が発せられたため、当分の間、関家屋敷内の見学は中止させていただきます。
*定例活動は、雨天時は中止です。ただし、降雨の状況によっては、できる範囲で作業をおこなうことがあります。

==================

12月1日(水)
砂原保育園里山体験(10時半より)

12月6日(日)
定例作業(10時より)
関さんの森会議(13時より)

12月11日(金)
溜ノ上の森レディース定例作業(10時より)

12月12日(土)
古文書の会(13時半より)

12月20日(日)
定例作業(10時より)
訪問者ガイド(1015)
関さんの森会議(13時より)

12月25日(金)
溜ノ上の森レディース定例作業(10時より)

12月26日(土)
関さんの森仕事納め・注連縄づくり(10時より)

==================

2021年

(2021年1月第一日曜日の定例作業はなし)

1月9日(土)
門蔵再生活用事業ZOOM学習会(1416)

1月10日(日)
関さんの森を育む会ZOOM新年会(18~20時)

1月17日(日)
定例作業(10時より)
関家屋敷内の見学は中止します
関さんの森会議(13時より)

2020年11月27日 (金)

東京農業大学森林総合科学科の学生たち

東京農業大学森林総合科学科の学生たちが、関さんの森でフィールドワークをおこないました。

201127seki-1

学生たちには、1週間前に育む会のメンバーが、リモートで関さんの森の概要について説明しています。

201127seki-0

この日は、都市に残った自然の大切さや、残すことの難しさについて、関さんから話を聞きました。

201127seki-2

その後、関さんのお庭や屋敷林を見学しました。

201127seki-3

(山田)

2020年11月21日 (土)

マツの種子

今日は三郷から約20名のお客さまが、関さんの森で自然体験。

201121seki

お庭では、モミジ(イロハカエデ)が、色づきはじめました。

201121irohakaede

マツボックリも落ちていますが、よく見ると、マツの種子も落ちていました。

201121akamatsu-1

201121akamatsu-2

マツの種子は、くるくる回転しながらゆっくり落ちます。風に乗って遠くへ運ばれます。

(山田)

2020年11月15日 (日)

ケンポナシの実

今日は定例作業日。天候にも恵まれ、ボランティア体験の方などを含めて31名が軽い汗を流しました。

作業は午前中で終了。昼食後は会議です。そして、会議が終わった15時すぎ、ケンポナシの実を見にいきました。
ケンポナシの実は、不思議な形をしているので、果序ごと小枝にひっかかっているものもあります。あえて逆光光、カメラに搭載されたスペシャルエフェクトモード(極彩色)で撮ってみました。

201115kenponasi-2

201115kenponasi-3

ふつうに撮ると、こんな感じです。

201115kenponasi-1

関さんのお庭では、柿がまさに熟柿。オナガが群れてやってきて、食べていました。

201115onaga

(山田)

2020年11月12日 (木)

どんぐり拾い(幸谷小1年生)

今日は、地元の幸谷小学校1年生83名が関さんの森にやってきました。

201112seki-1

“くぬぎの森”では、クリスマスリースを飾る材料として、クヌギやコナラのどんぐり拾い。

201112seki-2

アオマツムシを見つけたこどももいました。

201112aomatsunusi

“くぬぎの森”のつぎは、樹齢200年を越えるケンポナシです。幸谷小の校章は、ケンポナシがモチーフになっています。関さんから、校章の由来やケンポナシの思い出を聞きました。

201112seki-3

201112seki-4

そして関さんのお庭。お庭でも、マツボックリや赤く色づいたサクラの花などを集めました。

201112seki-6

201112seki-7

また、パチンとはじけるキツリフネの実を観察するなど、たっぷり探検して帰りました。

201112seki-5

(山田)

«“くぬぎの森”でどんぐり拾い(砂原保育園)