2021年10月 8日 (金)

梅干のパック詰め

今年の梅は豊作だったので、余った梅を使って会員が梅干を漬けました。今日は、できた梅干をパックに詰めました。

211008seki-1

またカキが熟してきたので、収穫しました。

211008seki-2

一方、関さんおお庭では、キツリフネが花盛り。ホシホウジャクが長い口吻を距 (花の後ろに伸びた突起/ここに蜜がある)に伸ばして吸蜜。

211008hosihoujaku

クマバチも来ていましたが、こちらは盗蜜。蜜のある距に穴をあけて蜜を盗む。これでは花粉は運ばれません。

211008kumabachi-1

211008kumabachi-2

熟したカキには、メジロがきていました。

211008mejiro

(山田)

2021年10月 5日 (火)

小金小学校2年生“まち探検”

小金小学校2年生8名が、“まち探検”の授業として関さんの庭を訪れました。

最初に熊野権現、100年桜、蔵、裏庭の大榧、木小屋を見学しました。

211005seki-2

211005seki-3

211005seki-5

見学後は、庭のベンチにディスタンスをとって座り、順番に関さんに質問しました。
「この森はいつできたか?」
「この森には何種類の生き物がいるか?」
「この森にいる虫で一番大きい虫は何か?」
「この森をどのくらいの人が見学するのか?」
「この森を守っていくのに一番大変な事は何か?」など。

211005seki-6

関さんは熱を込めて、丁寧に答えていました。初めは緊張していた子ども達も終わり頃は質問が活発になりましたが、時間がなくなり、急いで帰って行きました。

「みんなが来てくれて、この森や庭が好きになってくれる事が一番嬉しい」とお話した関さんの気持ちは、きっと伝わったでしょう。今度はもっとゆっくりと来て下さい。

(杉田・政田)

2021年10月 3日 (日)

屋敷林の散策路整備

「緊急事態宣言」が解除され、さわやかな気持ちでおこなう定例作業。今日は「まつど地域活躍塾第5期生」の方3名がボランティア体験。屋敷林の散策路整備、増えすぎた竹の伐採など、育む会の会員とともに全17名が維持管理作業をしました。

屋敷林低地の散策路は、今までは1m足らずの杭を打ち、ロープを張って境界としていました。

211003seki-1

この日は、杭を抜き、ロープを撤去。抜いた杭、枯れた木の幹や枝を境界に置きました。

211003seki-2

もちろん、散策路以外には立ち入ってほしくないのですが、これでも散策路内外はわかると思いますし、杭とロープのない森は圧迫感もなく、すっきりしました。

さて、今日、関さんの森(関家の庭)でみられたものを3つ紹介します。

下の写真は、キツリフネです。これは植えたもので、草丈が2m近くもあることから、在来のキツリフネ(Impatiens noli-tangere)ではなく、アメリカ原産のImpatiens pallidaではないかとの指摘もあります。

211003kitsurifune

下の写真は、ヤマノイモのむかごです。炒ったり、ご飯と一緒に炊いたり(むかごご飯)して食べると、美味しいのです。

211003yamanoimo

下の写真は、コガタコガネグモ。クモの脚は8本ありますが、このクモは脚を2本ずつくっつけ、脚に合わせてX型の“隠れ帯”を作るのが特徴です。

211003kogatakoganegumo

(山田)

2021年10月 1日 (金)

10月の行事予定

「緊急事態宣言」は9月30日までで解除されました。

しかし、屋外での活動とはいえ、感染リスクはゼロではありません。
不安な方は参加をお控えください。また、参加される場合もマスクを着用するなど、感染拡大防止をお願いします。

*定例活動は、雨天時は中止です。ただし、降雨の状況によっては、できる範囲で作業をおこなうことがあります。

*屋敷林は自由に入れますが、関家の庭は限定公開です。今月は17日(日)が公開日で、担当者が案内いたします。雨天時や事情により中止する場合もありますが、ご容赦ください。

==================

10月3日(日)
 定例作業 (10時~12)
 関さんの森会議(14時より)

10月8日(金)
 溜ノ上レディース定例作業(10時より)

10月9日(土)
 古文書の会(13時半より)

10月16日(土)
 門と蔵Zoom学習会 (14時より)

10月17日(日)
 定例作業(10時~12)
 訪問者ガイド(10時~15)
 関さんの森会議(13時より)

10月21日(木)
 砂原保育園里山体験(10時半より)

10月22日(金)
 溜ノ上レディース定例作業(10時より)

10月27日(水)
 幸谷小1年生里山体験

10月29日(金)
 幸谷小1年生里山体験【予備日】

=================

11月7日(日)
 定例作業 (10時~12)
 関さんの森会議(13時より)

2021年9月30日 (木)

アケビコノハヒメコバチ

関さんのお庭に、アケビ棚があります。春にはアケビの花が咲き、秋には実が熟します。
9月19日、アケビの茎に不思議な姿をしたイモムシが、少なくとも5頭いました。アケビコノハという蛾の幼虫です。目玉模様は、鳥に襲われないようにするためと考えられています。

210919akebikonoha-1

210920akebikonoha

9月27日、再度、アケビコノハの幼虫を探すと1頭だけがいました。よく見ると、背中に卵のような粒々が付着しています。
この感じは、寄生蜂の卵のようです。アケビコノハの天敵、アケビコノハヒメコバチの卵と思われます。脱皮すると、卵は剥がれ落ちそうなものですが、母コバチは脱皮を阻止するクスリをイモムシに注入するそうです。すごいですね。

210927akebikonoha-2

210927akebikonoha-1

そして930日、その後が気になって見に行くと、コバチの卵は幼虫になっていました。

210930akebikonoha

幼虫は、イモムシの体液を吸って成長し、イモムシは絶命します。

(山田)

2021年8月29日 (日)

9月の行事予定【修正版】

「緊急事態宣言」は9月30日まで再延長です。また、解除されても「まん延防止等重点措置」の適用は残るものと思われます。
育む会では、これらの適用期間中は、以下のように対応いたします。

「緊急事態宣言」または「まん延防止等重点措置」が松戸市を含む地域に適用された場合は、定例作業は中止とし、会員有志のみによる臨時作業とします。
また、関家の庭の訪問者ガイドは中止します。外部の方の見学・体験・案内等は、申し訳ありませんがお断りさせていただきます。

※ 屋敷林(旧こどもの森)については、ご案内はしませんが、見学や散策は自由です。
※ 上記の対応を解除・変更する場合は、このホームページにてご案内します。

屋外の活動での感染リスクは低いと言われていますが、リスクはゼロではありません。会員外の方の参加をお断りすることは残念ですが、コロナ禍が収まったのちに、ゆっくりと関さんの森においでください。

*作業は、雨天時は中止です。ただし、降雨の状況によっては、できる範囲で作業をおこなうことがあります。

==================

9月5()
緊急事態宣言発出のため臨時作業 (10時より)
関さんの森会議(14時よりZoom)

9月10()
溜ノ上レディース定例作業(10時より)

9月11()
古文書の会(14時よりZoom)

9月19()
緊急事態宣言発出のため臨時作業 (10時より)
訪問者ガイドは中止です
関さんの森会議(13時より)

9月24()
溜ノ上レディース定例作業(10時より)

=================

10月3()
定例作業または臨時作業 (10時より)
関さんの森会議(13時より)

2021年8月27日 (金)

東邦大学の学生たちが関さんの森でフィールドワーク

東邦大学理学部・教職課程の学生たち17名が、関さんの森でフィールドワークをおこないました。
コロナ禍で引き受けるかどうか、少し迷いましたが、地域の里山を守る活動は、人と人のつながりが大切です。将来は理科や生物の先生になって、生徒たちに自然の大切さなどを語る学生たちです。感染対策を十分にとって、実施しました。

210827seki-4

はじめに、関さんが思いを語ります。

210827seki-1

続いて、山田が育む会の概要や経過を説明。

210827seki-2

その後は、2つのグループに分かれて、お庭や蔵を案内しました。

210827seki-5

昼食後は、道路問題の経過を説明した後に、紙芝居「父・関武夫のおもいでー昭和の関家」の上演です。

210827seki-3

先代の関武夫さんは、この地の自然を愛し、関家所有の屋敷林を子どもたちの遊び場として市民に開放。道路は地下に通してほしいと、地域の人たちと運動してきました。
武夫さんが急逝した後、関家はお父様の遺志を継ぎ、屋敷林を自然保護団体に寄付。そして、「関さんの森を育む会」ができました。
道路問題の危機は、関さんと育む会、そしてたくさんの人たちの応援によって解決できました。

関さんの思い、私たち育む会の思いが、学生たちに伝わったらうれしいです。
また、教員志望の学生たちだからこそ、都市に残る森の大切さを未来のこどもたちに伝えてくれたらうれしいです。

(山田)

2021年7月30日 (金)

8月の行事予定

8月2日に「緊急事態宣言」が千葉県に発出されます。
不安な方は参加をお控えください。

また、参加される場合もマスクを着用するなど、感染拡大防止をお願いします。

*8月15日(日)は第三日曜日ですが、定例作業・訪問者ガイド・会議はおこないません。

*定例活動は、雨天時は中止です。ただし、降雨の状況によっては、できる範囲で作業をおこなうことがあります。

==================

8月1日(日)
定例作業 (10時より)
関さんの森会議(13時より)

8月13日(金)
溜ノ上レディース定例作業(10時より)

8月14日(土)
古文書の会(13時半より)

8月15日(日)
定例作業・訪問者ガイド・会議は中止です
ZOOM
夕涼み会(関係者のみ/18時より)

8月27日(金)
溜ノ上レディース定例作業(10時より)

=================

9月5日(日)
定例作業は中止とし、限られたメンバーによる臨時作業とします(10時より)
関さんの森会議(13時より)

2021年7月22日 (木)

屋敷林低地の草刈り・ニホンミツバチの巣

今日は関さんの森にて、屋敷林低地部分の草刈りをおこないました。
ここの部分、放置しておくとマダケが侵食して多様性が失われてしまいます。草本中心の区域として維持するために、毎年1回は草刈りをしています。

210722seki-1

210722seki-2

猛暑のため、20分草を刈ったら10分休憩です。
休憩は、中の橋でおこないます。橋の上は日陰になっているところも多く、わりと涼しいです。

210722seki-3

ここの草刈りは、10年前までは東葛看護専門学校の第2科学生たちが、フィールドワークとしておこなっていました。
http://www.seki-mori.com/2011/08/post-e119.html
第2科の閉科後は、育む会がおこなっています。

ところで、屋敷林でミツバチの巣が見つかっています。どうやらニホンミツバチのようです。

210722mitsubachi-1

210722mitsubachi-2

屋敷林低地に咲く花が、ミツバチの重要な蜜源になっているかもしれません。

(山田)

2021年7月13日 (火)

幸谷小1年生・ザリガニ釣り

今日は幸谷小学校1年生の子どもたちが、屋敷林で自然体験をしました。天気が心配されましたが、何とか降られずにすみました。

210713seki1

子どもたちは花や虫を観察。ヤブミョウガで蜜を吸っていたのは、ヒラタアブです。

210713hirataabu

「ミツバチがいた!!」と思ってよく見ると、アズチグモに捕まっていました。遠くから見ると、このアズチグモはヤブミョウガの花にそっくりです。

210713mitsubachi

今日の関さんの森は、キノコがいっぱい。これはテングタケのなかま。毒です。

210713tengutake

そして、ザリガニ釣り。

210713seki2

210713seki3

アメリカザリガニは、外来生物法に基づく『特定外来生物』に指定される見込みです。詳細は現在検討中とのことですが、小学校の理科の教材としても定番のアメリカザリガニ、ザリガニ釣り(捕獲)や飼育はどうなるのでしょう。

(山田)

«砂原保育園・梅雨時の「森の日」

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ