2021年4月 9日 (金)

溜ノ上レディース・総会

今日は、 “溜ノ上レディース”の定例活動日。“溜ノ上レディース”は、女性中心のグループですが、最近は男性会員の参加も増えています。
この日は、年度はじめの活動ということで、今年度1年間の活動方針などを決める「総会」を森の中で開催。

210409tamenoue-1

その後、タケノコ掘りです。

210409tamenoue-3

210409tamenoue-4

森の中を散策中の、保育園のこどもたちも、タケノコ掘りを見学していきました。

林床では、ひっそり、ホウチャクソウが咲いていました。

210409houcyakusou

また、エゴツルクビオトシブミの揺籃(ようらん)を10個見つけました。
まるめられたエゴノキの葉の中には、エゴツルクビオトシブミの卵が1個入っていて、孵化した幼虫は、この「ゆりかご」のような揺籃に守られながら、まわりの葉を食べて育ちます。

210409egotsurukubiotosibumi

これらを作ったのは、同じエゴノキで3月29日に撮影した、このペアで間違いないと思います。

210329egotsurukubiotosibumi

エゴツルクビオトシブミが揺籃をつくる様子は、下のリンクをご覧ください。これは、2020年4月25日に、関さんの森の屋敷林で撮ったものです。

http://www.seki-mori.com/2020/04/post-895a4f.html

なお、溜ノ上の森は私有地です。一般の方がタケノコを掘ることはできません。

2021年4月 7日 (水)

ケンポナシの新葉

むつみ梅林のケンポナシの老木。9年前の道路工事に伴う移植にも耐え、今年も新葉が開きはじめました。

210407kenponasi

210407kenponasi2

新緑の屋敷林では、竜のようなイヌシデの木は、今年も元気です。

210407seki-2

草むらで咲いている花をいくつか紹介しましょう。
まずは、ジロボウエンゴサクです。

210407jirobouengosaku

ムラサキケマン

210407murasakikeman

ウラシマソウ

210407urasimasou

幸谷交差点の花壇では、可憐なヒメウズが咲いていました。

210407seki-1

210407himeuzu

(山田)

2021年4月 4日 (日)

関さんの森・春の特別公開

今日は関さんのお庭を公開しました。88名の方が訪れ、育む会のスタッフ7名で案内しました。

桜は、遅咲きの「思川」が満開です。

210404seki-6

210404seki-1

「大提灯」が満開です。

210404seki-5

早咲きの「河津桜」はすでにサクランボが赤く色づいていました。

210404seki-4

この日は、雑蔵の内部も公開。雑蔵の前は、チューリップが花盛りです。

210404seki-3

雑蔵と新蔵の間では、古文書の会のスタッフ4名が、古文書について案内しました。

210404seki-2

(山田)

2021年4月 1日 (木)

(予告)関さんのお庭・春の特別公開

今年は桜の開花が早いですね。関さんのお庭には、10種類の桜が植えられていますが、すでに「百年桜」(染井吉野)は満開。ヒヨドリが蜜を吸い、花粉を運んでいます。

210401hiyodori-2

210401hiyodori-1

「百年桜」の周囲では、花びらが散り始めています。

210401seki-2

4日(日)は特別公開の予定ですが、何とか「思川」や「大提灯」は残っていると思います。

210401omoigawa

雑蔵の前では、チューリップが花盛りです。

210401seki-1

野草では、ムラサキケマンが咲いていました。

210401murasakikeman

昆虫の活動も盛んになりました。
ヒラタアブがホバリングしているところを、望遠レンズで撮ってみました。

210401hirataabu

なお、4月4日(日)は、関さんのお庭や蔵を特別公開します。

関さんのお庭・春の特別公開

* 日時:4月4日(日)10時~14時
* 雨天中止(小雨でも中止です)
* 事前申込等不要/参加費なし

※ 緊急事態宣言は解除されましたが、屋外とはいえ感染リスクはゼロではありません。発熱等体調の悪い方はご遠慮ください。また、マスクの着用をお願いします。
受付にてお名前と電話番号を記入していただきます。ご了承ください。

(山田)

4月の行事予定

3月21日に、「緊急事態宣言」は解除されました。

*しかし、屋外での活動とはいえ、感染リスクはゼロではありません。
不安な方は参加をお控えください。また、参加される場合もマスクを着用するなど、感染拡大防止をお願いします。

*定例活動は、雨天時は中止です。ただし、降雨の状況によっては、できる範囲で作業をおこなうことがあります。

==================

4月4日(日)
春の特別公開(10時~14時)
雨天時は中止です(小雨でも中止しです)
事前申込等は不要です

※ 緊急事態宣言は解除されましたが、屋外とはいえ感染リスクはゼロではありません。発熱等体調の悪い方はご遠慮ください。また、マスクの着用をお願いします。
受付にてお名前と電話番号を記入していただきます。ご了承ください。

4月4日(日)
定例作業(10~12時)
関さんの森会議(特別公開終了後)

4月9日(金)
溜ノ上レディース定例作業(10時より)

4月10日(土)
古文書の会(13時半より)

4月18日(日)
定例作業(10時より)
訪問者ガイド(10~15時)
関さんの森会議(13時より)

4月23日(金)
溜ノ上レディース定例作業(10時より)

=================

5月2日(日)
定例作業 (10時より)
関さんの森会議(13時より)

2021年3月27日 (土)

『百年桜』満開・『思川』開花

関家の庭の『百年桜』こと染井吉野が満開となりました。

210327someiyosino

「佐藤錦」(サクランボの桜)は、すでに数日前から開花しています。

210327yamadanisiki

「思川」は、塀の外に張り出した枝でも開花したので、ラベルをぶら下げておきました。

210327omoigawa-2

210327omoigawa-1

なんと、遅咲きの「大提灯」も咲きはじめています。

210327oocyouchin

これで、早咲きの「河津桜」からはじまり、遅咲きの「大提灯」まで、関さんのお庭の桜10種類はすべて開花しました。

なお、4月4日(日)は、関家の庭を特別公開します。
桜を中心に、樹木や草花(カントウタンポポなど)、熊野権現の塚、雑蔵、古文書などをご案内いたします。

日時・・・4月4日(日)10~14時
雨天・・・中止(小雨の場合も中止)
参加・・・事前申込等は不要です
※ 緊急事態宣言は解除されましたが、屋外とはいえ感染リスクはゼロではありません。発熱等体調の悪い方はご遠慮ください。また、マスクの着用をお願いします。
受付にてお名前と電話番号を記入していただきます。ご了承ください。

(山田)

2021年3月20日 (土)

ジロボウエンゴサク

屋敷林(旧こどもの森)の低地部分の草むらにジロポウエンゴサクが咲いています。かわいい花です。

210320jirobouengosaku

関さんのお庭では、百年桜(ソメイヨシノ)が咲きはじめています。

210320someiyosino

熊野権現の塚では、マルバスミレも咲きはじめました。

210320marubasumire

野鳥では、ヤマガラがヒバの木のてっぺんにいました。

210320yamagara

ところで、オオシマザクラは開花が進んでいますが、道路には花がそのまま落ちています。

210320oosimazakura

これは、ヒヨドリやシジュウカラなどが盗蜜して落したもの。サクラとしては、花粉を運んでもらうご褒美に蜜を用意しているのに・・・。

210320hiyodori

そうそう、お庭のハナモモ(照手白)の蕾に、小さなシャクトリムシがいました。
そろそろ虫たちも登場。野鳥たちにとっては、子育てのシーズンがはじまります。

210320syakutorimusi

(山田)

2021年3月18日 (木)

オオシマザクラの解説ラベル設置

関家の庭には10種類の桜が植えられていますが、このうち道路際に植えられ、外からもよく見える桜が3種類あります。
その中で、今、見頃なのはオオシマザクラ(大島桜)で、下の方の枝は満開。上の方の枝は、まだ1分咲き程度です。

210318oosimazakura-2

オオシマザクラについては、今日、改札ラベルをぶら下げておきました。

210318oosimazakura-1

また、今日、関家の新しい門の横で、『百年桜』が咲きはじめました。これはソメイヨシノ(染井吉野)で、1905年に植えられたものです。
今日は、5m以上の高いところで5輪ほど咲いただけですが、明日~明後日には、下の方の枝でも咲きはじめるものと思われます。

210318someiyosino

本来ですと、明々後日の21日は第三日曜日なので、屋敷内の公開日です。
しかし、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための『緊急事態宣言』が21日まで続くので、公開はしません。ご了承ください。

2021年3月16日 (火)

オオシマザクラとヒヨドリ

関さんのお庭には10種類の桜が植えられていますが、早咲きのカワヅザクラ、ミザクラに続き3種類目のオオシマザクラが咲きはじめました。
オオシマザクラは関家の古い門の近く、道路の上にも張り出している、花弁の白い桜。花と同時に葉も展開します。
ちなみに、桜餅を包む塩漬けの桜の葉は、このオオシマザクラの葉が使われます。特有の香は、桜の葉が分解することによりできる“クマリン”という名の成分です。

210316oosimazakura

この日、オオシマザクラにはヒヨドリがきていました。ヒヨドリは蜜を吸うというより、花そのものを食べてしまいます。

210316hiyodori-1

ヒヨドリは、花にやってきたミツバチ?をパクッと食べてしまうこともあります。

210316hiyodori-2

外からは見えませんが、4種類目のマメザクラも咲きはじめていました。

210316mamezakura

5種類目のベニシダレザクラも開花です。このベニシダレザクラは福島は三春の「滝桜」の血をひいています。

210316benisidarezakura

ソメイヨシノはまだ蕾です。このソメイヨシノは、関家の正門近くの「百年桜」。1905年に植えられたものです。

210316someiyosino

桜ではありませんが、スモモが満開です。このスモモは、樹齢100年以上と思われます。20年くらい前に倒壊しましたが、今も一部の枝が生きており、たくさんの花を咲かせています。

210316sumomo

アケビも開花しました。写真は雌花です。

210316akebi

(山田)

2021年3月10日 (水)

卒森式(砂原保育園)

今日は、砂原保育園のこどもたちが、関さんの森にやってきました。今年度6回目、今日が最期です。

210310seki-1

最初に関さんから、今日の見どころを教わりました。スイセン、ミツマタ、ジンチョウゲ、ノビル・・・。今日は、いい匂いがするものが多いようです。

210310seki-2

屋敷林にも行きました。できたばかりの橋をわたって、記念撮影。

210310seki-3

210310seki-4

アスレチックで遊びます。

210310seki-5

関さんのお庭にもどってきたら、雑蔵の中で紙芝居をみました。
タイトルは、「幸谷のくらし-はる・なつ・あき・ふゆ」 関さんがこどもの頃の、くらしの話です。

210310seki-6

紙芝居のあとは、むつみ梅林でお弁当。

210310seki-7

むつみ梅林には、ツクシがたくさん生えていました。

210310seki-8

最期に「卒森式」です。

210310seki-12

こどもたちから関さんにプレゼント。

210310seki-10

育む会からは、ペンダント・カヤの実の笛・マツボックリの剣玉をプレゼント。

210310seki-11

210302seki-1

こどもたちは、もうすぐ、ピッカピカの1年生です。

210310seki-9

(山田)

 

«屋敷林南口に看板を設置

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ