2021年7月22日 (木)

屋敷林低地の草刈り・ニホンミツバチの巣

今日は関さんの森にて、屋敷林低地部分の草刈りをおこないました。
ここの部分、放置しておくとマダケが侵食して多様性が失われてしまいます。草本中心の区域として維持するために、毎年1回は草刈りをしています。

210722seki-1

210722seki-2

猛暑のため、20分草を刈ったら10分休憩です。
休憩は、中の橋でおこないます。橋の上は日陰になっているところも多く、わりと涼しいです。

210722seki-3

ここの草刈りは、10年前までは東葛看護専門学校の第2科学生たちが、フィールドワークとしておこなっていました。
http://www.seki-mori.com/2011/08/post-e119.html
第2科の閉科後は、育む会がおこなっています。

ところで、屋敷林でミツバチの巣が見つかっています。どうやらニホンミツバチのようです。

210722mitsubachi-1

210722mitsubachi-2

屋敷林低地に咲く花が、ミツバチの重要な蜜源になっているかもしれません。

(山田)

2021年7月13日 (火)

幸谷小1年生・ザリガニ釣り

今日は幸谷小学校1年生の子どもたちが、屋敷林で自然体験をしました。天気が心配されましたが、何とか降られずにすみました。

210713seki1

子どもたちは花や虫を観察。ヤブミョウガで蜜を吸っていたのは、ヒラタアブです。

210713hirataabu

「ミツバチがいた!!」と思ってよく見ると、アズチグモに捕まっていました。遠くから見ると、このアズチグモはヤブミョウガの花にそっくりです。

210713mitsubachi

今日の関さんの森は、キノコがいっぱい。これはテングタケのなかま。毒です。

210713tengutake

そして、ザリガニ釣り。

210713seki2

210713seki3

アメリカザリガニは、外来生物法に基づく『特定外来生物』に指定される見込みです。詳細は現在検討中とのことですが、小学校の理科の教材としても定番のアメリカザリガニ、ザリガニ釣り(捕獲)や飼育はどうなるのでしょう。

(山田)

2021年7月 8日 (木)

砂原保育園・梅雨時の「森の日」

7月の「森の日」は、当初1日の予定でしたが、雨のために延期。今日も雨が心配されましたが、午前中は何とかもちました。
最初に、関さんから今日の見どころを教わりました。

210708seki-1

次は、関さんのお庭のガイドツアー。普段は行かない裏庭を見て歩きました。
これは「木小屋」です。昔は、木材、薪、稲わらなどを置いていたそうです。今は使われなくなり、建物もいたんで倒れそうです。危ないから、近寄らないでね。

210708seki-2

昔のトイレです。昔は、農家のトイレは外にありました。トイレには窓があり、のぞいてみました。もちろん便器は和式です。

210708seki-3

歩きながら、生き物を探したり、

210708seki-4

6月に来たときは小さかった竹が、大きく伸びてびっくり。

210708seki-5

その後、子どもたちはお庭を自由に探検しました。
下の写真はヤブミョウガ(ツユクサ科)です。名前に“ミョウガ”が付いていますが、野菜のミョウガ(ショウガ科)とは違う仲間の植物です。

210708yabumyouga

さて、お弁当の時間。雨が心配なので、235年前に建てられた「雑蔵(ぞうぐら)」の中で食べました。

210708seki-6

ほんとうは、お弁当を食べた後も、少しお庭で遊ぶ予定でしたが、少し雨が降ってきました。ちょっと早いですが、みんなカッパを着て、早めに帰ることにしました。

210708seki-7

次回は9月。待っています。

(山田)

2021年7月 1日 (木)

7月の行事予定

「緊急事態宣言」が千葉県に発出された場合は、定例活動・訪問者ガイドは中止とし、限られたメンバーによる臨時作業のみおこないます。

*緊急事態宣言が発出されない時であっても、屋外での活動とはいえ、感染リスクはゼロではありません。
不安な方は参加をお控えください。また、参加される場合もマスクを着用するなど、感染拡大防止をお願いします。

*定例活動は、雨天時は中止です。ただし、降雨の状況によっては、できる範囲で作業をおこなうことがあります。

*関家の屋敷内の見学について、7月は18日(日)です。
また、例年7月第三日曜日は「そうめん流し」をおこなっていましたが、本年度も中止とさせていただきます。

==================

71()
砂原保育園里山体験(8日に延期)

74()
定例作業 (10時より)
関さんの森会議(13時より)

78()
砂原保育園里山体験予備日(10時半より/雨天中止)

79()
溜ノ上レディース定例作業(10時より)

710()
古文書の会(13時半より)

7月13(火)
幸谷小1年生自然体験(9時10分より)

718()
定例作業(10時より)
訪問者ガイド(1015)
関さんの森会議 (13時より)

723()
溜ノ上レディース定例作業(10時より)

=================

81()
定例作業 (10時より)
関さんの森会議(13時より)

関さんの森ニュース【2021年7月1日発行】

関さんの森ニュース【2021年7月1日発行】を発行しました。
下の画像をクリックすると、PDF版が表示されます。
Sekimorinews210701

2021年6月30日 (水)

葛西神社・茅の輪くぐり

630(水無月の晦日)は、「夏越の大祓」の日。葛飾区金町の葛西神社にて、「茅の輪(ちのわ) 」をくぐり参拝してきました。

葛西神社は1185年創建。祭囃子発祥の地といわれています。

210630kasaijinja-1

参道をすすむと、大鳥居の手前に「茅の輪」があります。輪の向こうには江戸川の土手が見えます。

210630kasaijinja-2

茅の輪は三度くぐり、身の穢れを清めてから参拝します。

 210630kasaijinja-3

本殿でお祓いを受けます。和紙を切って作った「人形(ひとかた)」に氏名・年齢を書き、撫でて息を三度吹きかけて自分の身代わりとします。

210630kasaijinja-4

ところで、「茅の輪くぐり」とは唐突な記事ですが、葛西神社の「茅の輪」の横に添えた竹や、七夕飾りの竹()は、関さんの森・屋敷林のものです。
今年は625日に屋敷林のマダケを伐ってトラックで運搬しました。

 210625seki

「茅の輪」本体は、江戸川河川敷で刈り取った茅のキレイなところが材料です。

 210626kasaijinja-2

「茅の輪」は26日に制作し、本日・30日の「大祓」を迎えたというわけです。

 210626kasaijinja-1

(山田)

2021年6月24日 (木)

ケンポナシの花

むつみ梅林のケンポナシが、ほぼ満開です。
ケンポナシは、梨のなかま(バラ科)ではなく、クロウメモドキ科の落葉樹です。
ケンポナシは、秋おそくに梨のような味をした、おいしい実が熟します。味は干しブドウにも似ています。英語では “Japanese raisin tree”(日本干しぶどうの木)といいます。

ケンポナシの花の花弁は小さく、どちらかと言うと地味な花ですが、花が咲かないと実はできません。また、ケンポナシの花は蜜をたくさん分泌するので、蜂蜜の蜜源としても利用されています。
かつては、ケンポナシの花の近くに行くと、「ブーン」というハチの羽音が聞こえたものですが、近年はハチも少なくなりました。

210624kenponasi

9年前の道路工事にともなう移植にも耐え、今年は移植後でもっとも花の数が多いように感じます。晩秋の結実が楽しみです。

(山田)

2021年6月20日 (日)

6月第3日曜日の定例作業

6月第3日曜日の定例作業は、例年、関さんの森湧水池のそうじをおこなっています。この日も会員2名が胴長をはいて池に入り、池に捨てられたゴミを取り除きました。
また、屋敷林では、散策路の草刈りや山砂を撒くなどの作業をおこないました。

210620seki-1

一方、幸谷交差点の花壇では、夏の花苗の植付けをおこないました。

210620seki-2

さらに、関家の蔵では、建築士会の皆さんにより、新蔵の階段に手すりを設置するなどの工事がおこなわれました。

また、午後は会議と「関さんの森環境財団」の理事会・評議会を開催しました。

さて、関家の庭では、アジサイが見頃になっています。下にいくつか写真を掲載します。

210620ajisai-3

210620ajisai-4

210620ajisai-1

210620ajisai-2

210620ajisai-5

(山田)

2021年6月18日 (金)

幸谷小3年生が関さんの森で自然観察

今日は幸谷小学校3年生が関さんの森にやってきました。

210618seki-1

前半は、関さんのお庭で生き物を探したり、観察したりです。
下の写真は、アザサイの花を観察している女の子です。

210618seki-2

男の子は、木登りです。

210618seki-3

この日、お庭では、オオシオカラトンボ(メスまたは未成熟のオス)がひと休みしていました。

210618oosiokaratonbo

高いところでは、2頭のチョウトンボが舞っていました。

210618cyoutonbo

後半は屋敷林へ行きました。
シロダモの葉に、ナナフシモドキがいました。

210618nanafusimodoki

エゴノキにエゴツルクビオトシブミの新成虫がいました。

210618egotsurukubiotosibumi

ところで、幸谷小学校といえば、校章はケンポナシの葉をモチーフにしています。そのケンポナシをチェックすると、高いところで開花がはじまっていました。写真は望遠レンズで撮ったものです。

210618kenponasi

帰宅後、このブログの記事を編集するために、ケンポナシの写真をよく見ると、緑色の美しいアブが偶然写っていました。コガタノミズアブです。

210618kogatanomizuabu

(山田)

2021年6月 8日 (火)

砂原保育園・今年度はじめての「森の日」

砂原保育園年長組(東京都葛飾区)の子どもたちは、10年前の2011年5月からほぼ毎月、電車に乗って関さんの森にやってきます。
今年度は、5月は雨で中止。今日がはじめての「森の日」となりました。

関さんの森、関さんのお庭に着いたら、まずご挨拶。

210608sunahara-1

さっそく、関さんから、今日の見どころを教わります。
ウメ、ビワ、スモモの実は、ちょうど食べごろ。一方、カキの実は、まだ赤ちゃんです。

210608sunahara-2

お庭のすみに、細長いタケノコが生えていました。マダケのタケノコです。
途中で切り倒し、子どもたちは竹の皮をむいて、はだかんぼにします。

210608sunahara-3210608sunahara-4

210608sunahara-5

下の写真は、はだかんぼにしたタケノコと、まだ60㎝くらいの若いタケノコと、記念写真です。次回7月に来たときは、どのくらいに成長しているでしょうか?

210608sunahara-6

お庭の次は、屋敷林へ行きました。新しい橋を渡ります。

210608sunahara-7

アスレチックで遊びたそうでしたが、今日はガマン。

210608sunahara-8

関さんの森農園では、スモモが色づいていました。

210608sumomo

おいしそうなスモモを、もちろん収穫。青ウメと完熟した黄色いウメと赤いスモモ、とてもキレイです。

210608sunahara-9

210608sumomo2

その後、子どもたち関さんのお庭に戻り、塩むすびでお昼ごはん。昼食後は「竹とぼくとおじいちゃん」の絵本を読んでもらって、関さんの森を後にしました。

(山田)

«KGB現る

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ